仮想通貨ニュース

ビットコインの価格が高騰 – 仮想通貨の相場と今後の予想。

ビットコインの価格は高値を推移

10月11日現在、ビットコインの価格は節目となる50万円を超え、53万円〜54万円台を推移しています。中国のICO規制や取引所閉鎖のニュースから、ようやく回復してきたと言えるでしょう。

今後懸念されるのは、11月1日のビットコインゴールド誕生と、11月中旬に予定されているSegwit2×でしょう。今後の動向次第では、ビットコイン相場が大荒れする可能性があります。

ただ、今年の8月に行われたハードフォークでは、ビットコインキャッシュが無事誕生し、ビットコイン相場が過去最高値を更新しました。そのため、今回の分裂騒動を楽観視する意見も多くあるようです。

今後のビットコインに関するニュースは、要チェックです。

 

イーサリアムの価格は堅調に推移

イーサリアムの価格は、投資家がイーサリアムからビットコインへ資金を移し始めた影響で、10月9日にかけて急落しました。

しかし、11日現在、イーサリアムの価格はアルトコイン市場を牽引するように再び33,000円台に戻してきています。

イーサリアムの今後の材料としては、10月末にかけて行われるメトロポリスと呼ばれるアップデートです。

今回のアップデートにより、セキュリティ機能やプライバシー保護機能が強化されたり、PoWからPoSへの移行が図られるため、市場では大きく注目されています。

来週から再来週にかけて、イーサリアムの価格は大きく動くことでしょう。

 

アルトコイン市場は下落基調

アルトコイン市場は、好調なビットコインとは対照的に下落基調にあります。

過去1週間で25%以上高騰していたリップルも、来週予定されている公式発表を待つように7%ほど下落しています。ライトコインの価格も3%、DASHも4%下落しています。新サービスの発表があったNEMだけが、辛うじて8%上昇しています。

Moneroも3%下落しましたが、それ以上にIOTAも5%下落したため、時価総額でMoneroが一時的に9位に浮上する場面がありました。

このように、今週初めのアルトコイン市場は、下落基調にあると言えます。

これから11月末にかけて、ビットコインのハードフォークや、イーサリアムのアップデートが行われるため、相場が大きく動くと予想されます。

画像の引用:https://coinmarketcap.com/

 

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 社債とは?社債の魅力とリスクについて
  2. IOTA(アイオータ)って何??仮想通貨IOTAのまとめ
  3. 自主管理大家のメリット・デメリット! 不動産の管理方法まとめ
  4. 株の銘柄の正しい選び方とは?株式投資で勝つためのポイント
  5. 高利回りな優良物件を見つける方法とは?不動産投資の基礎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨取引所情報

    仮想通貨取引所の仕組みとは?現役投資家が取引の流れを解説
  2. 仮想通貨の個別銘柄

    仮想通貨ネム(NEM/XEM)の今後と将来性は?特徴やチャートの動きを解説
  3. 不動産所得・必要経費

    初心者でも分かる不動産所得の必要経費の基本
  4. 仮想通貨取引所情報

    ビットバンクはリップルの取引がおすすめ!手数料が無料へ
  5. 節税方法

    節税はもはや常識!個人でもできるサラリーマンの節税方法とは?
PAGE TOP