最新投資ニュース

ご存知ですか? 新しい仮想通貨 Jコインをみずほ・ゆうちょ・地銀が検討中

 

邦銀連合が新しい仮想通貨Jコインを検討中

みずほフィナンシャルグループとゆうちょ銀行、地方銀行が協力し、新しい仮想通貨「Jコイン(仮称)」の発行を検討していることが分かりました。

Jコインは、ビットコインのように価格が変動せず、円と等価交換できるのがその特徴です。あらかじめ銀行口座にある日本円をJコインに替えておくことで、スマートフォンで決済をしたり、個人間で受け渡しをすることができるようになります。

キャッシュレス決済は海外勢に先を越されている現状、日本の銀行内で統一規格を作ることで、海外勢に対抗するのが狙いです。

Jコインの導入は、2020年の東京オリンピックまでが目標とされています。独自の仮想通貨の発行を検討している三菱UFJフィナンシャル・グループも、Jコインに加わる可能性があります。

 

Jコインの競合は世界

国内の電子マネー決済額は、昨年の時点で5兆円規模となっており、前年よりも1割増えています。

しかし、キャッシュレス決済では、アップルなどの世界的大企業の後塵を拝しているのが現状です。

Jコインは、国内銀行同士で手を組むことで、グローバルで戦える決済サービスを作り上げることが狙いです。

今後、Jコインの概要がどのように決まるのか、注目したいところです。

 

ピックアップ記事

  1. 外貨預金のメリット・デメリットは?MMF・債券・投資信託と徹底比較
  2. 投資信託にかかる分配金と税金とは?
  3. 世の中「できない」ことよりも「できる」ことの方が多い
  4. 新規公開株(IPO)の正しい投資方法とは?
  5. ワンルームマンション投資がオススメ!知っておきたいこととは?

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨取引所情報

    世界最大の取引所Binance(バイナンス)の登録方法と二段階認証方法
  2. 株の注文方法

    株の成行注文とは?株購入初心者が知っておきたい売買の仕組みのまとめ
  3. 仮想通貨の始め方

    ブロックチェーンとは?その仕組みを簡単にわかりやすく現役投資家が解説!
  4. 仮想通貨取引所情報

    ビットバンクはリップルの取引がおすすめ!手数料が無料へ
  5. 節税方法

    扶養に入るメリット・デメリットは?税法上と社会保険上の扶養控除を解説
PAGE TOP