最新投資ニュース

ご存知ですか? 新しい仮想通貨 Jコインをみずほ・ゆうちょ・地銀が検討中

 

邦銀連合が新しい仮想通貨Jコインを検討中

みずほフィナンシャルグループとゆうちょ銀行、地方銀行が協力し、新しい仮想通貨「Jコイン(仮称)」の発行を検討していることが分かりました。

Jコインは、ビットコインのように価格が変動せず、円と等価交換できるのがその特徴です。あらかじめ銀行口座にある日本円をJコインに替えておくことで、スマートフォンで決済をしたり、個人間で受け渡しをすることができるようになります。

キャッシュレス決済は海外勢に先を越されている現状、日本の銀行内で統一規格を作ることで、海外勢に対抗するのが狙いです。

Jコインの導入は、2020年の東京オリンピックまでが目標とされています。独自の仮想通貨の発行を検討している三菱UFJフィナンシャル・グループも、Jコインに加わる可能性があります。

 

Jコインの競合は世界

国内の電子マネー決済額は、昨年の時点で5兆円規模となっており、前年よりも1割増えています。

しかし、キャッシュレス決済では、アップルなどの世界的大企業の後塵を拝しているのが現状です。

Jコインは、国内銀行同士で手を組むことで、グローバルで戦える決済サービスを作り上げることが狙いです。

今後、Jコインの概要がどのように決まるのか、注目したいところです。

 

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 外貨預金にも税金がかかる!知っておきたい外貨預金の基礎知識
  2. FXの取引手数料は意外とかかる!?手数料の内訳と証券会社の選び方
  3. SRIファンド(社会的責任投資)への投資で利益を上げられる?
  4. 失敗は成功のもと
  5. 純金積立とは?メリット・デメリット・リスクを比較解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


bitbank
CAMPFIRE Owners
CAMPFIRE Owners

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 節税方法

    節税はもはや常識!個人でもできるサラリーマンの節税方法とは?
  2. お金の管理方法

    老後の生活費は最低限どれぐらい?その内訳と豊かな老後を送る方法を解説
  3. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の正しい選び方とは?爆上げ通貨の7つの基準
  4. 貯金方法

    子供の預金口座を用意しよう!始めるタイミングやポイントは?
  5. マイホーム

    固定資産税の新築向け減税・控除の申請期間はいつまで?手続き方法とは
PAGE TOP