クラウドファンディング

クラウドファンディングとは?メリット・デメリット・仕組みを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは「クラウドファンディング」をご存知でしょうか??

クラウドファンディングは、ここ最近話題になってきた資金調達方法で、インターネットを利用して誰でも簡単に始めるすることができます!

この記事では、そんなクラウドファンディングの基本から始まり、メリットとデメリット、そしてリターンについてもご紹介します。

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年7月8日に加筆修正したものです。)

クラウドファンディングの基本

クラウドファンディングとは

クラウドファンディング(CrowdFunding)とは、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた言葉です。

特定の目的のために、インターネットを使って不特定多数の人から資金の出資や協力を募ることをいいます。

クラウドファンディングの仕組み

クラウドファンディングを利用して資金を集めたい人は、活動目的や必要資金などの情報をクラウドファンディングのサービスサイトに掲載します。

プロジェクトに共感した人がいると、その人が資金を出資し、資金が目標額まで達した時点でプロジェクトは成立し、起案者はプロジェクトを実行に移します。

プロジェクト起案者は、集まった金額の10〜20%をクラウドファンディングのサービス運営者へ手数料として支払います。

被災地支援の募金にも使われる

クラウドファンディングは、新しい事業やサービスを生み出すために使われるのが一般的ですが、熊本地震などの際には、被害者支援としても活用されました。

これからの時代は、特定のビジネスのためではなく、社会的意義の大きいプロジェクトに対してクラウドファンディングが活用されていくと期待されます。

クラウドファンディング を使って資金を集める方法

ここからは、実際にクラウドファンディングを使って資金を集める方法について解説していきます。

登録→審査→公開の流れ

クラウドファンディングを始めるにあたって、まずはサービスサイトにプロジェクトの目的や内容などの申請を出します。

続けて、運営会社によりそのプロジェクトの審査が行われ、審査が無事通過すると、プロジェクトが公開されて募集が開始されます。

クラウドファンディングを始める時には、事前にプロジェクト内容を相談できる運営会社もありますので、ある意味、銀行を使った従来までの資金調達方法よりも、簡単に資金調達できるかもしれませんね。

また、企業単位ではなく個人単位でもサービスを利用できることも、クラウドファンディングの大きなメリットです。個人でも数千万円以上の資金を調達することが、実際に実現しています。

クラウドファンディング の種類

クラウドファンディングは、支援者に対する見返りの方法によって「購入型」と「寄付型」に大別されます。

以下、それぞれの特徴について解説していきます。

購入型

購入型は、支援者がプロジェクトへ出資した時の見返りとして、「金銭を除く商品やサービス」が提供されるものです。

支援者は、見返りを期待してプロジェクトに出資することが多いため、プロジェクトそのものが魅力的であることも重要ですが、支援者が喜ぶ見返りを用意することも成功するための秘訣といえます。

寄付型

寄付型は、その名の通り見返りのないクラウドファンディング です。

寄付型で多いのが、途上国支援や被災地支援などの社会的意義の大きいプロジェクトです。

クラウドファンディングを利用すると、寄付したプロジェクトの活動状況が逐一公開され、寄付金がどのようなことに使われているかが明らかになるメリットがあります。

プロジェクト起案者としても、活動状況を積極的に公開することで、人々の共感を呼び、プロジェクトをさらに大きくすることができます。

クラウドファンディングのメリットとデメリット

メリット:簡単に資金が集められる

クラウドファンディングのメリットは、資金を簡単に集められることです。

企業だけではなく個人レベルでもインターネットを使って資金を集められるのは、かなりのインパクトがあります。

まさにインターネット時代にふさわしい資金調達方法と考えられます。

デメリット:資金が集まりにくい

クラウドファンディングのデメリットは、資金が集まりにくいことです。

もしもあなたがプロジェクトを公開しても、それに魅力を感じてくれる人が少なくて、目標金額まで資金が集まらないこともあります。

簡単に資金が集まりそうに見えますが、実際、支援者が出資する基準は非常にシビアです。

十分な魅力と、そして計画性のあるプロジェクトを考える必要があり、マーケティング力が重要となってきます。

なお、クラウドファンディングで資金が集まらないと、そのプロジェクトは終了となり、資金は全て支援者に返されます。

ただし、「寄付型」などでは資金が戻ってこない可能性もありますので、十分に注意しましょう。

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

クラウドファンディング のメリット・デメリットのまとめ

ここまで、クラウドファンディングについてご紹介してきました。

個人的には、クラウドファンディングはかなり熱いサービスだと思います。まさにインターネット時代だからこそ可能になった次世代の資金調達方法に思えます。

興味を持たれた方がいましたら、一度クラウドファンディングのサイトを覗いてみてはいかがでしょう?

様々なプロジェクトが見れて、とても興味をそそられますよ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 投資信託の分配金とは ?知っておきたい投資信託のポイント
  2. ワンルームマンション投資とは?最近人気の不動産投資の基礎知識
  3. 初めての債券ファンド選び!新興国への投資は投資信託で決まり!
  4. 今年こそは最高の年に!今年の目標を立てる。
  5. 上手くいく!一人暮らしの部屋探しのコツ

カテゴリー

おすすめの記事

  1. ラップ口座・ファンドラップ

    ファンドラップと投資信託の違いを比較してみた!ラップ口座の致命的な欠点とは?
  2. 仮想通貨の個別銘柄

    モナーコインのチャートは長期的にどうなる?半減期の影響は?
  3. インデックスファンド

    インデックスファンドの利回りの平均はどれぐらい【2019年最新情報】?
  4. 投資初心者向け

    投資で失敗して400万円損したサラリーマン投資家が明かす失敗する人の特徴
  5. ストックオプション

    新株予約権とは何?行使価格や株価への影響を分かりやすく解説
PAGE TOP