仮想通貨ニュース

ビットコインが再びハードフォークを実施 – 相場は大荒れの予想

11月1日にビットコインゴールド(BTG)が誕生する

8月にビットコインのハードフォークが行われ、ビットコインキャッシュが誕生して早2ヶ月。再びビットコインでハードフォークが行われる可能性が出てきました。

今回は2回、ハードフォークが行われる予定です。1回目が11月1日に予定されているビットコインゴールド。2回目が11月中旬に予定されているSegwit2xです。

この記事では、ビットコインゴールドについて解説していきます。

11月1日にハードフォークが行われるかはまだ未定ですが、もしも実施されれば、新たにビットコインゴールド(BTG)がビットコインから分裂して誕生することになります。

 

ビットコインゴールドの主な特徴

ビットコインゴールドを指揮するのは、香港のマイナー企業LightningASICです。予定ですと、10月25日にビットコインゴールドがリリースされ、11月1日に取引所にて公開されます。

ビットコインゴールドの大きな特徴は、マイニング時のハードルを下げていることです。

ビットコインのマイニングには、ASICという専用の集積回路を用意する必要があります。このハードルの高さもあり、資金に余力のある企業しかマイニングに参加できないデメリットがありました。

しかし、ビットコインゴールドではGPU(グラフィッックボード)によるマイニングが可能となり、特別な機器を用意しなくてもマイニングができるようになっています。

これにより、一部の国や企業に偏っていたマイニングの問題を解消することが期待できます。

 

ビットコインゴールドを取り扱う取引所は?

ビットコインゴールドを受け取るためには、ビットコインゴールドに対応する取引所にビットコインを預け入れる必要があります。そうすれば、11月1日の分裂の際、保有するビットコインと同額のビットコインゴールドを受け取ることができます。

ただ、ビットコインゴールドを取り扱う取引所は、今の時点では未定です。今後、各取引所から公式アナウンスが出ることでしょう。また、中にはビットコインゴールドに対応しない取引所も出てくると考えられます。

しかし、各取引所は顧客獲得競争にさらされており、ビットコインゴールドに対応しないと、ビットコインゴールド対応の取引所に顧客が逃げる可能性が高いです。

そのため、ある取引所がビットコインゴールド対応の発表をすると、他の取引所もそれに追従せざるを得ないと考えられます。

各取引所のビットコインゴールド対応状況を、よく確認するようにしましょう。

いずれにしろ、ビットコインを取引所に預けているだけで、無償でビットコインゴールドがもらえるわけです。このチャンスを無駄にする手はないでしょう。

 

ドバイ政府の仮想通貨の最新情報。ブロックチェーンを使った新通貨とは前のページ

ビットコインの価格が高騰 – 仮想通貨の相場と今後の予想。次のページ

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 知っておきたい!不動産の事業的規模で節税をしよう!
  2. 高利回りが魅力のハイイールド債の真のリスクとは?
  3. 住宅ローンを組んで合法的に賃貸経営しよう!賃貸併用住宅の基本
  4. 大きなリターンを狙えるブル・ベア型ファンドの仕組みとその基本
  5. 今が旬!仮想通貨とは〜仮想通貨の基本から買い方までのまとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. ジュニアNISA

    ジュニアNISAのデメリットとは?正しい運用方法を解説
  2. 仮想通貨取引所情報

    ビットバンクはリップルの取引がおすすめ!手数料が無料へ
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    ビットコインとイーサリアムの違いは?今後を大胆予測!
  4. 仮想通貨取引所情報

    Zaif(ザイフ)の口座開設方法・登録方法をわかりやすく解説
  5. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の正しい選び方とは?爆上げ通貨の7つの基準
PAGE TOP