仮想通貨ニュース

ビットコインがSegWit2xのハードフォークを予定。相場は上昇する予想

ビットコインの価格が50万円を突破

10月8日まで48万円台を推移していたビットコインが、10日には53万円台まで急騰しました。投資家からの強い上昇期待を受け、ビットコインの価格が再び50万円台の大台に乗ったのです。

ただ、ビットコイン価格の急騰は、11月中旬に予定されているハードフォークを期待してのものではないようです。

実際、今回のハードフォークで新しいコインが誕生したとしても、そのコインはあくまで「アルトコイン」として取引される可能性が高いと見られます。CoinbaseやBitfinexを含む大手取引所は、新たに誕生する予定のコインを「B2X」として利用することを公表しています。

 

SegWit2xのハードフォークでビットコインはどうなる?

11月中旬に予定されているハードフォークは、ビットコインの抱える処理能力の問題を克服するためのものです。簡単にいうと、SegWit2xによりブロックチェーンのブロックサイズを1MBから2MBに拡大するというものです。

もしもハードフォークが実施されれば、従来のビットコインとSegWit2xを実装したビットコイン(B2X)の2つが分裂して誕生することになります。

ただ、ビットコインが分裂したとしても、従来のビットコインのブロックチェーンが過半数を占めると考えられるため、B2Xが従来のビットコインに取って代わる可能性は低そうです。

さて、本来ならハードフォークの問題によりビットコインの価格は下落するはずですが、ビットコインの価格は依然として高値を更新しています。

これは、投資家がハードフォークを全く気にかけていない証拠と考えられます。

仮に市場の想定通りB2Xが誕生するとなると、ビットコインの価格は節目となる5,000ドル(日本円で56万円ほど)を突破することでしょう。

今後のビットコインの動きは、よく確認するようにしましょう。

 

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 人生はもっとシンプルなものになります
  2. ETFのデメリットと投資信託との違いとは
  3. NISAで知っておくべきデメリットと注意点のまとめ
  4. 優先出資証券の基本を徹底解説!投資を検討しているあなたへ
  5. 先物取引にはどんなメリットがある?リスクと仕組みを解説!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. NISA

    NISA(ニーサ)口座のデメリット8つとメリットとは?問題点と欠点を理解しよう
  2. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのチャートは長期的にどうなる?今後の将来性を分析してみた
  3. マンション投資

    区分マンションとは?中古マンションのメリットとデメリットを解説
  4. ストックオプション

    ストックオプション(新株予約権)とは?行使価格や株価への影響を投資家が解説
  5. ラップ口座・ファンドラップ

    ファンドラップと投資信託の違いを比較してみた!ラップ口座の致命的な欠点とは?
PAGE TOP