仮想通貨ニュース

ビットコインがSegWit2xのハードフォークを予定。相場は上昇する予想

ビットコインの価格が50万円を突破

10月8日まで48万円台を推移していたビットコインが、10日には53万円台まで急騰しました。投資家からの強い上昇期待を受け、ビットコインの価格が再び50万円台の大台に乗ったのです。

ただ、ビットコイン価格の急騰は、11月中旬に予定されているハードフォークを期待してのものではないようです。

実際、今回のハードフォークで新しいコインが誕生したとしても、そのコインはあくまで「アルトコイン」として取引される可能性が高いと見られます。CoinbaseやBitfinexを含む大手取引所は、新たに誕生する予定のコインを「B2X」として利用することを公表しています。

 

SegWit2xのハードフォークでビットコインはどうなる?

11月中旬に予定されているハードフォークは、ビットコインの抱える処理能力の問題を克服するためのものです。簡単にいうと、SegWit2xによりブロックチェーンのブロックサイズを1MBから2MBに拡大するというものです。

もしもハードフォークが実施されれば、従来のビットコインとSegWit2xを実装したビットコイン(B2X)の2つが分裂して誕生することになります。

ただ、ビットコインが分裂したとしても、従来のビットコインのブロックチェーンが過半数を占めると考えられるため、B2Xが従来のビットコインに取って代わる可能性は低そうです。

さて、本来ならハードフォークの問題によりビットコインの価格は下落するはずですが、ビットコインの価格は依然として高値を更新しています。

これは、投資家がハードフォークを全く気にかけていない証拠と考えられます。

仮に市場の想定通りB2Xが誕生するとなると、ビットコインの価格は節目となる5,000ドル(日本円で56万円ほど)を突破することでしょう。

今後のビットコインの動きは、よく確認するようにしましょう。

 

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. マンション投資のメリットとデメリット!不労所得を得る具体的な方法とは?
  2. 株の銘柄の正しい選び方とは?株式投資で勝つためのポイント
  3. 知っておきたい!外貨預金のメリット・デメリット
  4. 損しないために!不動産所得で計上できる必要経費の基本
  5. FXでよく聞く退場とは – 外国為替証拠金取引の基礎知識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の個別銘柄

    ビットコインとイーサリアムの違いは?今後を大胆予測!
  2. 空売り

    要注意!株の空売りで失敗しないための基本を解説
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    仮想通貨ネム(NEM/XEM)の今後と将来性は?特徴やチャートの動きを解説
  4. 仮想通貨取引所情報

    ビットバンクはリップルの取引がおすすめ!手数料が無料へ
  5. 仮想通貨取引所情報

    Zaif(ザイフ)の口座開設方法・登録方法をわかりやすく解説
PAGE TOP