仮想通貨ニュース

ビットコインがSegWit2xのハードフォークを予定。相場は上昇する予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインの価格が50万円を突破

10月8日まで48万円台を推移していたビットコインが、10日には53万円台まで急騰しました。投資家からの強い上昇期待を受け、ビットコインの価格が再び50万円台の大台に乗ったのです。

ただ、ビットコイン価格の急騰は、11月中旬に予定されているハードフォークを期待してのものではないようです。

実際、今回のハードフォークで新しいコインが誕生したとしても、そのコインはあくまで「アルトコイン」として取引される可能性が高いと見られます。CoinbaseやBitfinexを含む大手取引所は、新たに誕生する予定のコインを「B2X」として利用することを公表しています。

 

SegWit2xのハードフォークでビットコインはどうなる?

11月中旬に予定されているハードフォークは、ビットコインの抱える処理能力の問題を克服するためのものです。簡単にいうと、SegWit2xによりブロックチェーンのブロックサイズを1MBから2MBに拡大するというものです。

もしもハードフォークが実施されれば、従来のビットコインとSegWit2xを実装したビットコイン(B2X)の2つが分裂して誕生することになります。

ただ、ビットコインが分裂したとしても、従来のビットコインのブロックチェーンが過半数を占めると考えられるため、B2Xが従来のビットコインに取って代わる可能性は低そうです。

さて、本来ならハードフォークの問題によりビットコインの価格は下落するはずですが、ビットコインの価格は依然として高値を更新しています。

これは、投資家がハードフォークを全く気にかけていない証拠と考えられます。

仮に市場の想定通りB2Xが誕生するとなると、ビットコインの価格は節目となる5,000ドル(日本円で56万円ほど)を突破することでしょう。

今後のビットコインの動きは、よく確認するようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 大家さんとは?知っておきたい不動産投資のリスクのまとめ
  2. クラウドファンディングの4つのメリット・デメリットは?支援者・出資者目線で解説!…
  3. フルローンとは?不動産投資ローンが危険ではない3つの理由
  4. 人生でも仕事でもスピードが大事!
  5. オルタナティブ投資とは?初心者でも分かるメリット・デメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 株式投資の失敗事例

    株式投資で失敗して大損・借金ができるって本当?損失のカラクリを解説
  2. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨は儲かるの?7つの儲け方を一挙公開
  3. 社債

    個人向け社債は利回りが高い?おすすめの社債と注意点とリスクを解説
  4. お金の管理方法

    老後の生活費は最低限どれぐらい?その内訳と豊かな老後を送る方法を解説
  5. 投資初心者向け

    株式や投資の割合はどれぐらいがおすすめ?投資で成功するポイント
PAGE TOP