仮想通貨ニュース

ビットコインがSegWit2xのハードフォークを予定。相場は上昇する予想

ビットコインの価格が50万円を突破

10月8日まで48万円台を推移していたビットコインが、10日には53万円台まで急騰しました。投資家からの強い上昇期待を受け、ビットコインの価格が再び50万円台の大台に乗ったのです。

ただ、ビットコイン価格の急騰は、11月中旬に予定されているハードフォークを期待してのものではないようです。

実際、今回のハードフォークで新しいコインが誕生したとしても、そのコインはあくまで「アルトコイン」として取引される可能性が高いと見られます。CoinbaseやBitfinexを含む大手取引所は、新たに誕生する予定のコインを「B2X」として利用することを公表しています。

 

SegWit2xのハードフォークでビットコインはどうなる?

11月中旬に予定されているハードフォークは、ビットコインの抱える処理能力の問題を克服するためのものです。簡単にいうと、SegWit2xによりブロックチェーンのブロックサイズを1MBから2MBに拡大するというものです。

もしもハードフォークが実施されれば、従来のビットコインとSegWit2xを実装したビットコイン(B2X)の2つが分裂して誕生することになります。

ただ、ビットコインが分裂したとしても、従来のビットコインのブロックチェーンが過半数を占めると考えられるため、B2Xが従来のビットコインに取って代わる可能性は低そうです。

さて、本来ならハードフォークの問題によりビットコインの価格は下落するはずですが、ビットコインの価格は依然として高値を更新しています。

これは、投資家がハードフォークを全く気にかけていない証拠と考えられます。

仮に市場の想定通りB2Xが誕生するとなると、ビットコインの価格は節目となる5,000ドル(日本円で56万円ほど)を突破することでしょう。

今後のビットコインの動きは、よく確認するようにしましょう。

 

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. ETFとはどんな投資?メリット・デメリット・選び方のコツを解説
  2. 株の銘柄の正しい選び方とは?株式投資で勝つためのポイント
  3. 投資信託とは?知っておきたいメリット・デメリット
  4. 知っておきたい金投資のデメリットと金ETFとは
  5. 株の空売りは規制解除を狙うべき!空売りの方法を解説!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨取引所情報

    仮想通貨取引所の仕組みとは?現役投資家が取引の流れを解説
  2. 仮想通貨取引所情報

    ビットフライヤーの高機能チャート、ライトニングの使い方とは?
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    エイダコイン(ADA)の将来性と価格が今後何倍になるかを徹底検証!
  4. 不動産所得・必要経費

    初心者でも分かる不動産所得の必要経費の基本
  5. 投資信託初心者おすすめ

    投資信託の失敗談と成功するために知っておきたい投資の基本
PAGE TOP