仮想通貨ニュース

要注目!エストニアがブロックチェーンを使った仮想通貨の発行を計画中

エストニア共和国が世界初の国家によるICOを計画

以前から先進的な取り組みで有名だったエストニア共和国が、世界初の試みとなる国家によるICOを検討していることが明らかになりました。

エストニアといえば、すでに「e-Residency」や「e-Tax」などの先進的なサービスを提供している国です。

例えば「e-Residency」では、エストニア国民向けに発行している国民のIDカードを、居住権を持っていない外国人にも発行し、エストニアの公的サービスをインターネット上で受けられるようになっています。つまり、エストニアの非居住者でも、居住者と同等の権利を持つことができるのです(電子居住権)。

ここに挙げた以外にもエストニアは様々な先進的な取り組みを実施しています。エストニアは、まさにデジタル先進国と呼ぶにふさわしいでしょう。

仮想通貨の名称は「エストコイン」

エストニアで検討されている仮想通貨の名称は「エストコイン」です。エストコインの用途としては、電子居住権がある仮想住民が、行政サービスの支払いなどに利用することが考えられています。

ただ、様々な仮想通貨が値上がりしている現在、エストコインには行政サービス目的ではなく、投資目的で大量の資金が集中するとも考えられます。

また、ICOで調達した資金は、スマートコントラクトや人工知能などの様々な分野に投資される予定です。これにより、エストニアは先進分野にいち早く取り組むことができるようになります。

小国ながら積極的に新しい技術を取り入れるエストニアは、世界中から注目されています。

まとめ:爆上げする可能性もある

世界初の政府発行の仮想通貨ということで、エストコインが爆上げすることも十分に考えられます。ICO時点から仕込んでおけば、大きな値上がりが期待できるかもしれません。

エストニアの動向からは、目が離せませんね。

日本で注目の仮想通貨になるか?イーサベースのDentacoinとは前のページ

リップルが高騰中〜その背景には韓国取引所の取引増加!次のページ

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 資産運用するなら新興国向けの投資信託で決定!新興国ファンドの基礎
  2. 株初心者必見!ミニ株投資とは??
  3. 知っておきたい!不動産の事業的規模で節税をしよう!
  4. MRFやMMFとは何??公社債投資信託の基本
  5. 最近人気の競売物件とは??競売物件に潜むリスクを知ろう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. マイホーム

    固定資産税の新築向け減税・控除の申請期間はいつまで?手続き方法とは
  2. 不動産所得・必要経費

    初心者でも分かる不動産所得の必要経費の基本
  3. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックの二段階認証を解説!設定方法・口座開設方法を理解しよう
  4. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の正しい選び方とは?爆上げ通貨の7つの基準
  5. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックに入金が反映されない理由と正しい入金方法・対処方法は?
PAGE TOP