仮想通貨ニュース

仮想通貨は雑所得!ビットコインにも税金対策が必要に

仮想通貨には消費税がかからない!

最近、仮想通貨の認知度が徐々に高まってきます。仮想通貨に投資している人も結構多いのではないでしょうか?

ここで改めて仮想通貨にかかる税金について確認したいと思います。

2017年4月に施行された改正資金決済法により、日本国内においてビットコインを始めとした仮想通貨が単なる「モノ」ではなく、通貨のような「財産的価値」を有するものと正式に認められました。

それまでは仮想通貨の定義が曖昧で、モノとして消費税がかかるのかどうか議論されていました。

そして、2017年7月には消費税法が改正され、ビットコインの取引には消費税がかからないことが正式に決まりました。

 

ビットコインの利益は雑所得になる!

2017年9月、国税庁のホームページ上に、ビットコインの取引で生じた利益についての見解が掲載されました。それによると、ビットコインの取引により生じた利益は「雑所得」に分類するとのことです。

雑所得は、金額が多くなればなるほど税率が上がる累進課税を採用しており、最高税率は45%となっています。

また、他の所得の赤字と相殺する「損益通算」もできず、損失を翌年以降に持ち越す「損失の繰越控除」もできません。

投資する立場からすると、仮想通貨の利益が雑所得に分類されるのは喜ばしいことではないと言えます。

 

ビットコインに投資するなら申告が必要!

ビットコインの取引が雑所得に分類されたため、ビットコイン取引で利益が生じたら、確定申告を行う必要があります。

つまり、普通のサラリーマンでも、ビットコイン投資の利益が年間20万円を超える場合には、確定申告を行う必要が出てきたのです。

申告漏れになると後で大変ですので、忘れずに確定申告をしましょう。

 

【↓↓↓特定口座についてもっと詳しく知りたい方は、以下をチェック↓↓↓】

 

 

【期間限定】無料プレゼントを配布中!





投資初心者の方は必見!





ピックアップ記事

  1. ETFには4つのデメリット!仕組みと魅力もまとめて解説
  2. 損しないために!不動産所得で計上できる必要経費の基本
  3. 金投資にはデメリットとリスクはあるの?基本から理解しよう
  4. 実際にあった投資の失敗事例と投資で成功するためのマインドセット
  5. オンとオフの切り替えで人生が充実します

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨取引所情報

    Poloniex(ポロニエックス)の登録方法・ログイン方法・本人確認方法を解説!…
  2. 投資初心者向け

    投資で失敗して400万円損した現役投資家が明かす失敗する人の特徴
  3. 貸株

    貸株サービスの6つのデメリットとリスクとは?投資家目線で検証してみた
  4. ラップ口座・ファンドラップ

    ファンドラップと投資信託の違いは?ラップ口座の致命的な欠点を告白
  5. お金の管理方法

    仕事を辞めるにはいくらお金が必要?仕事を辞めても生きていく方法
PAGE TOP