仮想通貨取引所情報

ビットバンクはリップルの取引がおすすめ!手数料が無料へ

ビットバンクは、国内にある仮想通貨取引所の一つです。

特に安全性に力を入れており、外部ネットワークから遮断されたコールドウォレットを採用するなど、安心して取引できる土壌が整備されています。

また、取引手数料が期間限定で無料となっており、人気のリップルなどの仮想通貨を購入するときには、ビットバンクがおすすめです。

この記事では、そんなビットバンクの具体的な取引方法や、手数料について解説します。

【この記事は、過去に書かれた記事を7月19日に加筆修正したものです。】

ビットバンクの基本

まずはじめに、ビットバンクの基本から押さえていきましょう。ほかの取引所と比べて、どう言った点で優れているか、しっかりと理解しましょう。

ビットバンクとは

ビットバンクは、ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

金融庁から仮想通貨交換業者として正式に登録を受けており、コールドウォレットを採用するなどセキュリティ面にも非常に力を入れているため、安心して取引することができます。

また、操作方法も簡単で、初心者でも取っつきやすいといえます。

なお、2018年6月30日00:00まで、ビットバンクは取引手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。この機会に、ビットバンクで仮想通貨デビューを果たしてもいいでしょう。

なお、ビットバンクに口座をまだ開設していない人は、以下の記事で口座開設方法を説明しています。↓

参考記事:【保存版】ビットバンクの口座開設方法と二段階認証の設定方法

また、取引所は非常に便利ですが、保有するすべての通貨を取引所に入れたままにするのは危険です。仮想通貨の保管方法の詳細は、「仮想通貨のおすすめの保管方法はこれ!ウォレット別の特徴を解説」の記事で解説していますので、参考にしてください。

取り扱い通貨

ビットバンクで取り扱いのある通貨は、以下の6種類です。

・ビットコイン(BTC)
・ライトコイン(LTC)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・モナコイン(MONA)
・ビットコインキャッシュ(BCC)

どの通貨も、時価総額上位のものばかりですので、投資初心者でも安心して取引できるでしょう。

なお、個別の仮想通貨の特徴について知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

参考記事:仮想通貨のマイニングの仕組みとは?種類・特徴など全知識を徹底解説

アルトコインの手数料が無料

ビットバンクは、2017年10月16日10:00から2018年6月30日00:00まで、全ての通貨の取引手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。

しかも、ビットバンクの取引は、スプレッドのかかる販売所形式ではなく、取引所形式です。

ビットコイン、ライトコイン、リップル、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュに投資するなら、ビットバンク一択かもしれませんね。

リップルがおすすめ

最近、リップルが話題にあがることが多くなってきました。それだけリップルの認知度が上がってきている証拠なのでしょう。

ところで、リップルを国内取引所で購入するなら、コインチェックではなくビットバンクで購入することをおすすめします。

というのも、コインチェックは販売所形式でリップルを販売しているため、リップルの価格には、コインチェック側の手数料(スプレッド)が上乗せされているからです。スプレッドは、大体3%程度と言われています。

一方、ビットバンクは取引所形式で取引できるため、販売所形式のようにスプレッドがかかりません。その代わりに取引手数料がかかりますが、6月30日00:00まで手数料が無料となっているため、それすらかかりません。

つまり、リップルの取引をするなら、ビットバンクの一択ということになります。

もしもリップルへの投資を考えているなら、ビットバンクに口座を開設してみてくださいね。

参考記事:リップルは今度どうなる予想?リップルの基本情報のまとめ

ビットバンクの入出金方法

仮想通貨のトレードを行うには、まずビットバンクに日本円を入金する必要があります。

こちらでは、ビットバンクへの入金方法を解説していきます。

画面右上の人のマークから、「入出金」をクリックする

日本円の欄にある「入出金」をクリックする

表示された口座に日本円を振り込む

画面に表示された口座に日本円を振り込んだら、あとは入金が反映されるのを待つだけです。

入金の際には、「振込依頼人名義」を「入金番号+カナ氏名」にして振り込むようにしましょう。この作業を怠ると、ビットバンクに入金が反映されません。

 

ビットバンクの取引方法

ここからは、ビットバンク取引方法について具体的に解説していきます。

ビットバンクの取引画面は非常にシンプルで分かりやすいので、初心者でも直感的に操作できことでしょう。

取引したい通貨の選び方

①ビットバンクにログインすると、まず最初にトレード画面が表示されますので、左上にある「BTC /JPY」をクリックします。

②通貨ペアが表示されますので、自分が取引したい通貨ペアをクリックすると、通貨を選ぶことができます。

注文の出し方

仮想通貨の注文を出すときには、トレード画面右上に注文情報を入力し、「注文」をクリックします。

【入力が必要な注文情報】

①「指値」か「成行」か

②「買い」か「売り」か

③取引希望数量

④取引希望価格

トレード画面の見方

ビットバンクのトレード画面には、様々な情報が表示されています。

一番よく使うのが、画面中央にあるチャートです。チャートは一定期間内の価格の変動幅を表していて、チャートを分析することで、今後の価格推移をある程度予想することができます。

チャート画面の上には、時間足や各種指標を切り替えるボタンがあります。移動平均線やボリンジャーバンドを表示させたい時には、「インディケータ」というボタンをクリックします。

なお、チャート分析手法について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

参考記事:仮想通貨のマイニングの仕組みとは?種類・特徴など全知識を徹底解説

ビットバンクのまとめ

ビットバンクは、取引手数料が期間限定で無料となっていますので、口座だけでも開設しておくことをおすすめします。

まだ口座を開設していない人は、以下の記事を参考に開設してみてくださいね!

参考:【保存版】ビットバンクの口座開設方法と二段階認証の設定方法

参照:ビットバンク

 




【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. インデックスファンドとは?その魅力と利益の上げ方
  2. 注意したいワンルームマンション投資とは?中古マンションで失敗しないために
  3. FXのスワップポイントで生活できる?FX初心者が知っておきたいこと
  4. 最近人気の競売物件とは??競売物件に潜むリスクを知ろう
  5. ETNとは – ETFとの違い、メリット・デメリットを解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 社債

    個人向け社債は利回りが高い?購入時の4つの注意点と3つのリスクを解説
  2. つみたてNISA

    つみたてNISAにはデメリットがない?メリット盛りだくさんの理由とは
  3. 貯金方法

    結婚時の貯金の平均はどれぐらい?お金を効率的に貯める方法
  4. 仮想通貨取引所情報

    DMMビットコインの登録方法と使い方を8ステップで解説
  5. 仮想通貨取引所情報

    Poloniex(ポロニエックス)のログイン方法・登録方法を解説!
PAGE TOP