仮想通貨の個別銘柄

デジバイトのチャートを分析!その特徴と将来性とは?

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

あなたは、仮想通貨デジバイト(Digibyte)をご存知でしょうか?「デジバイト」と聞いても、今いちピンとこない人や、逆に名前は知っていても詳しくは知らない人も多いことでしょう。

デジバイトは、ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨と比べて認知度は低いですが、そのポテンシャルは計り知れません。

「エイダコイン(ADA)は今後何倍になる?エイダコインの基本と買い方とは」で解説している「エイダコイン」のように、爆上げする可能性だってあるかもしれません。

この記事では、そんなデジバイトに焦点を当てて解説していきますので、ぜひデジバイトへの理解を深めてくださいね!

サラリーマン康二
ポテンシャルを秘めたデジバイトの基本をしっかりと押さえましょう!

【こちらの記事は、過去に書かれた記事を2018年9月9日に加筆修正したものです。】

デジバイト(Digibyte)の基礎知識

デジバイトとは

デジバイト(Digibyte)は、2014年1月に公開された仮想通貨で、決済スピードの速さ、安全性の高さ、そして機能性を追求した仮想通貨です。

まだまだ市場での認知度は低いですが、他の仮想通貨に先駆けて様々な新しい取り組みを行っています。

例えば、決済スピードの速さや安全性を追求するため、「Segwit」 と「 Myriadcoin」を仮想通貨で一番最初に導入しています。

Segwit(セグウィット)とは、仮想通貨の取引記録(トランザクション)を圧縮して、データ量を小さくする技術です。直近では、ビットコインの分裂騒動で話題となりました。Segwitは、仮想通貨が抱えるスケーラビリティ問題(送金時間がかかかってしまう問題)を解決する手法の一つとして注目されています。

Myriadcoinとは、複数のマイニングアルゴリズムを選択できる手法のことをいいます。これにより、仮想通貨の安全性を高めることができます。

また、2017年7月にCitibankが開催した「Citi®Tech for Integrity Challenge(T4I)」というコンテストでは、デジバイトがファイナリストに選出されており、その実力は折り紙つきといえます。

参照:Wikimedia

デジバイトの基本情報

デジバイトの基本情報は、以下に記載した通りです。

【基本情報】
・通貨単位:DGB
・時価総額:約170億円・価格:0.00000093BTC(1.78円)
・発行数量:95.4億DGB・発行上限:210億DGB
・取引所:Bittrex、Poloniex、Yobitなど多数
・公式HP:https://www.digibyte.co

デジバイトを理解する上で知っておきたいポイント!

ここからは、デジバイトを理解する上で絶対に外せない4つのポイントについて解説していきます。それぞれのポイントをしっかりと理解すれば、そのポテンシャルの高さが分かることでしょう。

ポイント① “決済手段”としての送金スピードが速い

デジバイトの特徴の一つ目として、決済手段としての優位性があります。

デジバイトが優れいているのが送金スピードの速さで、デジバイトはビットコインの40倍の速さ、およそ10秒で送金が完了します。

取引量の増加に伴う送金スピードの低下を防ぐため、取引を記録するブロックサイズが、2年ごとに2倍に増えるように設定されています。

これにより、将来にわたりスピーディーな決済が実現できます。

参照:DigiByte Foundation

ポイント② スマートコントラクトにより“文書の保存”ができる

デジバイトは、イーサリアムと同じようにスマートコントラクトの機能を備えています。

「ビットコインとイーサリアムの違いを解説!投資するならどっち?でもご説明している通り、スマートコントラクトとは、仮想通貨のブロックチェーン技術を活用した「契約の自動化」のことをいいます。

スマートコントラクトを利用すれば、「ある条件を満たせば自動的に契約内容を実行する」ということが可能となるため、契約書や不動産登記などが不要となり、全てコンピューター上で完結できるようになります。

現状、各種文書、公証関係の書類の保存分野では仮想通貨ファクトム(Factom)が先行していますが、デジバイトも同じような機能を備えています。

こういった「記録系」の市場は今後大きく成長する可能性がありますので、デジバイトもこの成長分野に乗れれば、大きくその価値を伸ばすことでしょう。

参照:DigiByte Foundation

ポイント③ “ゲームのプラットフォーム”にもなる

デジバイトは、ゲーム開発者とユーザー、そして広告会社をつなぐプラットフォームとしての役割も果たします。

ゲームの分野では、ゲームクレジット(GameCredits)が先行しているため遅れを取っているように思えますが、デジバイトもしっかりと存在感を示しています。

実際、「League of Legends」や「CS: GO」などの人気タイトルに実装されていますし、世界的に有名な「マインクラフト」の鉱石とデジバイトを交換できることでも話題となりました。

しかし、デジバイトが運営するゲームサイトは、DDoS攻撃 (悪意のある大量アクセスによりサイトを攻撃すること)を受けており、アクセスできない状況です。

ゲームサイトが復活し、対応するゲームタイトルがしっかりと出揃えば、デジバイトの人気は高まるでしょう。

参照:NAVERまとめ公式ブログ

ポイント④ マイニング方法は5つから選択できる

通常、仮想通貨のマイニング方法は1つしかありませんが、デジバイトは「SHA-256」「Scrypt」「Groestl」「Skein」「Qubit」中から自由に選択することができます。

マイニング方法が5種類あるため、データを分散することができ、51%攻撃(※)を受けても大きな影響が出にくい特徴があります。

なお、マイニングについては、「仮想通貨のマイニングの仕組みを理解しよう!PoWとPoSの違いは?」でも詳しく解説しています。

(※)51%攻撃とは、悪意のあるグループや個人によって、その仮想通貨ネットワークの50%以上の処理能力を支配され、不正な取引が行われることをいいます。仮想通貨の抱える問題点の一つとして挙げられます。

参照:DigiByte Foundation

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

デジバイトの今後の展望とチャートの分析

デジバイトの特徴については理解できたと思います。ここからは、今後のデジバイトの展望と、過去の価格チャートの推移について解説します。

デジバイトの開発状況と今後の展望は?

デジバイトが現在提供または開発しているアプリケーションは様々です。

例えば、決済アプリを提供することで決済手段としての利便性を高めていますし、トレーディングアプリとしては取引や支払いの際にデジバイトを利用できるようになっています。

他にもデジタル家電をデジバイトのブロックチェーンに安全に接続したり、デジバイトのアプリを使って自身で新しいチェーンを作成することもできます。

このように、デジバイトは様々な分野で野心的な取り組みを行っており、将来性が非常に高いといえます。

デジバイトの価格は現在低迷中

2017年初めまで0.03円程度だったデジバイトの価格は、6月にはおよそ6円台まで急激に上昇しました。実に200倍もの高騰です。

これは、2017年6月に発表された「マインクラフトでデジバイトが使用できるようになった」というニュースの影響です。ただ、「ゲームで獲得した鉱石がDGBに交換できるだけ」ということが明らかになると、価格は急落し、半分程度まで落ち込みました。

今では価格もだいぶ落ち着き、3円台をさまよっています。

なお、デジバイトのポテンシャル的に、長期的に見ると価格は上昇していくものと考えられますので、価格が安いうちに買っておいて、長い目で見て投資しても良いでしょう。

参照:Coinwall

デジバイトを取引するなら海外の取引所

デジバイトは、日本の取引所ではまだ扱っていませんので、取引する際にはBittrexやPoloniex、Yobitなどの海外取引所に口座を開設する必要があります。

購入の流れは、いかに示す通りです。

参考:「仮想通貨取引所の仕組みと投資の流れを解説」

① 国内取引所に口座を開設する

海外取引所を開設する前に、まずは国内取引所で口座を開設する必要があります。

主な取引所としては、bitFlyer(ビットフライヤー)やCoincheck(コインチェック)、Zaif(ザイフ)などがあります。

仮想通貨投資を本格的に始める方は、取引所がシステムトラブルを起こしたりハッキングされた時のリスクに備え、複数の取引所に登録しておくことをお勧めします。

【おすすめの国内取引所】

bitFlyer(ビットフライヤー)

Zaif(ザイフ)

② 日本円をビットコインに両替する

国内取引所に口座を開設したら、次に日本円をビットコインに両替します。

図はビットフライヤーの取引画面ですが、両替方法としては、取引所が直接ビットコインを販売する販売所形式と、株式投資のように売り手と買い手が直接やり取りする取引所形式があります。

取引所の方がビットコインを安く購入できるため、オススメです。

ビットコインやデジバイトを両替する際には、今現在取引されている価格で買うのではなく、チャートを分析してなるべく安い価格で買うようにしましょう。

安く買うことができれば、価格が下落した時はリスクを抑え、価格が上昇した時には利益を大きくすることができます。

また、仮想通貨の投資戦略は、「仮想通貨はポートフォリオが重要!億り人になるための戦略とは?で詳しく解説しています。

参照:ビットフライヤー

③ 海外取引所に口座を開設しビットコインを送付する

続けて、海外取引所に口座を開設します。英語表記のため分かりにくいかもしれませんが、ブラウザの日本語翻訳機能を使いながら進めてみましょう。

口座を開設したら、国内取引所から海外取引所へビットコインを送付します。

【おすすめの海外取引所】

Binance(バイナンス)

Poloniex(ポロニエックス)

 

参照:Bittrex

⑤ ビットコインを使ってデジバイトを買う

ビットコインを海外取引所に送付したら、いよいよデジバイトを購入します。

海外取引所の取引画面にてデジバイトを注文し、注文が成立したらビットコインの保有額が減少しデジバイトが増えます。

参照:Poloniex

仮想通貨デジバイトのまとめ

今回は数ある仮想通貨の中でもデジバイトに焦点を当てて解説してきました。

デジバイトは、色々な仮想通貨のいいとこ取りをしたコインで、そのポテンシャルは非常に高いものと考えられます。

まだまだ価格が低い今のうちにデジバイトを仕込んでおき、将来大化けした時に売れば大きな利益が得られるかもしれません。

来年初頭に取引所上場も予定していますので、今後のデジバイトの動向には、要注目です!

サラリーマン康二
仮想通貨の最新の情報については、公式メルマガでも発信しています。下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

 

【期間限定】無料プレゼントを配布中!





投資初心者の方は必見!





ピックアップ記事

  1. 株のクロス取引を利用して株主優待をお得にもらう方法
  2. デイトレードの手法を徹底解説!投資の心構え
  3. ETFで積立投資を始めるとメリットたくさん!投資方法を解説
  4. 定期預金よりもお得?個人向け国債にはメリットがたくさん!
  5. ソーシャルレンディングのメリット・デメリットとは?貸し倒れの危険あり!

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の個別銘柄

    ビットコインとイーサリアムの今後の動向を予想!どんな違いがある?
  2. 株式投資初心者おすすめ

    株式交換とは?メリットや株価が下がる仕組みを現役投資家が解説
  3. 銀投資

    銀投資の魅力とは?銀投資をわかりやすく解説
  4. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのチャートは長期的にどうなる?今後の将来性を分析してみた
  5. 仮想通貨取引所情報

    Zaif(ザイフ)の口座開設方法・登録方法をわかりやすく解説
PAGE TOP