FXのロスカット・損切り

FXのロスカットとは?FX初心者が知っておきたい基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資で思い浮かぶのが、FXや株式投資ではないでしょうか??

でも、FXの場合、なんとなく仕組みが難しそうで、始める際に躊躇してしまいますよね。

そこで今回は、そんなFXについて、FX初心者が知っておきたいことをまとめてみました。

ぜひ、あなたがFXを始める際の参考にしていただければと思います。

FXでまずは知っておきたいこと


6729761041_4f94d50100_b

ここでは、FXの基本的な内容について押さえたいと思います。

そもそもFXとは?

そもそもFXという言葉は、「Foreign Exchange」の略です。

日本語に直すと「外国為替証拠金取引」です。
略して「外為(がいため)」と呼ばれたりします。

FXを簡単にいうと、外国の通貨を売買することによって得られる差益を目的とした取引です。

FXでは、2国間の通貨を売買して行われますが、日本円をはさまなくても「ドル↔︎ユーロ」といったように取引可能です。

為替レート変動による為替差益と、通貨間の金利差による利益を目的にするのがFXです。

レバレッジ

FXでとても重要なポイントが「レバレッジ」です。

レバレッジというのは、日本語に直すと「テコの原理」のことで、少ない資金でより多くのお金を動かすことをいいます。

FXにおけるレバレッジでは、少ない資金で、より多くの通貨を取引することが可能です。

例えば、レバレッジを10倍かけるとすると、10万円の資金しかなくても、100万円の取引が可能になります。

レバレッジは、以前は特に規制もなかったため「400倍」までかけることもできました。

しかし、現在の日本では「25倍」までに制限されています。

スワップポイント

FXでは、通貨を保有するだけでスワップポイントという金利を得ることができます。

スワップポイントというのは、低金利の通貨と高金利の通貨の金利差のことをいいます。

自分の保有する通貨の金利が、購入予定の通貨の金利よりも低いか高いかでスワップポイントを受け取れるか、支払うかが決まります。

例えば、低金利の通貨を売って高金利の通貨を購入した場合、その差の金利を「受け取る」ことができます。

反対に高金利の通貨を売って低金利の通貨を購入した場合、その差の金利を「支払う」必要があります。

スワップポイントは毎日発生する可能性もありますので、初心者はスワップポイントを狙う方が為替レートの変動による利益を狙うよりも分かりやすいと言われています。

為替レートとは?

2国間で通貨を交換する比率のことを為替レートといいます。

この為替レートというのは、2国間の通貨の力関係、つまり需要と供給によって決まります。

つまり、人気のある通貨は買われやすく、為替レートが高かくなります。

逆に人気のない通貨は売られやすくなり、為替レートは低くなります。

為替レートに影響を及ぼす通貨の価値は、景気、金利、国際収支、投資家やヘッッジファンドの動きなどによって、日々刻々と動いています。

投資家は、為替レートの動きを時系列に並べた為替チャートを利用して、為替の動きを把握したり、予測したります。

 

FXが人気の理由


ここからは、なぜFXが人気なのか、その理由を見ていきたいと思います。

いつでも取引できる

FXは24時間取引することができます。
世界中で見てみると、いつでもFXの市場が開いているのです。

そのため、時間が取れないサラリーマンでも夜にかけて取引できます。

最近ではスマホのアプリも充実してきてますので、いつでもどこでも取引できるようになりました。

取引費用が安い

FX取引でかかる費用は、外貨預金や外貨建てMMFなどの取引と比べて、格段に安いです。

FXでかかる費用としては、売買手数料とスプレッドがあります。

売買手数料

売買手数料とは、通貨の取引をする際にかかる費用です。

ただし、最近では売買手数料を無料とするFX業者も増えてきています。

スプレッド

スプレッドは、通貨の業者側の「買い値」と、投資家に対する「売り値」の差のことをいいます。

要するに、原価と売価の差のことをいい、この差がFX会社の利益ということになります。

少ない資金でも取引できる

FXではレバレッジというシステムがあるため、少ない資金でも、保証金をFX会社に入金することで、最大25倍までの取引が可能です。

自己資金が少ない投資家でも、多くの金額を取引できます。

FX取引の最小単位は1万通貨単位が基本ですが、FX会社によっては1,000通貨単位でも取引ができるようです。

顧客資産が守られている

FXでは、信託保全という制度によって、FX会社の資産と、投資家から預かっている資産を別々に信託銀行などで管理するように義務つけられています。

この制度によって、FX会社が破綻しても、顧客の資産は守られることになり、資産が顧客に返却されます。

 

FX初心者が注意したいこと


ここからは、FX初心者が気をつけたい点について見ていきます。

レバレッジには要注意

FXで気をつけたいのが、レバレッジをかけすぎることです。

レバレッジをかければ、小さな資金でもより多く儲けることができます。

しかし、レバレッジをかけ過ぎると、小さな損でも莫大な損失になる可能性が高まります。

つまり、レバレッジをかけるとリスクも大きくなるのです。

ですから、FX初心者の方は、レバレッジ2〜3倍で取引を始め、徐々に増やしていくのがいいでしょう。

スワップポイントも注意

スワップ金利は、金利差によって利益を得ますので、長期的に利益を確保することが可能です。

ただし、金利というのは日々変動していますので、最低でも2週間に一回ぐらいは、金利の状況について確認した方が無難です。

 

FXの始め方


ここからは、FXの始め方について、簡単に見ていきます。

FX会社を選ぶ

FXを始めるには、まずはFX会社を選ぶ必要があります。

しかし、多数あるFX会社から最適な会社を選ぶのは困難です。

よって、口座開設は無料ですので、複数の口座を開設し、自分に最適なFX会社を絞っていくのが手です。

ただし、資産の安全性を考え、全部信託保全のFX会社を選ぶようにしましょう。

口座の開設

FX会社が決まったら、次は口座の開設をします。

最短で翌日に開設できる会社もあります。

IDとパスワードが届いたら、サイトにログインして口座の開設が完了です。

資金の入金

口座を開設したら、取引を始める前に、あらかじめ資金を入金します。

振込入金とクイック入金が選べますが、クイック入金ですとインターネットバンキングを利用して即時入金が可能ですし手数料も無料ですので、こちらがおすすめです。

 

まとめ


今回はFXの基本についてまとめました。

この記事をきっかけにして、FX投資に興味を持っていただければ嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 株のクロス取引を利用して株主優待をお得にもらう方法
  2. 不労所得の作り方とは?メリットたくさんの不動産投資がおすすめ!
  3. 話題のハイイールド債ファンドとはどんな商品 – 基礎知識と今後の見通し
  4. FXの強制ロスカットの計算方法!強制決済を避け利益を最大化する方法とは?
  5. 投資信託には6つのリスクとデメリットがある!リスクへの正しい対処法は?

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 投資初心者向け

    投資とギャンブルの違いとは?投機との違いも分かりやすく解説
  2. 貯金方法

    夫婦の貯金方法を解説!どうすれば効率的にお金が貯められる?
  3. 貯金方法

    子供の預金口座を用意しよう!始めるタイミングやポイントは?
  4. 社債

    個人向け社債は利回りが高い?おすすめの社債と注意点とリスクを解説
  5. 貯金方法

    お金を貯めるコツを公開!お金が貯まる人の共通点とは?
PAGE TOP