仮想通貨ニュース

仮想通貨リップル(XRP)を使った日韓海外送金をSBIが実証実験

SBIリップルアジアが日韓の海外送金を実験

SBIホールディングスの傘下にあるSBIリップルアジアは、2017年度中に、日本と韓国の間で仮想通貨を使った送金の実験を行うことを発表しました。仮想通貨による送金技術を、日本と韓国という海外送金の分野に応用する狙いです。

仮想通貨で海外送金を行うことで、より低コストでスピーディーに送金を行うことが可能となります。例えば、日本と台湾での国際送金では、わずか2〜5秒ほどで送金が完了することが実験で明らかになっています。

SBIホールディングスは、リップル社と共同でSBIリップルアジアを設立し、積極的に海外送金の導入を進めてきました。

現状、SBIリップルアジアのネットワークには、メガバンクやゆうちょ銀行を含む国内60行以上の銀行が参加しています。今後、日本、韓国、中国などのASEAN諸国を中心に、国境を超えた決済ネットワークの構築を目指しています。

近い将来、国内外の銀行から、スムーズに海外送金できるようになることでしょう。

 

リップルは世界中から注目されている

リップル社にはSBIホールディングスだけではなく、あのGoogleも出資していることで有名です。

リップルを使った国際送金ネットワークには、すでにバンク・オブ・アメリカや三菱東京UFJ銀行をはじめとした世界中の金融機関が参画しており、今後そのネットワークがさらに拡大することが期待されています。

また、リップルは年間決済額が5兆ドルにも及ぶ巨大市場、中国にも進出することが予定されています。もしも中国への進出が決まれば、リップルの可能性はさらに広がることでしょう。

リップルの利用が世界中で拡大すれば、仮想通貨XRPの価格も上昇すると考えられます。リップル社の動向には、今後も目が離せません。

 

中国の問題でビットコイン急落。取引所が閉鎖される報道も。前のページ

仮想通貨にも税金がかかる – ビットコインなどの暗号通貨が雑所得へ次のページ

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. オーバーローンとは?不動産投資のローンで知っておきたいこと!
  2. サブリース契約に解約トラブルが多い理由とは?
  3. ワンルームマンション投資とは?不労所得の簡単な作り方!
  4. ターゲットイヤーファンドがおすすめできない理由を比較
  5. ジュニアNISAの2つのメリットと3つのデメリットとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックの手数料は高いので要注意!どう気をつければいい?
  2. 投資初心者向け

    【投資初心者向け】投資とは?簡単にわかりやすく現役投資家が解説してみた
  3. 仮想通貨取引所情報

    ビットフライヤーの高機能チャート、ライトニングの使い方とは?
  4. 仮想通貨の始め方

    ブロックチェーンとは?その仕組みを簡単にわかりやすく現役投資家が解説!
  5. 仮想通貨取引所情報

    仮想通貨取引所の仕組みとは?現役投資家が取引の流れを解説
PAGE TOP