仮想通貨ニュース

クレジットカード業界がビットコインのブロックチェーン技術を導入を計画

マスターカードがブロックチェーンを使った決済を検討

クレジットカード大手のマスターカードが、「ブロックチェーン技術」を使った決済システムの導入を検討していることが分かりました。

アメリカの特許商標庁が公開した内容によると、マスターカードはデータ容量や取引量の増加に対応するため、ブロックチェーンを使った決済システムを検討しているとのことです。

この決済システムが導入されれば、ブロックチェーン技術により、不正な取引を未然に防げるものと考えられます。また、購入履歴や請求情報などの全ての情報を、決済システム内に永久に記録することが可能です。クレジットカード決済の安全性が、著しく向上するものと考えられます。

もともとマスターカードは、仮想通貨の普及が消費者に悪影響を及ぼしかねないと危惧していました。ところが、2015年に仮想通貨団体(DCG)に投資したことを始まりとして、積極的にブロックチェーン技術の導入を進めてきました。現在、ブロックチェーン技術を様々なシステムに利用しています。

 

競合VISAもブロックチェーン導入を検討

マスターカードにとって最大の競合VISAも、ブロックチェーン技術の導入を検討しています。

実際、2016年にはブロックチェーン技術を使ったビジネス向けプラットフォームの開発を発表しています。また、決済ゲートウェイを構築するため、ブロックチェーンの技術者も募集していた経緯もあります。

さらには、ビットコインを使ってチャージができるバンドルカード(プリペイドカード)も発売し、積極的に新しいシステムの導入を模索しています。

このように、マスターカードもVISAも、ブロックチェーン技術を使ったコスト削減や利便性向上を積極的に進めています。

今後、ブロックチェーン技術を使った様々なシステムが導入されことでしょう。

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます:

>>特定口座の源泉徴収あり・なしと一般口座の違いとは?口座の選び方のまとめ

>>指値注文と成行注文の使い方とは?株の売買と注文の仕組みを解説!

>>ジュニアNISAとは − メリット・デメリット・贈与税の扱いのまとめ

>>投資信託の利益確定と損切り手法を解説!最適な解約タイミングとは?

銀行が続々と仮想通貨へ参入 – 米大手ゴールドマン・サックスも参入を検討前のページ

ロシアの銀行が仮想通貨の発行を計画 – 仮想通貨最新ニュース次のページ

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. ラップ口座のデメリットとは?手数料が高いのがネック
  2. フルローンとは?不動産投資ローンが危険ではない3つの理由
  3. 家が売れない理由と早く高い価格で売却する方法とは
  4. 個人型確定拠出年金のおすすめの運用方法や活用方法とは
  5. 知らなきゃ損!高利回りのハイイールド債ファンドとその見通しとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックの二段階認証を解説!設定方法・口座開設方法を理解しよう
  2. 仮想通貨取引所情報

    ビットバンクの登録方法と二段階認証の方法を解説
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのチャートは長期的にどうなる?今後の将来性を分析してみた
  4. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックの手数料は高いので要注意!どう気をつければいい?
  5. 空売り

    要注意!株の空売りで失敗しないための基本を解説
PAGE TOP