仮想通貨ニュース

【最新情報】日本の金融庁が10月よりビットコイン取引所を監督することに

金融庁がビットコイン取引所を監督下に置くことが決定

ジャパンタイムズ紙の報道によると、10月より日本の金融庁がビットコイン取引所を監督下に置くことが決まりました。金融庁は取引所に対する監督を強化し、顧客資産の保護も含めた取引所システム全般を監視下に置く方針です。

金融庁による監督強化の背景には、ビットコインを始めとした仮想通貨が正式に決済手段として認められ、法律上監督する必要が出てきたからです。

もともと日本では、今年の4月に、ビットコインをはじめとした仮想通貨を現金と同等のものとして扱う法律が可決されました。

7月には、取引所を通じて購入したビットコインに消費税が課されないことが正式に決定されました。

このように、日本では国内で人気上昇中の仮想通貨に対して、順次法整備を進めてきています。日本政府はガイドラインを設けることで、仮想通貨の規制と成長促進を図っています。

 

仮想通貨取引所は金融庁に登録する義務が発生

金融庁による取引所監督強化を受け、国内の取引所は金融庁に登録する必要があります。また、取引所には、ルールに基づき取引所を運営する義務も課せられます。

日本国内では、マウントゴックスのような破綻劇が再度起きないよう、金融庁による取引所の監督が正式に開始される予定です。取引所を監督するため、金融庁はすでに30人からなる監督チームをす編成しています。

私たち投資家としては、より安全に、そして安心して仮想通貨の取引が行えるようにになりそうです。

 

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 金投資にはどんなリスクやデメリットがあるの?おすすめの投資方法を知ろう
  2. 優先株とは?普通株や社債との違いやメリットをわかりやすく解説
  3. 生きる目的は何?? 人生の目標を設定する!
  4. ジュニアNISAの2つのメリットと3つのデメリットとは
  5. クラウドファンディングの4つのメリット・デメリットは?支援者・出資者目線で解説!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


bitbank
CAMPFIRE Owners
CAMPFIRE Owners

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の種類からマイニング方法、税金はこれで完璧!稼ぐ全知識を解説
  2. 仮想通貨取引所情報

    ビットフライヤーの高機能チャート、ライトニングの使い方とは?
  3. 定期預金

    譲渡性預金(CD)とは?メリットや定期預金との違いを解説!
  4. 仮想通貨の個別銘柄

    リップルの価格推移のまとめ!リップルの将来性は?
  5. ブログ

    会社がつまらない。不満ばかりの現状を改善するたった一つの方法
PAGE TOP