仮想通貨ニュース

【最新情報】日本の金融庁が10月よりビットコイン取引所を監督することに

金融庁がビットコイン取引所を監督下に置くことが決定

ジャパンタイムズ紙の報道によると、10月より日本の金融庁がビットコイン取引所を監督下に置くことが決まりました。金融庁は取引所に対する監督を強化し、顧客資産の保護も含めた取引所システム全般を監視下に置く方針です。

金融庁による監督強化の背景には、ビットコインを始めとした仮想通貨が正式に決済手段として認められ、法律上監督する必要が出てきたからです。

もともと日本では、今年の4月に、ビットコインをはじめとした仮想通貨を現金と同等のものとして扱う法律が可決されました。

7月には、取引所を通じて購入したビットコインに消費税が課されないことが正式に決定されました。

このように、日本では国内で人気上昇中の仮想通貨に対して、順次法整備を進めてきています。日本政府はガイドラインを設けることで、仮想通貨の規制と成長促進を図っています。

 

仮想通貨取引所は金融庁に登録する義務が発生

金融庁による取引所監督強化を受け、国内の取引所は金融庁に登録する必要があります。また、取引所には、ルールに基づき取引所を運営する義務も課せられます。

日本国内では、マウントゴックスのような破綻劇が再度起きないよう、金融庁による取引所の監督が正式に開始される予定です。取引所を監督するため、金融庁はすでに30人からなる監督チームをす編成しています。

私たち投資家としては、より安全に、そして安心して仮想通貨の取引が行えるようにになりそうです。

 

ピックアップ記事

  1. なぜベストを尽くさないのか。
  2. フルローンやオーバーローンも夢じゃない!不動産投資ローンとは?
  3. ワンルームマンション投資とは?不動産投資のメリット・デメリットを解説
  4. 毎日は小さなで奇跡いっぱい!!
  5. 「人生の目標」の大切さを改めて感じました

カテゴリー

おすすめの記事

  1. NISA

    NISA(ニーサ)口座のデメリット8つとメリットを生かした投資戦略とは
  2. 仮想通貨の個別銘柄

    アロハコインにホワイトペーパーが登場!マイニングと上場の最新情報
  3. 節税方法

    扶養に入るメリット・デメリットは?税法上と社会保険上の扶養控除を解説
  4. 株式投資の失敗事例

    株式投資で失敗すると借金ができるのは本当?損失のカラクリを解説
  5. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのチャートは長期的にどうなる?今後の将来性を分析してみた
PAGE TOP