仮想通貨の個別銘柄

仮想通貨DASHが気になる!DASHを基本から解説します!

この記事では、注目の仮想通貨DASHについて解説していきます。

仮想通貨に対する理解を深めて、堅実に投資を行いましょう!

仮想通貨DASHの基本

決済用の仮想通貨

仮想通貨DASHは、ビットコインと同様、決済を主な用途とする仮想通貨です。

もともとDASHはダークコインという名称でしたが、途中からDASHという名称に改められ、今に至ります。

DASHはビットコインの機能を補填したり、また改善点に対処しているため、ビットコインとはまた違った独自の特徴があります。

取引スピードが速い

DASHの特徴として、その取引スピードの速さがあります。

ビットコインの場合、一回の取引が完了するまでに10分程度の時間がかかります。ビットコインは、10分という時間の間に世界中のコンピューターで計算を競わせて、ビットコインのシステムに最も貢献したものに報酬が支払われるようになっているからです。

それがDASHだと、およそ4秒ほどで取引が完了します。DASHはあらかじめ計算するコンピューターを選出した上で取引をするため、それだけ決済スピードが速くなるのです。

匿名性が高い

そもそもビットコンを使った取引は、匿名性が高いといわれています。というのも、あくまで確認できるのは「ビットコインアドレス」のみで、実際に誰がどこに送金したかは追えないからです。

しかし、やろうと思えば、ビットコインアドレスを追跡することで、このアドレスが誰にどれだけ送金しているかは分かるようになっています。

一方、DASHの場合には、アドレスを元に追跡することも不可能となっています。

DASHでは、直近に行われた送金情報をひとまとめにし、それを送金先に再度割り振っているのです。特定の個人の取引記録を覗こうと思っても、色々な取引がシャッフルされているため、確認するのは不可能なのです。

DASHは、匿名性が高いといわれているビットコインよりも、さらに匿名性が高いのです。

マスターノードが選ばれる

ビットコインでは、最も速く解を導き出したものが取引の追記作業を行いますが、DASHでは最初から追記作業を行う者(マスターノード)がランダムに選出されます。

ただし、マスターノードになるためには、コンピューターの処理性能などの条件を満たす必要があります。

仮想通貨DASHの今後とまとめ

今後も価格が上昇して行く?

最近、匿名性の高い仮想通貨に人気が集中しています。DASHと同様、匿名性が高いmoneroやZCASHも軒並み値上がりしており、今後さらに価格が上昇すると考えられます。

余剰資金の範囲で、DASHを保有しておいても面白いかもしれません。

余剰資金で投資、自己資金は即回収

仮想通貨に投資する際は、くれぐれも生活に支障をきたさない余剰資金の範囲で行いましょう。値上がりしたら、投資した自己資金分だけ早めに日本円に戻しましょう。自己資金さえ回収すれば、後はノーリスクなので安心ですね。

(画像の引用:Tech & Money http://www.marupiya.com/entry/DASH)

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. マンション・アパートの空室率は高い?投資用マンションの空室対策!
  2. 知らなきゃ損!高利回りのハイイールド債ファンドとその見通しとは
  3. 外貨預金にはメリットが盛りだくさん!最近耳にする外貨預金とは??
  4. なぜサラリーマン大家は失敗するの?不動産投資のリスクの解説
  5. 外貨建てMMFとは?外貨預金と比べたメリット・デメリットを解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. お金の管理方法

    仕事を辞めるにはいくらお金が必要?仕事を辞めても生きていく方法
  2. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックに入金が反映されない理由と正しい入金方法・対処方法は?
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    仮想通貨ネム(NEM/XEM)の今後と将来性は?特徴やチャートの動きを解説
  4. 不動産の購入手続き

    不動産の媒介契約の種類とその特徴を分かりやすく解説
  5. 仮想通貨の個別銘柄

    モナコインはどこまで上がる?今後の将来性を大胆予測!
PAGE TOP