仮想通貨ニュース

銀行が続々と仮想通貨へ参入 – 米大手ゴールドマン・サックスも参入を検討

ゴールドマン・サックスが仮想通貨への参入を検討

米大手金融機関ゴールドマン・サックスが、ビットコインをはじめとした仮想通貨業務への参入を検討していることが分かりました。

ゴールドマン側の話によると、「顧客の仮想通貨に対する関心が高まっていることを背景に、仮想通貨の分野でどのようなサービスを提供するか検討している」とのことです。

まだまだ構想段階ではありますが、今後は仮想通貨の値動きの解説や、顧客からのオーダーを受け売買を代行する可能性もあります。

現在、ビットコインをはじめとした仮想通貨は、富裕層やヘッジファンドの間で注目されており、取引量も増えつつあります。こういった顧客へサービスを提供しているゴールドマンとしては、仮想通貨の存在も無視できないようになっているのです。

 

仮想通貨へ懐疑的な金融機関もある

ゴールドマンのように、仮想通貨に対して寛容な金融機関もある一方、JPモルガンのようにビットコインに対して懐疑的な金融機関もあります。

9月に世間を賑わせたJPモルガンCEOダイモン氏は、「ビットコインは詐欺であり、自社の従業員がビットコインの取引を行った場合には解雇する」と強硬な姿勢を見せています。

たしかに仮想通貨に対する懐疑的な姿勢は、多くの主要金融機関の共通認識かもしれません。ただ、実際問題、世界で70本以上のヘッジファンドが仮想通貨への投資を始めていたり、世界の投資の流れは仮想通貨にシフトしているともいえます。

今後、仮想通貨に対する金融機関の姿勢がどのように変化するか、注目したいところです。

 

アメリカはビットコインをはじめとした仮想通貨を合法化できるか?前のページ

クレジットカード業界がビットコインのブロックチェーン技術を導入を計画次のページ

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 不動産所得とは?不動産投資の基礎知識!収入を計算する方法
  2. クラウドファンディングとは?メリット・デメリット・仕組みを解説
  3. 毎月分配型投資信託が損する本当の理由
  4. こんなサラリーマン大家は失敗する!不動産投資のリスクのまとめ
  5. FX(外国為替証拠金取引)に慣れよう!まずはデモトレードから

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. マイホーム

    固定資産税の新築向け減税・控除の申請期間はいつまで?手続き方法とは
  2. 仮想通貨取引所情報

    ビットフライヤーの二段階認証と登録方法・本人確認方法をまとめて解説
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    仮想通貨ネム(NEM/XEM)の今後と将来性は?特徴やチャートの動きを解説
  4. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのチャートは長期的にどうなる?今後の将来性を分析してみた
  5. 空売り

    要注意!株の空売りで失敗しないための基本を解説
PAGE TOP