仮想通貨ニュース

銀行が続々と仮想通貨へ参入 – 米大手ゴールドマン・サックスも参入を検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールドマン・サックスが仮想通貨への参入を検討

米大手金融機関ゴールドマン・サックスが、ビットコインをはじめとした仮想通貨業務への参入を検討していることが分かりました。

ゴールドマン側の話によると、「顧客の仮想通貨に対する関心が高まっていることを背景に、仮想通貨の分野でどのようなサービスを提供するか検討している」とのことです。

まだまだ構想段階ではありますが、今後は仮想通貨の値動きの解説や、顧客からのオーダーを受け売買を代行する可能性もあります。

現在、ビットコインをはじめとした仮想通貨は、富裕層やヘッジファンドの間で注目されており、取引量も増えつつあります。こういった顧客へサービスを提供しているゴールドマンとしては、仮想通貨の存在も無視できないようになっているのです。

 

仮想通貨へ懐疑的な金融機関もある

ゴールドマンのように、仮想通貨に対して寛容な金融機関もある一方、JPモルガンのようにビットコインに対して懐疑的な金融機関もあります。

9月に世間を賑わせたJPモルガンCEOダイモン氏は、「ビットコインは詐欺であり、自社の従業員がビットコインの取引を行った場合には解雇する」と強硬な姿勢を見せています。

たしかに仮想通貨に対する懐疑的な姿勢は、多くの主要金融機関の共通認識かもしれません。ただ、実際問題、世界で70本以上のヘッジファンドが仮想通貨への投資を始めていたり、世界の投資の流れは仮想通貨にシフトしているともいえます。

今後、仮想通貨に対する金融機関の姿勢がどのように変化するか、注目したいところです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 株のクロス取引を利用して株主優待をお得にもらう方法
  2. 人のせいにする人ではなく、自分のせいにする人へ。
  3. 今がチャンス!仮想通貨への投資で稼ぐ方法
  4. ふるさと納税の仕組みと控除を受けるための方法
  5. 最高の仲間と送る最高の人生。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. NISA

    NISAでおすすめの投資信託の種類は?投資信託選びの3つのポイントを解説
  2. 特定口座・一般口座

    特定口座の源泉徴収あり・なしの違いと「あり」を選択した方がいい理由
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    モナコインはどこまで上がる?今後の将来性を大胆予測!
  4. 株式投資の失敗事例

    株式投資で失敗して大損・借金ができるって本当?損失のカラクリを解説
  5. 貯金方法

    夫婦の貯金方法を解説!どうすれば効率的にお金が貯められる?
PAGE TOP