個人向け国債

個人向け国債に投資するメリット・デメリットとは?国債の基礎知識

あなたは個人向け国債という単語をよく耳にしませんか?

国債と聞くと、なんかすごく手続きが面倒そうな印象を受けますが、意外と簡単に始められるんですよ!

それでは、順番に見ていきましょう!

個人向け国債とは?


個人向け国債とは、個人が国債を手軽に買えるよう導入された国債です。

そもそも国債とは、国の発行する債券です。

国債の発行は法律に基づいて行われ、利子や元本の支払いは国が責任をもって行います。

そういう意味で、国債の一部である「個人向け国債」は、安全で個人でも始めやすい投資になります。

 

個人向け国債の仕組み


個人向け国債は、日本政府にとっては「借金」にあたりますので、「利子」が定期的に支払われます。頻度は半年に一回になります。

また、最初に購入した値段で国債は償還されます。

例えば、あなたが10万円分国債を購入したとします。

あなたがこの国債を所有している間、半年に一回利子が支払われます。

一方、この国債が満期を迎えた場合、あくまであなたが最初に購入した10万円しか返ってきません。

11万円になったり、9万円になったり、そういったことはありません。

ちなみに、購入から1年経てば、いつでも解約可能です(利子が少し減ります)。

 

個人向け国債を購入するメリットは?


 

安全である

個人向け国債は、日本政府が責任を持って利子と元本の支払いを行います。

なので、あらゆる債券の中で一番リスクが低いと言われています。

どんなに良い投資でも、投資したお金が戻ってこなかったら意味がないですよね?

最低金利が保証されている

個人向け国債は、なんと最低金利が保証されています。

その金利は0.05%となります。

この金利の時点で、メガバンクの預金金利より高いのではないでしょうか?

更に、あくまで最低金利ですので、これより金利が高くなることもあります。

1万円から始められる

個人向け国債は、最低1万円から購入できます。

なので、少額の資金から始めることも可能なんです。 

 

個人向け国債には3種類ある


個人向け国債は、3種類に分かれています。

3種類あるといっても、全て最低金利が保証されています!

変動金利型(10年満期)

こちらは、適用される金利が、その時々の金利によって変わる国債です。

期間は10年のみです。

変動金利ですので、金利が高い場合にはより多くの利子が入ってきます。

一方、金利が低くなった場合には、低い利子しかもらえなくなります。

でも、最低金利が保証されていますので、どんなに金利が下がっても、0.05%を割ることはありません。

ちなみに、今の金利は0.05%です。

これは、マイナス金利が導入されて、変動金利が最低金利を下回っているためです。

固定金利型(5年満期)

こちらは、金利が固定されている国債になります。
期間は5年になります。

金利が満期まで変わりません。
適用される金利は、国債購入時の金利です。

ですので、金利が将来的に下落しそうな場合、おすすめです。

ちなみに、今の金利は0.32%となっています。
変動金利よりも6倍ぐらい高くなっています。

固定金利(3年満期)

固定金利の国債で、期間が3年のものです。

固定金利の5年ものより金利が低くなります。

ちなみに、今の金利は0.14%になります。

 

個人向け国債のまとめ


個人向け国債は、1万円と少額から始められ、しかも国が支払いを保証してくれますので、安全性が高い投資と言えます(日本が破綻しない限りは…)。

金利もメガバンクなどの金利と比べてかなり高いので、おすすめの投資だと思います。

ただ、解約するには1年間国債を保有していないといけません。

なので、直近1年以内に使う予定のないお金を投資するのがいいと思います。

興味を持った方は、是非チャレンジしてください!

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. クラウドファンディングのメリットとデメリットとは?起業家・投資家目線で解説
  2. 人生で成功するために:成功者の思考を身につける
  3. 悪い環境に慣れることはよくないです。
  4. 競売物件へ投資する際のリスクと注意点
  5. これで分かる!ビットコインの使い方と買い方を分かりやすく解説します

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


bitbank
CAMPFIRE Owners
CAMPFIRE Owners

カテゴリー

おすすめの記事

  1. ストックオプション

    ストックオプション(新株予約権)とは?行使価格や株価への影響を投資家が解説
  2. 節約方法

    節約生活は楽しいことが大切!貯金を貯める秘訣とは?
  3. ジュニアNISA

    ジュニアNISAのデメリットとは?正しい運用方法を解説
  4. 仮想通貨取引所情報

    ビットバンクの登録方法と二段階認証の方法を解説
  5. 貯金方法

    夫婦の貯金口座は別々に分けるべき?まとめるべきかおすすめの方法を解説
PAGE TOP