仮想通貨の個別銘柄

IOTA(アイオータ)って何??仮想通貨IOTAのまとめ

IOTA(アイオータ)は、2017年に上場した仮想通貨です。上場後、500倍もの価値がついたということで、かなり話題となりました。

この記事では、衝撃的なデビューを果たし、今注目されているIOTAについて解説していきます。

仮想通貨IOTAとIOT


IOTAとIOT

IOTAとは、IoT(Internet of Things)に活用する目的で開発された仮想通貨です。

IoTは、モノをインターネットに接続させることをいいます。現状、パソコンやプリンターなどのIT関連機器はインターネットに接続していますが、そのほかの製品についてはまだまだインターネットに接続されていません。こういった電化製品をインターネットにつなげることで、私たちの生活はさらに便利で豊かなものになると考えられます。

例えば、最近ではエアコンをインターネットにつなげることで、外出先からでも空調を作動させることができるようになっていますね。

様々なモノをインターネットに接続させることで、日常生活をより便利にしたり、効率的にエネルギーを利用することが期待されています。

IoTではコストと安全性が問題

IoTにより私たちの生活は便利になると期待されていますが、コストと安全性が問題視されています。

インターネットに接続する際のコストが高いと、IoT機器のコストも上がってしまいますし、セキュリティもしっかりしていないと、外部から不正にアクセスされる危険があります。

こういったIoTの抱える問題を解決するのが、今回ご紹介する「IOTA」という仮想通貨なのです。

 

仮想通貨IOTAの特徴


取引手数料が全て無料

IOTAの一番の特徴が、取引手数料が全て無料であることです。

ほかの仮想通貨では取引手数料がかかってしまいますので、これはIOTAの大きなアドバンテージといえます。

それでは、IOTAではなぜ取引手数料が無料にできるのでしょうか?

それは、「Tangle」という仕組みのおかげです。

Tangleは、ブロックチェーンと似たような処理ができる技術で、ブロックチェーンよりもさらに効率良く処理することが可能となっています。Tangleにより、取引手数料無料と処理スピードの速さを実現しているのです。

セキュリティ性が高い

IOTAは、Tangleというセキュリティ性が高い技術を組み入れていますので、IoTの課題であったセキュリティの脆弱性を克服することができます。

もともとIoTでは、デバイスに対して不正なデータ送信やデータ改ざんが行われる恐れがありました。ところが、IOTAが登場したことで、外部からの不正アクセスが不可能となるのです。

IOTAの取引所

IOTAを取り扱っている取引所は、残念ながら香港にある「Bitfinex」しかありません。ですので、IOTAに投資を検討されている方は、Bitfinexに口座を開設する必要があります。

まだBitfinexでしか取り扱いがないにもかかわらず、ICOで500倍もの価値がついたIOTAは、世間から大きく注目されていると考えられます。

IOTAの動向からは、目が離せませんね。

 

IOTAの今後とまとめ


今後の発展に期待

IOTAはまだまだ開発途中の仮想通貨ですが、今後「実需」の面でさらに利用が拡大されていくと考えられます。

価格が安い今のうちにIOTAを購入しておけば、もしかしたら大化けするかもしれません!

ただし、仮想通貨はハイリスク・ハイリターンな投資です。余剰資金の範囲で投資を行うようにしましょう。

(画像の引用:Blockchain Business Community 
http://businessblockchain.org/about-cryptocurrency-iota)

 

【期間限定】無料プレゼントを配布中!





投資初心者の方は必見!





ピックアップ記事

  1. 投資信託の正しい選び方とは?押さえるべき7つのポイント
  2. リップル(XRP)の今後を予想!リップルはどんな仮想通貨?
  3. 初心者でも分かるサブリース契約とは!解約トラブルに気をつけよう
  4. FXのスイングトレードとデイトレードの手法をわかりやすく解説
  5. 7月の活動を振り返って

カテゴリー

おすすめの記事

  1. ブログ

    会社がつまらない。不満ばかりの現状を改善するたった一つの方法
  2. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのマイニングが終了するって本当?どんな影響がある?
  3. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨は儲かるの?7つの儲け方を一挙公開
  4. 節約方法

    お金の節約術を一挙公開!自然とお金が貯まる王道とは?
  5. 仮想通貨取引所情報

    DMMビットコインの登録方法と使い方を8ステップで解説
PAGE TOP