仮想通貨の個別銘柄

ファクトム(Factom)の今後の将来性はいかに?特徴を解説

(最終更新日:2019年3月9日)

ファクトム(Factom)の基本

ビットコイン2.0の一つ

ファクトム(Factom)は、厳密に言うと仮想通貨ではなく、ビットコイン2.0という仕組みの一つです。

ビットコイン2.0とは、ビットコインの持つブロックチェーンという技術を、単なる決済手段としてではなく、それ以外の様々な分野にも活用しようというプロジェクトです。

ブロックチェーンを使えば、様々な情報を世界中のコンピューターに安全・確実に保存することができます。そのデータを第三者が改ざんすることはできませんし、世界中のコンピューターが同時に破壊されない限りは、データが失われることもありません。

通貨としての機能を超えた特徴を持つのが、今回ご紹介するファクトムなのです。

参考:「仮想通貨の種類と特徴はこれで完璧!仮想通貨で稼ぐための全知識」

ファクトムは記録システム

ファクトムを簡単に説明すると、要は客観的な記録システムです。ブロックチェーンを情報の記録という用途で使用することで、客観的で中立な情報管理が実現するのです。

不動産の登記を例に挙げると分かりやすいと思います。

不動産の登記では、公的な機関である法務省がその情報を全て管理しています。公的機関が管理しているからこそ、その登記の正しさが証明されるわけです。

ところが、法務省に情報が保存されているということは、登記情報を確認するためには、わざわざ法務局まで足を運ばなければならないといことです。また、法務局という管理者を維持するためには、コストもかかります。

そんな中、ファクトムを利用すれば、そういった中央管理者の存在は不要となります。ファクトムに保存されているデータは、誰でも閲覧が可能でかつ改ざんも不可能なため、もはや中央管理者が不要となるのです。

文書の管理がもはや不要に

先ほどもご説明した通り、ファクトムを使うことで、契約書や電子記録の正しさを第三者機関の存在なしで証明することができます。

現在、様々な公的機関や企業が、契約情報や個人情報などを莫大なコストをかけて保管しています。

ところが、ファクトムを利用することで、もはやそのような管理は不要となります。ファクトムの可能性は無限大なのです。

参照:節約主婦のやりくり計画帳

投資初心者の方へ厳選記事 投資初心者にお勧めの記事はこちら!

ファクトムの将来性

アメリカの住宅ローン管理にも採用

ファクトムは、アメリカの住宅ローン市場においても採用されることが決まっています。具体的には、住宅ローンの情報をネットワーク上に記録することで、割安で安全確実な契約情報の管理が期待されています。

他にも、株式市場の市場データをファクトムで安価に提供する取り組みも行われており、今後ファクトムの利用がどんどん拡大すると考えられます。

ファクトムの今後の上昇に期待!

ファクトムを利用するためには、利用料としてファクトム内の通貨である「Factoid」を支払う必要があります。

今後ファクトムが様々な企業や団体で使われるようになれば、Factoidの価値が増加することにつながります。

まだ値段の安い今のうちにFactoidを購入しておけば、近い将来莫大な資産を築くことができるかもしれません。

今後のファクトムの動向からは、目が離せません!

目代康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

 

【期間限定】無料プレゼントを配布中!





投資初心者の方は必見!





ピックアップ記事

  1. 不安になるときは、とにかく行動してみる!
  2. 競売物件へ投資する際のリスクと注意点
  3. 不動産投資の基本!不動産購入時にかかる諸経費は?
  4. 人生の選択肢を増やす
  5. 知らなきゃ損!高利回りのハイイールド債ファンドとその見通しとは

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の個別銘柄

    デジバイトのチャートを分析!その特徴と将来性とは?
  2. 貯金方法

    夫婦の貯金口座は別々に分けるべき?驚くほどお金が貯まる貯金方法を解説
  3. 仮想通貨取引所情報

    ビットバンクはリップルの取引がおすすめ!手数料が無料へ
  4. 株式投資初心者おすすめ

    株式交換とは?メリットや株価が下がる仕組みを現役投資家が解説
  5. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨は儲かるの?7つの儲け方を一挙公開
PAGE TOP