仮想通貨の個別銘柄

大注目!仮想通貨ゴーレム(Golem)の実力と今後の展望とは

この記事では、今大注目の仮想通貨ゴーレム(Golem)についてご紹介していきます。

この記事を参考に、仮想通貨への理解を深めていただれば幸いです。

ゴーレムの分かりやすい解説


コンピュターの計算能力をシェアする

ゴーレムとは、コンピュターの余分な計算能力をシェアするプラットフォームのことをいいます。イーサリアム上に構築されたコンピュター同士を共有し、計算能力を貸し借りすることができるのです。

ゴーレムによって世界中のコンピューターをつなげ、スーパーコンピューターを作り出すことができるのです。

計算能力を提供する人(プロバイダー)

ゴーレムには計算能力を提供する人(プロバイダー)と、計算能力を購入する人(リクエスター)がいます。

プロバイダーは、所有するコンピューターの計算能力をリクエスターに提供することで、その貢献度に応じて報酬(GNT)を受け取ることできます。

プロバイダーとしては、使っていないコンピューターを有効活用できるメリットがあります。

計算能力を購入する人(リクエスター)

リクエスターは、プロバイダーからコンピューターの計算能力を借り、その対価としてGNTを支払います。

通常では莫大な時間がかかる演算処理も、ゴーレムネットワークで繋がったコンピューター同士で分散して処理を行うことで、効率的に実行することができます。

リクエスターとしては、所有するコンピューターの能力以上の、スーパーコンピューター並みの能力を使うことができるのです。

 

ゴーレムの今後の展望


世界を変える可能性がある

あなたももうお気付きの通り、もしもゴーレムのプロジェクトが実現した場合、世界を大きく変える可能性があります。

もはや個人でハイスペックなパソコンを持つ必要がなくなり、世界中のコンピューターが有効活用されることでしょう。

ゴレームプロジェクトが実現した未来が、楽しみで仕方ないですね。

実現のハードルは高い

ゴーレムプロジェクトは、実現すれば世界を変える可能性がありますが、そのハードルはかなり高いです。

世界中のコンピューターをつなげるという壮大なプロジェクトが実現するまでには、4年という長期間が設定されています。

今後のゴーレムの動きは、要チェックです。

海外の取引所で取引ができる

残念ながら、ゴーレムは国内の取引所では取引ができません。取引できるのは、poloniexやBittrexなどの海外の取引所のみです。

もしもゴーレムへの投資を検討されているのなら、一度国内の取引所で円をビットコインやイーサリアムに両替し、それを海外の取引所に送金して購入する必要があります。

 

ゴーレムのまとめ


ゴーレムは、まさに世界を変える可能性を秘めています。

ゴーレムは実需として利用される可能性が高いため、今後価値が上昇することが予想されます。

余剰資金の範囲で、投資を検討してみても面白いかもしれません。

(写真引用:ゴーレム公式HP https://golem.network)

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. ラップ口座のデメリットとは?手数料が高いのがネック
  2. IOTA(アイオータ)って何??仮想通貨IOTAのまとめ
  3. 【保存版】ETFのデメリットとメリットの解説
  4. 知っておきたい!外貨預金のメリット・デメリット
  5. フルローンとは?不動産投資ローンが危険ではない3つの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の種類からマイニング方法、税金はこれで完璧!稼ぐ全知識を解説
  2. 仮想通貨取引所情報

    ビットバンクはリップルの取引がおすすめ!手数料が無料へ
  3. 不動産所得・必要経費

    初心者でも分かる不動産所得の必要経費の基本
  4. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックの二段階認証を解説!設定方法・口座開設方法を理解しよう
  5. 特定口座・一般口座

    特定口座の源泉徴収あり・なしの違いと「あり」を選択した方がいい理由
PAGE TOP