外貨建てMMF・MRF

外貨建てMMFとは?投資に必要な基礎知識

「外貨建てMMF」、、、なかなか聞きなれない投資だと思います。

立ち位置としては、外貨預金とFXのちょうど中間に位置するイメージです。

外貨建てMMFとは何か?


そもそもMMFとは、Money Market Fund(マネー・マーケット・ファンド)の略です。

これは、主に公社債に投資する投資信託の一種です。

日本から海外のMMFに投資するので、外貨建てMMFと呼ばれています。

外貨建MMFは、通常の投資信託と同様、シンプルな投資ですので、比較的初心者でも始めやすい投資となっています。

 

外貨建てMMFの特徴


それでは、外貨建てMMFの特徴を順番に見ていきます。

元本保証なしだが比較的安全

外貨建てMMFは投資信託にあたりますので、元本が保証されていません。
よって市場が急落した場合、元本割れする可能性があります。

しかし、外貨建MMFの投資対象は、国債や優良企業の社債など格付けの高い公社債が中心で、安全性が比較的高いと言えます。

小額から始められる

投資信託ですので、月々1万円(各証券会社による)から少しずつ積立投資をすることができます。

まとまったお金がなく、少しずつ投資を行いたい場合に有効です。

買った翌日から解約できる

外貨建てMMFは、原則買った翌日から解約できます。
よって非常に換金しやすい特徴があります。

ですので、次の投資を探すまでの間、お金を一時的にプールしておくのにも有効かと思います。

 

気になる利益はどれぐらい??


外貨建てMMFは、その月の分配金(利益)を月末にまとめて元本に再投資します。

つまり、1カ月複利の商品です。

金利としては、主なものとして、

・米ドル建てMMF 0.1%~(2016年7月現在)
・ニュージーランドドル建てMMF 1.6%~

となっています。

外貨預金と比べて、金利が高いと言えます。

 

外貨建てMMFのコストは?


外貨建てMMFにも、コストが掛かります。

特に日本円と外貨の交換を行いますので、必然的に為替手数料が発生してきます。

コストについて、順番に見ていきましょう。

為替手数料

日本円と外貨を両替する際に、為替手数料が掛かります。
スプレッドとして徴収されます。

スプレッドとは、その通貨の「業者の買値」と「あなたの買値」の差のことを言います。

例えば、業者が円を1ドル=100円で仕入れたとします。

これをあなたに1ドル=101円で売ったとすると、差額の1円がスプレッドとなり、業者の儲けとなります。

管理報酬や投資顧問報酬等

投資信託ですので、運用期間中は管理報酬などが掛かります。

ですが、こういった費用は間接的にMMFから引かれるので、あなたが実際にこのコストを支払うことはありません。

 

外貨預金との違いは?


外貨建てMMFと外貨預金、結局どちらも同じような投資商品に見えます。

その主な違いとして、外貨建MMFは

・毎月少額から始められ
・利回りが高く
・為替手数料が安い

という利点があります。

外貨預金が元本保証があるので「ローリスク・ローリターン」、外貨建てMMFが元本保証がないので「ミドルリスク・ミドルリターン」と覚えておくと良いかもしれません。

 

外貨建てMMFのまとめ


以上、外貨建てMMFについて見てきました。

外貨建てMMFは、外貨預金と違い利回りも高く小額から始められるので、長期的に積立投資したい場合におすすめかなと思います。

個人的には、投資信託の分散投資の一環として外貨建てMMFを利用するのも面白いと思いました。

私は、将来的には外貨で資産を運用したいと考えています。

高利回りの商品に投資するまでの一時的な「資金の置き場」として外貨建てMMFを利用したいなと考えています。

外貨建てMMFは、色々な証券会社が取り扱っていますので、ぜひ多くの証券会社を比較して、自分が納得できる外貨建てMMFを見つけてください!

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. FXでは損切りが超重要!FXの基本を徹底解説
  2. その発想はなかった
  3. ETFのデメリットとは?知っておきたいETFの全知識
  4. 優良物件を見つけよう!オーナーチェンジ物件で投資を始める
  5. サラリーマン大家が失敗しない鉄則〜優良物件を購入する方法〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の個別銘柄

    アロハコインの上場はいつ?どうなる?最新上場情報を解説!
  2. 不動産の購入手続き

    不動産の媒介契約の種類とその特徴を分かりやすく解説
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    仮想通貨ネム(NEM/XEM)の今後と将来性は?特徴やチャートの動きを解説
  4. 貯金方法

    賢い貯金方法とは?銀行別の特徴を現役投資家が解説
  5. お金の管理方法

    老後の生活費は最低限どれぐらい?その内訳と豊かな老後を送る方法を解説
PAGE TOP