仮想通貨ニュース

イーサリアムのハードフォークが完了 メトロポリスへの期待高まる

イーサリアム(Ethereum)がハードフォークを実行

10月16日、イーサリアムがハードフォークを行いました。今回のハードフォークはByzantium(ビザンチウム)と呼ばれ、「メトロポリス」へと移行する第一段階目のハードフォークです。次にコンスタンティノープルというハードフォークを行うことで、イーサリアムは完全に「メトロポリス」へと移行します。

イーサリアムは、「フロンティア」→「ホームステッド」→「メトロポリス」→「セレニティ」の順で開発が行われます。ハードフォーク前のイーサリアムは「ホームステッド」の段階に位置しており、今回のハードフォークで「メトロポリス」へと移行を始めた運びとなります。

なお、今回のハードフォークにより、ビットコインのように新しいコインが誕生することはありません。また、ハードフォークに伴う不具合は今のところ確認されておりません。

 

今回のハードフォークで変わったこと

今回のハードフォークにより、イーサリアムに以下の変更が加えられました。

①匿名性の向上

仮想通貨Zcashの採用する匿名化技術「ゼロ知識証明」がイーサリアムに実装されました。これにより、取引関係者以外には取引内容が一切開示されないようになり、取引の匿名性が大幅に向上します。

②処理能力の向上

イーサリアムのブロックチェーンの不要なデータを削除することで、イーサリアムのネットーワーク負荷を軽減することが期待されています。これにより、取引速度の向上が見込まれます。

今回のハードフォークにより、イーサリアムの利便性はより向上しました。市場も今回のハードフォークを前向きに捉え、ETHはおよそ36,000円まで値を上げています。今後の価格上昇が期待されます。

 




【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 知っておきたい!外貨預金のメリット・デメリット
  2. 定期預金のメリットとデメリットのまとめ
  3. 株式投資で個人投資家が最低限知っておきたいこと
  4. 投資信託の分配金!知っておきたい投資信託のポイント
  5. 不動産投資信託(REIT)が抱えるリスクとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 貯金方法

    貯金方法のおすすめはこれだ!収入を増やす発想を持とう!
  2. NISA

    NISA(ニーサ)口座の5つのデメリットとメリットを生かした投資戦略を解説
  3. 仮想通貨取引所情報

    bitFlyerの入金方法と入金が遅い・反映されない時の対処方法
  4. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨のウォレットの仕組みとは?正しい保管方法を徹底
  5. ラップ口座・ファンドラップ

    ファンドラップと投資信託の違いとは?ラップ口座がおすすめできない理由
PAGE TOP