仮想通貨ニュース

イーサリアムのハードフォークが完了 メトロポリスへの期待高まる

イーサリアム(Ethereum)がハードフォークを実行

10月16日、イーサリアムがハードフォークを行いました。今回のハードフォークはByzantium(ビザンチウム)と呼ばれ、「メトロポリス」へと移行する第一段階目のハードフォークです。次にコンスタンティノープルというハードフォークを行うことで、イーサリアムは完全に「メトロポリス」へと移行します。

イーサリアムは、「フロンティア」→「ホームステッド」→「メトロポリス」→「セレニティ」の順で開発が行われます。ハードフォーク前のイーサリアムは「ホームステッド」の段階に位置しており、今回のハードフォークで「メトロポリス」へと移行を始めた運びとなります。

なお、今回のハードフォークにより、ビットコインのように新しいコインが誕生することはありません。また、ハードフォークに伴う不具合は今のところ確認されておりません。

 

今回のハードフォークで変わったこと

今回のハードフォークにより、イーサリアムに以下の変更が加えられました。

①匿名性の向上

仮想通貨Zcashの採用する匿名化技術「ゼロ知識証明」がイーサリアムに実装されました。これにより、取引関係者以外には取引内容が一切開示されないようになり、取引の匿名性が大幅に向上します。

②処理能力の向上

イーサリアムのブロックチェーンの不要なデータを削除することで、イーサリアムのネットーワーク負荷を軽減することが期待されています。これにより、取引速度の向上が見込まれます。

今回のハードフォークにより、イーサリアムの利便性はより向上しました。市場も今回のハードフォークを前向きに捉え、ETHはおよそ36,000円まで値を上げています。今後の価格上昇が期待されます。

 

仮想通貨リップルが高騰!カンファレンス「Swell」への期待が高まる前のページ

FXのレバレッジ10倍規制が行われるとどうなる?次のページ

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. これだけは知っておきたい!ミニ株投資の魅力とデメリット
  2. 株の空売りでの失敗は命取り。投資で失敗しないための超基本
  3. クラウドファンディングのメリットとデメリットとは?起業家・投資家目線で解説
  4. リップルは今度どうなる予想?リップルの基本情報のまとめ
  5. つみたてNISAにはデメリットがない。現行NISAとの違いは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. お金の管理方法

    老後に貯金がない事態を回避!現役時代からできることとは?
  2. 仮想通貨取引所情報

    ビットフライヤーの二段階認証と登録方法・本人確認方法をまとめて解説
  3. 仮想通貨取引所情報

    仮想通貨取引所の仕組みとは?現役投資家が取引の流れを解説
  4. 仮想通貨取引所情報

    Poloniex(ポロニエックス)の登録方法・ログイン方法・本人確認方法を解説!…
  5. 投資初心者向け

    【投資初心者向け】投資とは?簡単にわかりやすく現役投資家が解説してみた
PAGE TOP