仮想通貨ニュース

今年の11月、ビットコインでハードフォークが行われる可能性が浮上

ビットコインが11月にハードフォークを計画

今年の11月、ビットコインが再びハードフォーク(分裂)する可能性が出てきました。もしもハードフォークが行われれば、新しくビットコインゴールドというコインが誕生する予定です。

もともとビットコインは処理能力に課題があり、取引量の増大に伴い送金スピードが遅くなる問題がありました。11月に実施されるハードフォークによって、ビットコインのブロックサイズを1Mから2Mへ拡張し、処理能力の問題を克服する計画です。

ただ、実際にハードフォークが行われるかどうかは未定です。

というのも、8月のハードフォークの際、ビットコインキャッシュがすでに誕生しており、ブロックサイズが8Mまで拡張されているからです。ビットコインキャッシュがアルトコインであることを除けば、問題は解決しているのです。

また、ハードフォークを計画している開発陣の開発力に問題があるとも言われており、ハードフォークがまともに行えない可能性もあります。

以上のことから、ビットコインが11月に分裂するかどうかは、まだ微妙なところです。

今後の動向に注目したいところです。

ビットコイン価格は中国での騒動から回復

さて、ハードフォークの報道がある中でも、ビットコインの価格は安定しており、中国でのICO禁止や取引所閉鎖のニュースから完全に回復しました。

9月22日ごろからビットコインの価格は大幅に反発し、32万円台から49万円台まで値上がりしました。時価総額も、59億ドルから73億ドルへ増加しています。

市場データによると、中国から日本へビットコインの取引がシフトし、日本が世界のビットコイン取引量の54%を獲得するまでになっています。世界第2位のアメリカに2倍以上の差をつけています。

日本でこれほどまでにビットコインの取引量が増加したのは、日本政府による仮想通貨の合法化と、仮想通貨取引所の登録制度導入が考えられます。

今後、日本が仮想通貨市場をリードしていくことになりそうです。

 




【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. FXでは損切りが超重要!FXの基本を徹底解説
  2. 人のせいにする人ではなく、自分のせいにする人へ。
  3. 住宅ローンを組んでも賃貸できる?賃貸併用住宅にはメリットが盛りだくさん!
  4. インデックスファンドとは?その魅力と利益の上げ方とは
  5. 積立型の投資信託にはデメリットがある?積立投信の基礎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨取引所情報

    ビットフライヤーの二段階認証と登録方法をまとめて解説
  2. 仮想通貨取引所情報

    Poloniex(ポロニエックス)のログイン方法・登録方法を解説!
  3. 仮想通貨の始め方

    ビットコイン(Bitcoin)のマイニングソフトは何が一番おすすめ?
  4. ラップ口座・ファンドラップ

    ファンドラップと投資信託の違いとは?ラップ口座がおすすめできない理由
  5. 不動産投資の失敗・リスク

    サラリーマン大家が犯しがちな失敗事例とは?成功する方法を解説
PAGE TOP