仮想通貨ニュース

ICOが中国で禁止へ。仮想通貨の各国での対応はいかに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国はICOの禁止を発表

2017年9月、中国政府はICOを禁止する声明を発表しました。ICOによる金融詐欺は以前から問題視されてきましたが、ここにきて中国政府が正式に見解を示した形です。

ICOは経済や金融の秩序を著しく見出すものとして、中国政府が全面的に禁止を決定しました。この決定は即日有効であり、個人や企業を問わずICOを行ったり投資することは禁止され、すでにICOをしている場合には、トークンを回収する必要があります。

中国は仮想通貨大国であり、中国でICOが全面禁止されたことで、仮想通貨市場に多大なる影響をもたらしています。

例えば、9月頭まで55万円台をつけていたビットコインは、9月4日の中国のICO規制を受けて、一気に46万円台近くまで落ち込んでいます。また、仮想通貨市場の大半の仮想通貨も大幅に値下げしています。

アメリカやシンガポールはICOを規制する方向

中国政府のICO全面禁止の発表は、各国のICOに対する姿勢に影響を及ぼすと考えられます。

イーサリアムのDAOのハッキング事件を調査した米国証券取引委員会(SEC)は、一部トークンを規制の対象にすると決定し、取引所登録の義務化とSECの管轄に取引所を置く方向性を示しています。

SECの決定はアメリカ国内のみに限定されますが、SECの決定が世界各国に影響を与える可能性が高いです。

また、シンガポールにおいても、シンガポール金融管理局(MAS)が国内でのICO規制を明確にしており、今後規制が実行されることが決まっています。

ICOが全面禁止になるわけではない

世界中でICOの規制がかかるように思えますが、実はそうではありません。各国ともICOそのものを否定しているのではなく、ICOが犯罪や金融市場の混乱につながることを懸念しているのです。

実際、ICO規制を模索しているアメリカやシンガポール、中国でさえも、中央銀行による仮想通貨の発行を検討しています。

今後ICOに対して規制がかかることはあっても、それが完全に禁止になることはあまり考えにくいでしょう。今後の各国の動向が、気になるところです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. サラリーマン大家が失敗しない鉄則〜優良物件を購入する方法〜
  2. Jリートとは?投資初心者のための不動産投資信託
  3. 何をしても長続きしないあなたへ。ノウハウコレクターから脱却する方法
  4. 知っておきたい優良物件の探し方!中古マンション投資で失敗しないためのポイント
  5. このようにして資金を10倍に増やせます!ICO投資とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 株の注文方法

    株の成行注文とは?メリットだけでなく売買の仕組みも全て解説
  2. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックに入金が反映されない理由と正しい入金方法・対処方法は?
  3. お金の管理方法

    老後の生活費は最低限どれぐらい?その内訳と豊かな老後を送る方法を解説
  4. 仮想通貨取引所情報

    GMOコインの登録方法と口座開設方法は8ステップで完了!
  5. 最新投資ニュース

    スルガ銀行が経営破綻し倒産する可能性は?最悪のシナリオを想定してみた
PAGE TOP