仮想通貨ニュース

ビットコインは詐欺と発言したJPモルガンCEO、また失言。相場操縦の疑いも

JPモルガンCEOがまた問題発言

米大手金融機関JPモルガンのCEOジェームズ・ダイモン氏が、また世界の注目を集める発言をしました。

CNBCのインタビューの際、同CEOは「ビットコインの人気が高まれば高まるほど、政府が廃止に向けて動きだす」と答えました。

9月初頭、同CEOは「ビットコインは詐欺」と発言してビットコイン相場が急落したばかり。この発言を受け、同CEOはEUの規制に違反したということですでに訴えられています。

ここにきて、また今回のような強硬な発言が行われました。

ビットコインの支援者は反発

同CEOは、前回の「ビットコンは詐欺」発言からさらに追い討ちをかけ、ビットコインは無価値なところから生まれたものであり、やがては消えて無くなるバブルであると発言しました。

同CEOの発言は、ビットコインが法定通貨のように政府の管理下に置かれていないことに根ざした発言です。厳しい規制が設けられることなく、大量の資金が渦巻いていることに警告を発したのです。

同CEOの発言に対して、ビットコイン支援者は一斉に反発を強めています。金融業界に絶大な影響力を持つ同氏の発言により、ビットコインの普及が妨げられかねないからです。

実際、ブロックチェーンスタートアップBlockswaterは、同CEOの発言がEUの市場乱用行為規制第12条に違反しているということで、訴えを起こしています。

 

JPモルガンには相場操縦の可能性も浮上

波紋を呼んでいるJPモルガンですが、ここにきて同社が大量のビットコインを購入しているという報道も出ています。

Twitterに投稿された同社の取引データがソースのようですが、仮にこの情報が正しいとするなら、大問題です。

また、同CEOの娘が個人的にビットコインを購入しているという情報もあります。

同CEOを巡る一連の騒動の解決は、もう少し長引きそうです。

 

仮想通貨取引所の最新ニュース – 韓国取引所Korbitが買収される前のページ

今年の11月、ビットコインでハードフォークが行われる可能性が浮上次のページ

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. マンション投資のメリットとデメリット!不労所得を得る具体的な方法とは?
  2. 損しないために!不動産所得で計上できる必要経費の基本
  3. 資産運用するなら新興国向けの投資信託で決定!新興国ファンドの基礎
  4. 知っておきたい金投資のデメリットと金ETFとは
  5. 株式投資の始め方!株の注文方法から選び方まで徹底解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の個別銘柄

    リップルの価格推移のまとめ!リップルの将来性は?
  2. 仮想通貨取引所情報

    世界最大の取引所Binance(バイナンス)の登録方法と二段階認証方法
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    デジバイトのチャートを分析!その特徴と将来性とは?
  4. 特定口座・一般口座

    特定口座の源泉徴収あり・なしの違いと「あり」を選択した方がいい理由
  5. 仮想通貨取引所情報

    ビットバンクの登録方法と二段階認証の方法を解説
PAGE TOP