仮想通貨ニュース

ビットコインは詐欺と発言したJPモルガンCEO、また失言。相場操縦の疑いも

JPモルガンCEOがまた問題発言

米大手金融機関JPモルガンのCEOジェームズ・ダイモン氏が、また世界の注目を集める発言をしました。

CNBCのインタビューの際、同CEOは「ビットコインの人気が高まれば高まるほど、政府が廃止に向けて動きだす」と答えました。

9月初頭、同CEOは「ビットコインは詐欺」と発言してビットコイン相場が急落したばかり。この発言を受け、同CEOはEUの規制に違反したということですでに訴えられています。

ここにきて、また今回のような強硬な発言が行われました。

ビットコインの支援者は反発

同CEOは、前回の「ビットコンは詐欺」発言からさらに追い討ちをかけ、ビットコインは無価値なところから生まれたものであり、やがては消えて無くなるバブルであると発言しました。

同CEOの発言は、ビットコインが法定通貨のように政府の管理下に置かれていないことに根ざした発言です。厳しい規制が設けられることなく、大量の資金が渦巻いていることに警告を発したのです。

同CEOの発言に対して、ビットコイン支援者は一斉に反発を強めています。金融業界に絶大な影響力を持つ同氏の発言により、ビットコインの普及が妨げられかねないからです。

実際、ブロックチェーンスタートアップBlockswaterは、同CEOの発言がEUの市場乱用行為規制第12条に違反しているということで、訴えを起こしています。

 

JPモルガンには相場操縦の可能性も浮上

波紋を呼んでいるJPモルガンですが、ここにきて同社が大量のビットコインを購入しているという報道も出ています。

Twitterに投稿された同社の取引データがソースのようですが、仮にこの情報が正しいとするなら、大問題です。

また、同CEOの娘が個人的にビットコインを購入しているという情報もあります。

同CEOを巡る一連の騒動の解決は、もう少し長引きそうです。

 

 

【期間限定】無料プレゼントを配布中!





投資初心者の方は必見!





ピックアップ記事

  1. FXのスワップポイントで生活できる?FX初心者が知っておきたいこと
  2. 人のために、見返り求めないで行動する
  3. 人生に迷ったら、ひとり旅がおすすめです
  4. 資産運用するなら新興国向けの投資信託で決定!新興国ファンドの基礎
  5. 相手を大切に思う気持ちを持ちましょう!

カテゴリー

おすすめの記事

  1. お金の管理方法

    老後に貯金がない事態を回避!現役時代からできることとは?
  2. 外国債券

    外国債券への投資はなぜおすすめできる?基本をわかりやすく解説
  3. NISA

    NISA(ニーサ)口座の8つのデメリットとメリットを生かした投資戦略を解説
  4. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックの二段階認証を解説!設定方法・口座開設方法を理解しよう
  5. 最新投資ニュース

    スルガ銀行が経営破綻する可能性は?最悪のシナリオを想定してみた
PAGE TOP