仮想通貨ニュース

仮想通貨ICO情報:メッセージアプリKIKがICOで1億ドルを調達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージアプリKIKがICOで1億ドルを調達

カナダにあるメッセージアプリ運営会社KIKがICOを実施し、およそ1億ドルを調達したことが明らかになりました。

発表によると、世界117カ国、1万人もの人々から1億ドルの資金を調達しました。ただ、そのうち5,000万ドル以上は、プレセール中に大口企業から集めた資金です。一般の方からの調達額は、4,900万ドルほどとなっています。

KIKのICOでは、メッセージアプリ内で利用できる「kin」と呼ばれるトークンが発行されました。このトークンはすぐにアプリ内で利用可能で、アプリ内での決済通貨として使用されます。

KIKは2009年に設立され、KIKメッセンジャーには300万人以上の登録ユーザーがいます。その登録ユーザーの多くが若者で、10代のアメリカ人のおよそ4割が使用していると言われています。

こういった若いユーザーは仮想通貨に対する抵抗が少ないため、仮想通貨Kinは受け入れやすいと言えるでしょう。

なお、KIKの創業者の話によると、ICOで調達した資金を元に、インターネットサービスなどの拡充に努める意向です。

 

ICO市場は急拡大している

ICO市場は、世界中で爆発的に成長しています。ICOは2017年から急速に拡大し、今年だけですでに18億ドル以上の資金が調達されています。

ICOを利用すれば、従来のようなベンチャー・キャピタルやIPOを利用した資金調達とは違い、瞬時に数百万ドルの資金を調達することが可能です。

日本でもICOは注目されており、COMSAという新しいICOプラットフォームがスタートする予定です。

ただし、ICOには追い風ばかりではないようです。ICOの急成長に対して、各国の法整備が進んでいないのが現状です。実際、中国ではICOを利用した詐欺などが頻発したため、ICO全面禁止を決定したほどです。

ICOに対する早急な法整備が求められます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ご存知ですか?外貨預金のメリット・デメリットと税金
  2. 不動産投資の基本!不動産購入時にかかる諸経費は?
  3. サラリーマン投資家が知っておくべき投資の心構え
  4. いま大注目のCOMSA(コムサ)とは – COMSAを徹底解説
  5. 【保存版】ETFのデメリットとメリットの解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 貯金方法

    子供の貯金・貯蓄はいくらあればいいの?正しい貯金方法を解説
  2. 仮想通貨の個別銘柄

    リップルの価格推移のまとめ!リップルの将来性は?
  3. ジュニアNISA

    ジュニアNISAのデメリットとは?正しい運用方法を解説
  4. 株式投資の失敗事例

    株式投資で失敗して大損・借金ができるって本当?損失のカラクリを解説
  5. 仮想通貨の個別銘柄

    ビットコインとイーサリアムの違いは?今後を大胆予測!
PAGE TOP