仮想通貨ニュース

仮想通貨ICO情報:メッセージアプリKIKがICOで1億ドルを調達

メッセージアプリKIKがICOで1億ドルを調達

カナダにあるメッセージアプリ運営会社KIKがICOを実施し、およそ1億ドルを調達したことが明らかになりました。

発表によると、世界117カ国、1万人もの人々から1億ドルの資金を調達しました。ただ、そのうち5,000万ドル以上は、プレセール中に大口企業から集めた資金です。一般の方からの調達額は、4,900万ドルほどとなっています。

KIKのICOでは、メッセージアプリ内で利用できる「kin」と呼ばれるトークンが発行されました。このトークンはすぐにアプリ内で利用可能で、アプリ内での決済通貨として使用されます。

KIKは2009年に設立され、KIKメッセンジャーには300万人以上の登録ユーザーがいます。その登録ユーザーの多くが若者で、10代のアメリカ人のおよそ4割が使用していると言われています。

こういった若いユーザーは仮想通貨に対する抵抗が少ないため、仮想通貨Kinは受け入れやすいと言えるでしょう。

なお、KIKの創業者の話によると、ICOで調達した資金を元に、インターネットサービスなどの拡充に努める意向です。

 

ICO市場は急拡大している

ICO市場は、世界中で爆発的に成長しています。ICOは2017年から急速に拡大し、今年だけですでに18億ドル以上の資金が調達されています。

ICOを利用すれば、従来のようなベンチャー・キャピタルやIPOを利用した資金調達とは違い、瞬時に数百万ドルの資金を調達することが可能です。

日本でもICOは注目されており、COMSAという新しいICOプラットフォームがスタートする予定です。

ただし、ICOには追い風ばかりではないようです。ICOの急成長に対して、各国の法整備が進んでいないのが現状です。実際、中国ではICOを利用した詐欺などが頻発したため、ICO全面禁止を決定したほどです。

ICOに対する早急な法整備が求められます。

 

 

【期間限定】無料プレゼントを配布中!





投資初心者の方は必見!





ピックアップ記事

  1. 優良物件選びの基準!最高の収益物件の見つけ方
  2. FXのロスカットとは?FX初心者が知っておきたい基礎知識
  3. 高利回りな優良物件を見つける方法とは?不動産投資の基礎
  4. ビットコインが順調に値上がり中!ビットコインをわかりやすく解説!
  5. 投資信託で失敗しないための交付目論見書の見方を解説

カテゴリー

おすすめの記事

  1. NISA

    NISA(ニーサ)口座のデメリット8つとメリットを生かした投資戦略とは
  2. 貯金方法

    夫婦の貯金口座は別々に分けるべき?驚くほどお金が貯まる貯金方法を解説
  3. 仮想通貨取引所情報

    DMMビットコインの登録方法と使い方を8ステップで解説
  4. 外国債券

    外国債券の5つのリスクとは?海外債券のメリットと投資方法を解説
  5. 不動産の購入手続き

    不動産の媒介契約の種類とその特徴を分かりやすく解説
PAGE TOP