マイホーム

マイ ホーム特例とは?家を売却する際の不動産会社の選び方

せっかく念願のマイホームを購入しても、やむを得ない理由で売却を余儀なくされることもあります。そんな時は、すこしでも高い値段で家を売却したいですよね。

そこで今回は、家を売る方法について分かりやすく解説しました。あなたが家を売る際の参考にして頂ければと思います。

家の売却とは?


家を売却すると簡単に言っても、家の売却が完了するまでに様々なステップを踏む必要があります。こちらでは、家を売却する際の基本的なことをご紹介したいと思います。

家の売却とは

家の売却とは、文字どおり家を売却することです。せっかく新築のマイホームを手に入れても、家を売却する時には「中古住宅」として売却することになります。家を買う時には、ついつい自分の好みを羅列して、それに合ったものを購入してしまいます。しかし、いざ家を売却するとなると、立地が悪かったり問題点があると、売却時に不利に働く可能性があります。

家を購入する際には、一生住むつもりではなく、将来売却する可能性も視野に入れておくことも大切です。

家の売却方法

家を売却するには、不動産会社に売却を依頼する必要があります。中古住宅を扱う業者はたくさんあり、どの業者に頼むか非常に悩んでしまいます。通常、査定だけは無料の業者が多いですので、複数社に査定をお願いし、査定額や営業力などを基準に業者を選ぶといいでしょう。

仲介手数料

家の売却を不動産会社に頼むと、仲介手数料が掛かります。この仲介手数料は厳密にいうと細かい計算が必要ですが、一般的には「家の売買価格×3%+6万円」といわれています。仮に2,000万円の物件を売却した場合、66万円ほどの仲介手数料を取られることになります。ただし、このほかにも契約書に貼る印紙代、抵当権の抹消登記費用、住宅ローンの返済費用、そして税金などが掛かります。売買価格からこれらの費用を引いて手元に残ったものが、利益としてあなたの財布に入ることになります。

 

業者の選び方


KMIMG_9360_TP_V

家を売却する際には、業者選びが重要です。こちらで、業者を選ぶ方法について簡単にご紹介します。

担当者の対応がいい

業者を選ぶ際に大切なのが、売主の立場に立って対応してくれる業者を探すことです。家が売れるまではその担当者と何回も顔を合わせることになりますから、気持ちよく対面できる人を選ぶ必要があります。そのため、複数の業者に売却の相談を持ちかけ、その中で最も対応が良かった業者を選ぶのがいいでしょう。

免許番号を確認する

不動産業をするには免許が必要です。仲介業者の中には無免許で営業しているところもありますので、免許番号があるか確認するようにしましょう。また、この免許番号は免許を更新する度に増えていきますので、免許番号後ろのカッコの数字が多い業者ほど、営業年数が長く、経験豊富で信頼感があるといえます。

業界団体に加盟している

仲介業者が業界団体に加盟していると、万が一のトラブルがあった場合、業界団体の苦情窓口に相談できるため安心感があります。例えば、社団法人全日本不動産協会、社団法人不動産協会などがあります。

 

家を売却する際に知っておきたいこと


こちらでは、家を売却する際に知っておきたいことをご紹介します。

一般媒介契約

家を売却する際には、仲介業者と媒介契約を結ぶ必要があります。その中でも、一般媒介契約は複数の業者に売買の仲介をお願いできますので、物件情報が購入希望者の目に触れる機会が増えるメリットがあります。また、自分で家の購入者を見つけてきてもいいので、この場合には仲介手数料が掛からないため、出費を減らすことができます。

しかし、一般媒介契約で物件を売却する場合、仲介業者の熱意が低くなり、後述する専任媒介契約よりも物件が売れにくくなる可能性が高くなります。

専任媒介契約、専任専属媒介契約

これらの媒介契約の場合、仲介業者を一社に絞って売却をお願いすることになります。メリットとしては、仲介業者が積極的に販売活動を行ってくれることです。一般媒介契約の場合、その物件を扱う業者が複数となるため、必ずしも自社で契約が成立するとは限りません。もしも他社で契約が成立してしまった場合、それまでの宣伝費などが全て無駄となってしまうリスクがあります。一方、専任媒介契約、専任専属媒介契約の場合、コストを掛けても売買が成立すれば自社の売り上げにつながる可能性が高くなりますから、業者も積極的に営業活動を進めてくれます。

家の売却価格の相場を事前に知っておく

家を売却する前には、自分の家の相場を把握しておくことが大切です。事前に相場を知っておけば、極端に査定額を高く見積もる業者や、逆に低く見積もる業者を見極めることができます。相場通りの見積もりを出してくれる信頼の置ける業者を選ぶことが大切です。

家の第一印象を良くする

家の第一印象というのは大切なことです。現在は新築住宅が中古住宅並みの価格で購入できる時代ですので、家を綺麗にしておかないといつまでも買い手が現れない可能性があります。

第一印象を良くするには、例えば庭を綺麗に剪定したり、不要なものを片付けておいたりすることが大切です。また、トイレ、お風呂、キッチンなどの水周りも綺麗にしておくと、印象が良くなります。

 

売却の流れ


こちらでは、実際に家を売却するまでの流れをご紹介したいと思います。

数社に見積もりをお願いする

まずは数社の仲介業者に家の見積もりに来てもらいます。この時が担当者と顔を合わせる最初のタイミングです。この時には見積額を見ることも大切ですが、今後毎日のように顔を合わせる担当者との相性を確認しておくことも大切です。

仲介業者を決める

仲介業者から見積もりを出してもらったら、どこの業者に仲介をお願いするか決めます。専任媒介契約、専任専属媒介契約をする場合には1社に、一般媒介契約を結ぶ場合には数社を選ぶ必要があります。

新しい住居を探す

家を売却する際には、自分が次に住む住居もあらかじめ探しておく必要があります。ただし、家の売却が予定通りスムーズに行われるとは限りませんので、売却が決まるギリギリまでは家にとどまる選択肢もあります。2重に家賃を負担することが苦でないのなら、早めに引越しをして家の中を綺麗にクリーニングしておけば、内見客の印象もいいでしょう。

内見対応をする

物件の仲介をお願いすると、物件の下見をしたい人がちょくちょく内見に来ます。内見をする人にいい印象を与えられるように、家は綺麗な状態に保つようにしましょう。

購入者が決まったら手続きする

内見の結果、購入者が決まったら、売却の手続きをします。煩わしい手続きは全て仲介業者が済ませてくれるので、必要最低限の作業をすれば事が足ります。

 

まとめ


ここまで、家の売却にテーマを絞ってご紹介してきました。

できればマイホームは売りたくはないですが、いつ急に家を手放すことになるか分かりません。売却する際には、せめて売却額と住宅ローンの残債、諸費用がトントンぐらいにはなりたいものです。

家を売却する際には、事前に情報収集することを忘れずに行いましょう。

ピックアップ記事

  1. 【不労所得の作り方】マンション経営で家賃収入を得よう!
  2. ETFのデメリットとは?知っておきたいETFの全知識
  3. 個人年金保険のメリット・デメリットと基本的な仕組みについて
  4. 睡眠について考えたこと
  5. 投資信託のデメリットとは?初心者が失敗しない投資信託の選び方

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 不動産投資ローン

    不動産投資は頭金なしで始められる!フルローンで気をつけるべきことは?
  2. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックの手数料は高いので要注意!どう気をつければいい?
  3. 仮想通貨取引所情報

    ビットフライヤーの二段階認証と登録方法・本人確認方法をまとめて解説
  4. ジュニアNISA

    ジュニアNISAのデメリットとは?正しい運用方法を解説
  5. お金の管理方法

    老後に貯金がない事態を回避!現役時代からできることとは?
PAGE TOP