投資の基礎知識

アロハコインは詐欺じゃない!ホワイトペーパーで上場も確定!

あなたはアロハコインというものをご存知でしょうか?

アロハコインは、その名の通り「ハワイ」で使えるコインのこといいます。

アロハコインは詐欺なんてよく言われますが、ホワイトペーパーも存在する列記とした仮想通貨です。

アロハコインには、他の仮想通貨にはない独自の特徴があるため、今回この記事で取り上げてみました。

【この記事は、過去に書かれた記事を2018年5月5日に加筆修正したものです。】

アロハコインとは

仮想通貨の一種

アロハコインとは仮想通貨の一種です。通常の仮想通貨と同様、ブロックチェーン技術を使った仮想通貨です。マイニングによってアロハコインを手に入れることもできます。

ですが、アロハコインには、他の仮想通貨にはない独自の特徴を備えています。

仮想通貨なのに基軸通貨!

アロハコインの一番の特徴が、仮想通貨にもかかわらず、ランド・オブ・アロハという国の基軸通貨として使われていることです。

本来形のないはずの仮想通貨が法定通貨として使われるという、前代未聞の仮想通貨なのです。

例えるならば、日本円がそのまま仮想通貨になったようなものです。普通の仮想通貨は、法定通貨からは少し遠い存在のように感じられますが、アロハコインは列記とした法定通貨なのです。

ランド・オブ・アロハとは?

ここまでお読みになった人は、一つ疑問を持つことでしょう。

「ランド・オブ・アロハ」とは一体どこの国なのでしょう??

ランド・オブ・アロハとは、ハワイにある独立主権国家です。場所はオアフ島のワイキキ近くにあるワイマナロ地区です。

もともとハワイはアメリカに侵略されてアメリカの一部となりましたが、実は1993年にクリントン大統領の元でワイマナロ地区が自治権を確立していたのです。

そして、そのランド・オブ・アロハで使われている通貨がアロハコインなのです。

完全なる基軸通貨

アロハコインは、アメリカ政府が新規通貨発行権を承認した基軸通貨です。つまり、アメリカ政府の後ろ盾がある仮想通貨なのです。

しかも、単なる通貨ではなく、集まった資金を元手に銀行を作ったり、ネイティブハワイアンの自立支援をしたり、社会貢献にもつながる通貨なのです。

アロハコインのまとめ

今回は、仮想通貨の中でも独自の特徴を持っているアロハコインについて解説してきました。

一国家の基軸通貨として利用されているアロハコインは、今後の動向から目が離せないことでしょう。

ただし、残念ながらアロハコインを取り扱っている取引所はまだ一つしかありません。

今後、様々な取引所で扱われるようになったら、アロハコインの価値は上昇するかもしれませんね。

アロハコインに興味がある方は、この記事も読んで見てくださいね。↓

詐欺はウソ!仮想通貨アロハコインの基本からマイニング方法まで解説

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!




【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 適度な運動でストレスを発散する方法
  2. ビットコインが順調に値上がり中!ビットコインをわかりやすく解説!
  3. オーバーローンとは?不動産投資ローンで知っておきたい基礎知識
  4. 不労所得の作り方!中古ワンルームマンション投資とは一体どんな投資??
  5. 資産運用するなら新興国向けの投資信託で決定!新興国ファンドの基礎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    貸株には4つのデメリットがある!どんな制度なの?
  2. 投資の基礎知識

    金の投資は儲かるの?金投資の基本を分かりやすく解説
  3. 不動産投資

    スルガ銀行が経営破綻する可能性は?最悪のシナリオを想定してみた
  4. 投資の基礎知識

    投資信託の失敗談と成功するために知っておきたい投資の基本
  5. 投資の基礎知識

    コインチェックの二段階認証を解説!設定方法・口座開設方法を理解しよう
PAGE TOP