仮想通貨ニュース

ブロックチェーンを使った技術でIBMと中国建設銀行が提携

中国建設銀行がIBMとブロックチェーン技術で提携

世界第2位の総資産額を誇る中国建設銀行は、IBMと提携し、香港におけるリテール業務においてブロックチェーン技術を使ったプラットフォームを導入する構えです。今回ブロックチェーン技術を導入するのは、銀行と保険会社との間の顧客情報を連携するシステム上においてです。

銀行窓口では、保険商品を顧客に販売することで、銀行業務以外の利益を確保する動きがあります。保険会社としても新規顧客を獲得することができるため、銀行窓口における保険販売業務は、拡大の一途をたどっています。

とことが、顧客情報を銀行と保険会社との間で連携させる際、うまく情報が連携できなかったり、余分なチェック作業が必要となる問題がありました。

この問題を解決するために、IBMと中国建設銀行はブロックチェーン技術を用いたプラットフォーム開発に乗り出したのです。ブロックチェーン技術を用いて顧客情報を管理することで、保険処理業務にかかる時間と手間を大幅に削減することが期待されます。

ブロックチェーン技術を用いたこのプラットフォームはテスト段階ですが、この実証実験が無事成功すれば、今後様々な保険会社と銀行間で活用されることになるでしょう。

 

仮想通貨には様々な可能性がある

仮想通貨は、単なる決済手段としての機能の他に、ブロックチェーンを技術を用いて様々なことを行うことが可能です。

例えば、イーサリアムのスマートコントラクトを利用すれば、契約をオンライン上で行えるようになり、分散化技術によってその正確性が完全に保証されるようになります。

今回のプラットフォームも、ブロックチェーンを使った先進的な取り組みの一つと言えます。

今後、仮想通貨は私たちの日常生活にどんどん浸透してくることでしょう。仮想通貨の動向には要注目です。

 

【最新情報】日本の金融庁が10月よりビットコイン取引所を監督することに前のページ

仮想通貨の最新ニュース!ウルグアイが仮想通貨の発行を検討次のページ

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 株の銘柄の正しい選び方!初心者は必ず守ろう!
  2. すぐに分かる!投資信託の始め方と証券会社の選び方
  3. 不動産投資で不労所得を得る方法!毎月100万円得るにはいくら投資が必要?
  4. 気をつけたい!区分ワンルームマンション投資のリスクとは?
  5. 競売物件へ投資する際のリスクと注意点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の個別銘柄

    モナーコインのチャートは長期的にどうなる?半減期の影響は?
  2. 仮想通貨取引所情報

    Zaif(ザイフ)の口座開設方法・登録方法をわかりやすく解説
  3. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックの二段階認証を解説!設定方法・口座開設方法を理解しよう
  4. 仮想通貨の個別銘柄

    モナコインはどこまで上がる?今後の将来性を大胆予測!
  5. 仮想通貨取引所情報

    ビットバンクの登録方法と二段階認証の方法を解説
PAGE TOP