仮想通貨ニュース

「ビットコインは詐欺」発言のJPモルガンCEO、訴えられる

JPモルガンCEOが相場操縦で訴えられる

「ビットコインは詐欺である」と発言した米大手銀行JPモルガンCEOダイモン氏が、EUの定める市場乱用規制第12条に違反しているということで訴えられました。同12条によると、虚偽や誤解を生じさせる情報を流布させ、市場を操縦することが禁止されています。

この訴えは、ブロックチェーンスタートアップ企業であるBlockswaterが同氏を訴えたものです。Blockswaterの発表によると、同氏の発言により、ビットコインそのものの評価だけでなく、多数の新興企業が損害を被ったとのことです。

さらに、JPモルガンの取引会社でビットコインのデリバティブ取引を行なっていたことから、相場を意図的に操作した疑いがあるとも言われています。

ただし、JPモルガンの広報担当者の発表によると、今回の発言は相場操縦には当たらないとのことです。JPモルガン側でビットコインを購入したわけではなく、たまたまビットコインを購入した顧客がいただけとのことです。

 

CEOの発言でビットコイン相場は大幅に下落

もともと同CEOは9月初頭に行われた投資家会議の席上で、「ビットコインは詐欺であり、続いていかない」と発言しました。また、「自社のトレーダーが仮想通貨を取引していたら即解雇する」とも発言しています。

金融業界に非常に大きな影響力を持つ同CEOの発言を受け、ビットコインの価格は10%以上も値下がりしました。さらに、この発言と同時期に中国での仮想通貨規制の報道もあり、ビットコイン相場は急落しています。

9月後半になって、ビットコインの価格もだいぶ持ち直してきましたが、影響力のある同CEOの発言によって、ビットコインに対する評判がかなり下がったと考えられます。

今後、同CEOに対してどのような対応がなされるのか、注目したいところです。

 

マレーシア政府が仮想通貨の規制ガイドラインを設け、合法化の方向へ前のページ

【最新情報】日本の金融庁が10月よりビットコイン取引所を監督することに次のページ

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 不動産投資で不労所得を得る方法!毎月100万円得るにはいくら投資が必要?
  2. 株で勝つなら銘柄の選び方が重要!株式投資の基本
  3. 不労所得の作り方!中古ワンルームマンション投資とは一体どんな投資??
  4. フルローンとは?不動産投資ローンが危険ではない3つの理由
  5. FXでは損切りが超重要!FXの基本を徹底解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 節税方法

    節税はもはや常識!個人でもできるサラリーマンの節税方法とは?
  2. 仮想通貨取引所情報

    ビットバンクはリップルの取引がおすすめ!手数料が無料へ
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    リップルの価格推移のまとめ!リップルの将来性は?
  4. 不動産所得・必要経費

    初心者でも分かる不動産所得の必要経費の基本
  5. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックの手数料は高いので要注意!どう気をつければいい?
PAGE TOP