仮想通貨ニュース

「ビットコインは詐欺」発言のJPモルガンCEO、訴えられる

JPモルガンCEOが相場操縦で訴えられる

「ビットコインは詐欺である」と発言した米大手銀行JPモルガンCEOダイモン氏が、EUの定める市場乱用規制第12条に違反しているということで訴えられました。同12条によると、虚偽や誤解を生じさせる情報を流布させ、市場を操縦することが禁止されています。

この訴えは、ブロックチェーンスタートアップ企業であるBlockswaterが同氏を訴えたものです。Blockswaterの発表によると、同氏の発言により、ビットコインそのものの評価だけでなく、多数の新興企業が損害を被ったとのことです。

さらに、JPモルガンの取引会社でビットコインのデリバティブ取引を行なっていたことから、相場を意図的に操作した疑いがあるとも言われています。

ただし、JPモルガンの広報担当者の発表によると、今回の発言は相場操縦には当たらないとのことです。JPモルガン側でビットコインを購入したわけではなく、たまたまビットコインを購入した顧客がいただけとのことです。

 

CEOの発言でビットコイン相場は大幅に下落

もともと同CEOは9月初頭に行われた投資家会議の席上で、「ビットコインは詐欺であり、続いていかない」と発言しました。また、「自社のトレーダーが仮想通貨を取引していたら即解雇する」とも発言しています。

金融業界に非常に大きな影響力を持つ同CEOの発言を受け、ビットコインの価格は10%以上も値下がりしました。さらに、この発言と同時期に中国での仮想通貨規制の報道もあり、ビットコイン相場は急落しています。

9月後半になって、ビットコインの価格もだいぶ持ち直してきましたが、影響力のある同CEOの発言によって、ビットコインに対する評判がかなり下がったと考えられます。

今後、同CEOに対してどのような対応がなされるのか、注目したいところです。

 

マレーシア政府が仮想通貨の規制ガイドラインを設け、合法化の方向へ前のページ

【最新情報】日本の金融庁が10月よりビットコイン取引所を監督することに次のページ

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 知らないと損する一人暮らしの部屋探しのコツ!最高の物件を見つけよう!
  2. 高利回りが魅力のハイイールド債の真のリスクとは?
  3. 投資用ワンルームマンションとは??不動産投資の基礎知識を解説
  4. 株のクロス取引を利用して株主優待をお得にもらう方法
  5. 損しないために!不動産所得で計上できる必要経費の基本

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 貯金方法

    子供の預金口座を用意しよう!始めるタイミングやポイントは?
  2. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのスマートコントラクトの仕組みとは?世界を変える一大技術を解説
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    エイダコイン(ADA)の将来性と価格が今後何倍になるかを徹底検証!
  4. 仮想通貨の個別銘柄

    モナコインはどこまで上がる?今後の将来性を大胆予測!
  5. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の種類からマイニング方法、税金はこれで完璧!稼ぐ全知識を解説
PAGE TOP