投資信託初心者おすすめ

ファミリーファンド方式って一体なに??基本から解説します。

あなたは投資信託を調べていて、「ファミリーファンド方式」というものを目にすることがありませんか?

実は、意外と多くの投資信託が、このファミリーファンド方式を採用しています。

私の保有している投資信託にも、ファミリーファンド方式のものが少なからず含まれています。

ということで、今回はファミリーファンド方式について説明したいと思います。

ファミリーファンド方式への理解を深め、色々な投資信託を探してみましょう!

ファミリーファンド方式の基礎知識


ファミリーファンド方式説明を始める前に、まずはその構成要素である「ベビーファンド」と「マザーファンド」について見ていきたいと思います。

この2つのファンドがあって、初めてファミリーファンド方式が成り立ちます。

ベビーファンドとは?

ベビーファンドという言葉を初めて聞いた人もいるかもしれません。

ベビーファンドとは、株式や債券などに直接投資したり、運用したりせず、マザーファンドと呼ばれるファンドに投資するだけのファンドです。

あなたが直接買うことができるのは、このベビーファンドになります。

マザーファンドとは

マザーファンドとは、ベビーファンドから集めた資金を元に、実際に株式や債券に投資するファンドのことを言います。

直接あなたが、このマザーファンドを購入することはできません。

ファミリーファンド方式とは

以上、ベビーファンドとマザーファンドについて見てきましたが、ここから、ファミリーファンド方式が理解できます。

つまり、ファミリーファンド方式とは、複数のベビーファンドからの資金を、まとめてマザーファンドに投資し、マザーファンドで実際に株式や債券の投資・運用をする方式を言います。

ファミリーファンド方式の場合、あなたが購入するのはあくまでベビーファンドの方ですが、マザーファンドの運用成果をそのまま受け取ることができます。

 

ファミリーファンド方式のメリット


ファミリーファンド方式は、一見すると間にベビーファンドが入る分、無駄がありそうに思えます。

しかし、実際は多くのメリットがあります。

より多くの資金で運用できる

ファミリーファンド方式の投資信託は、複数のベビーファンドの資金をマザーファンドに集めることができますので、規模のメリットを活かすことができます。

投資資金を一つにまとめることで、売買コストを削減することが望まれたり、小額では投資できないような金融商品にも投資することができます。

運用管理の効率化になる

複数の投資信託を運用している投資信託会社の場合、一つひとつのファンドごとに株式や債券の銘柄選択をしていては、効率が悪くなります。

むしろ、国内株式型マザーファンドや外国債券型マザーファンドを一つ作り、それでまとめて運用したほうが、個別に運用するよりも効率が良くなります。

あなたは二重に費用を払わない

あなたは、マザーファンドとベビーファンド、二重に信託報酬の手数料を支払う必要があると思っていませんか?

実は、そんなことはありません。

ファミリーファンド方式では、ベビーファンドが購入するのは、同じ投資信託会社のマザーファンドのみです。

よって、信託報酬はベビーファンド分だけ支払えばいいのです。

 

まとめ


ここまで、ファミリーファンド方式について見てきました。

ファミリーファンド方式は、デメリットよりもむしろ、メリットがある投資信託方式なのです。

もしも、あなたが投資信託を探していてファミリーファンド方式に遭遇しても、特に怖がる必要はないようです。

ですが、自分の投資するベビーファンドが、どのマザーファンドに投資をするのかは、きちんと理解している必要があります。

自分がきちんと納得してから、投資信託を選ぶようにしましょう!

 

【期間限定】無料プレゼントを配布中!





投資初心者の方は必見!





ピックアップ記事

  1. 資産管理会社を設立するメリットは4つ!節税するなら法人化を!
  2. ETNとは – ETFとの違い、メリット・デメリットを解説
  3. 一つのことだけに集中する
  4. 金とプラチナ、投資するならどっち?プラチナ投資の基本を解説
  5. 不労所得の正しい作り方とは?なぜマンション投資がおすすめなの?

カテゴリー

おすすめの記事

  1. ブログ

    会社がつまらない。不満ばかりの現状を改善するたった一つの方法
  2. 貯金方法

    子供の預金口座を用意しよう!始めるタイミングやポイントは?
  3. マンション投資

    区分マンションとは?中古マンションのメリットとデメリットを解説
  4. 貯金方法

    夫婦の貯金方法を解説!どうすれば効率的にお金が貯められる?
  5. 投資信託の選び方

    投資信託の正しい利益確定と損切りとは?解約タイミングを解説
PAGE TOP