ミニ株・るいとう

これだけは知っておきたい!ミニ株投資の魅力とデメリット

株式投資を検討している人にとって大きな壁となるのが、その購入金額ではないでしょうか??

株を購入するには、最低購入単位が決められており、「株価×単元」分の資金が必要です。

でも、もしもこれが1株単位で取引できたら、かなり便利ですよね。

実は、そんな要望を叶える夢の方法があります。それが、「ミニ株」と呼ばれるものです。

この記事では、そんなミニ株に焦点を当てて解説していきます。この記事を参考に、ぜひ株式投資に挑戦してみてはいかがでしょうか?

ミニ株の基礎知識


まずはミニ株の基本から解説していきます。

ミニ株とは

そもそもミニ株とは、単元株数の10分の1の株数で取引できる商品です。

例えば、1単元が1,000株の銘柄があるとすると、ミニ株なら100株から取引することができます。

購入資金が10万円を超えるような銘柄でも、ミニ株なら10分の1の1万円程度から購入することができます。

取引の成立時期

ミニ株の注文は、注文を出した翌営業日の始値(その日最初についた株価)で成立します。

そのため、自分の想定よりも高い株価で購入してしまったり、安い株価で売らざるを得ないこともあります。

ミニ株を購入する際には、市場の動向も要確認です。

余談ですが、ミニ株の注文の際には、証券会社がミニ株を買いたい人の注文を取りまとめ、それを単元単位で証券取引所で取引を行います。

もしも購入者が集まらず単元に満たなかった場合には、不足分は証券会社にて負担するようになっています。

ミニ株の名義

ミニ株の名義は個人投資家側ではなく、証券会社側にあります。

ミニ株を買い増していって、それが単元株に達したら、名義を自分のものに書き換えることができます。

配当金はもらえる?

ミニ株の名義はあくまで証券会社のため、配当金は一度証券会社に支払われます。

その後、ミニ株の持分に応じて配当金が分配される仕組みです。

ですので、ミニ株でも配当金を受け取ることができます。

株主優待はどうなる?

ミニ株の場合には、基本的に株主優待を受け取ることができません。

というのも、株の名義が証券会社のため、優待商品は証券会社側に届くからです。

ただし、証券会社の中には、優待が換金できるものなら換金し、投資家側に分配してくれるところもあります。

ミニ株と株主優待は切り離して考えた方がいいでしょう。

 

ミニ株投資のメリット


ここからは、ミニ株投資のメリットについて解説していきます。

少額から投資できる

ミニ株の一番のメリットは、少額から株式投資を始められることでしょう。

株式投資を躊躇する理由としては、資金の問題がかなり関係あります。

ミニ株なら通常の10分の1という非常に少ない資金から投資が始められますので、投資初心者にとっても非常に取り組みやすいといえます。

分散投資ができる

通常の株式投資なら1銘柄しか購入できないところを、ミニ株なら複数の銘柄に分散投資することができます。

個人で分散投資しようと思っても、資金的な問題から、なかなか難しいのが正直なところです。

通常の株を購入する資金をミニ株に回して投資すれば、多くの銘柄に投資することが可能です。

人気のある株に投資できる

人気のある株というのは、株価が高く、なかなか投資できないものです。

しかし、ミニ株であれば、たとえ株価が高くても、通常の10分の1の資金で投資することが可能となります。

株式投資の勉強となる

ミニ株は少額の資金から始めることができるため、リスクが少ないです。

そのため、投資初心者には打って付けの投資方法です。

ミニ株で投資の経験を積み、その後通常の株式投資にシフトするのも十分にありです。

まずはミニ株で小さくはじめ、それからだんだんと投資金額を大きくしていきましょう!

 

ミニ株のデメリット


ここまでメリットばかりのミニ株でしたが、実はデメリットもあります。

指値注文ができない

ミニ株を購入するにあたっては、指値注文をすることはできず、全て成行注文です。

そのため、自分の予想とかけ離れた価格で取引が成立することもあります。

よく注意しましょう。

手数料が割高になってしまう

ミニ株で気をつけなければならないのが、手数料が割高になってしまうことです。取引単位が10分の1になるからといって、手数料も10分の1になるわけではないのです。

ミニ株の取引にあたっては、どうしても1回の取引あたりの手数料が高くなってしまいます。

そのため、通常の株式投資よりも、売買益があげにくいです。

銘柄選びがかなり重要となってきます。

取り扱いのない銘柄もある

ミニ株という制度は、証券会社が独自に実施している制度ですから、全ての銘柄がミニ株として投資できるわけではありません。

取引にあたっては、証券会社が指定した銘柄の中から選ぶ必要があるのです。

また、単元が1株で設定されている銘柄についても、ミニ株を利用することはできません。というのも、0.1株で取引することができないからです。

 

ミニ株のまとめ


今回はミニ株について解説してきました。

ミニ株は少額から投資が始められるので、投資初心者にはオススメな投資方法です。興味を持った方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

ピックアップ記事

  1. 転職や退職の際に知っておきたい厚生年金の手続き方法
  2. 株の空売りは規制解除を狙うべき!空売りの方法を解説!
  3. 大注目!いま話題の仮想通貨投資とは?
  4. 愛情を持って活動しましょう!
  5. 元本保証とは?安全に投資を始めよう!

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのマイニングが終了するって本当?どんな影響がある?
  2. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックに入金が反映されない理由とその対処法とは?
  3. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックの手数料は高いので要注意!どう気をつければいい?
  4. 投資初心者向け

    株式や投資の割合はどれぐらいがおすすめ?投資で成功するポイント
  5. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の正しい保管方法とは?ウォレットの仕組みと違いを解説
PAGE TOP