FX初心者向け

レバレッジの効かせすぎで借金も – FXのレバレッジのメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXの勉強をしていると必ず耳にする言葉に「レバレッジ」があります。

たしかにレバレッジそのものは非常に魅力的ですし、多くの利益を得られることは嬉しいですよね。しかし、レバレッジにもデメリットがあります。

この記事では、FXでレバレッジをかけるメリットとデメリットについて解説していきます。

レバレッジの基本


 

レバレッジとは

FXで取引を始める前には、一定の資金を証拠金としてFX会社に預け入れます。

そして、その証拠金を元にして最大で25倍までの金額の取引ができます。

このように、少ない資金を元手により大きな金額の取引を行うことを「レバレッジ」といいます。

ロスカットという仕組み

FXでは、レバレッジをかけた時に損失が膨らまないよう、「ロスカット」という仕組みを設けています。

ロスカットとは、含み損が証拠金を上回って膨らんだ際、強制的に行われる決済のことをいいます。

この仕組みにより、FXでは証拠金以上の損失が出ないようになっているのです。

 

レバレッジをかけるメリット


まずはレバレッジをかけるメリットについて解説していきます。

少額の資金で大きな取引ができる

レバレッジをかけるメリットとして、少額の資金でも大きな取引ができることが挙げられます。ちなみに、FXでは最大で25倍までの取引が可能となっています。

例えば10万円の証拠金を預け入れた場合、最大で250万円までの取引をすることができます。利益が上がれば、レバレッジをかけた分だけ利益が増えます。

 

レバレッジをかけるデメリット


レバレッジをかければ大きな利益を狙うことができますが、当然リスクも高くなります。

損失が大きくなる可能性

レバレッジをかければかけるほど、損失もレバレッジの倍数分増えてしまいます。

例えばレバレッジをかけずに行っていたら10万円の損失だったものが、レバレッジを25倍にしていた場合、250万円の損失となります。

ロスカットという仕組みによって損失をだいぶ抑えることはできますが、損失そのものを完全に防ぐことはできません。

ロスカットによる保護

FXでの大損を防ぐため、ロスカットがあります。

ロスカットでは常に口座の損失状態を監視し、一定割合以上の損失が出ると強制的に決済をして損失が拡大することを防いでいます。

もしもロスカットの仕組みがないと、より大きな損失を出す可能性があります。

 

レバレッジをかけないという選択


FXをしているとついついレバレッジをかけたくなりますが、レバレッジをかけないという選択もあります。

実はレバレッジをかけなくても、FXは外貨預金よりも十分に利益が出る投資方法なのです。

ここからは、レバレッジなしの場合のFXと外貨預金を比較したいと思います。

スワップポイント狙いでいく

FXでレバレッジなしを選択した場合には、スワップポイント狙いでいくといいでしょう。

むしろ外貨預金よりも大きな利益を得ることができます。

スワップポイントとは、異なる2国間通貨の金利差のことをいいます。FXではこのスワップポイントを毎日得ることができます。

例えば低金利通貨を売って高金利通貨を買った場合には、その金利差をスワップポイントとして毎日受け取れます。

反対に高金利通貨を売って低金利通貨を買った場合には、残念ながらスワップポイントを支払う必要が出てきます。

外貨預金の金利に比べ、FXのスワップポイントは高めに設定されていますので、FXの方が大きなリターンを期待できます。

外貨預金よりも取引手数料が安い

FXは外貨預金と比べて取引手数料が大幅に安くなっています。往復で最低5倍ほどの差があります。

手数料だけで見ても、外貨預金よりもFXに軍配が上がります。

外貨預金と違って満期がない

FXには外貨預金と違って満期がありません。いつでも解約して換金することができます。

しかもFXは24時間好きな時に取引できますから、取引の機会を逃すこともありません。

ロスカットの心配もほとんどない

レバレッジなしで投資をしているため、ロスカットをほとんど気にすることなく投資ができます。

通常、ロスカットが行われるロスカットレベルは、20%〜30%であることが多いようです。

仮に為替レートが半分まで下落しても、ロスカットまでにまだ余裕があることになります。スワップポイントを得ているので、数年で損失を取り戻すことも十分に可能です。

 

まとめ


今回はFXのレバレッジに焦点を当てて解説してきました。

やはりレバレッジのかけすぎは失敗の原因ですので、リスクとリターンのバランスをしっかりと確認して、投資を行うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 株で勝つなら銘柄の選び方が重要!株式投資の基本
  2. ターゲットイヤーファンドがおすすめできない理由を比較
  3. 実際にあった投資の失敗事例と投資で成功するためのマインドセット
  4. 不動産所得とは?不動産投資の基礎知識!収入を計算する方法
  5. NISAで知っておくべきデメリットと注意点のまとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の正しい選び方とは?爆上げ通貨の7つの基準
  2. 仮想通貨の個別銘柄

    エイダコイン(ADA)の価格は今後何倍になる?将来性を徹底検証!
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのチャートは長期的にどうなる?今後の将来性を分析してみた
  4. ストックオプション

    ストックオプションとは?簡単にわかりやすく意味を現役投資家が解説!
  5. 貸株

    貸株サービスの6つのデメリットとリスクとは?メリットもあわせて解説
PAGE TOP