先物取引

先物取引にはどんなメリットがある?リスクと仕組みを解説!

あなたは「先物取引」をご存知でしょうか?

よくニュースなどで先物取引という言葉が取り上げられますが、その仕組みについてご存知の方は意外と少ないと思います。

この記事では、投資の知識を深めてもらう意味で、先物取引の基本とメリット、デメリットを説明します。

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年7月11日に加筆修正したものです。)

先物取引の基本を理解しよう!

先物取引と聞いても、いまいちピンとこない人が多いと思います。

まずは先物取引の基礎知識を徹底解説します。

先物取引とは

先物取引を簡単にまとめると、「将来の価格を今の時点で決め、将来その価格で取引することを約束すること」をいいます。

例えば、お米を生産する農家がいるとします。

お米の価格は、その年の収穫状況によって上下しますので、お米農家はあらかじめ将来の取引価格を決めたいと考えています。

そんな時、先物取引を利用すれば、今の時点で取引価格と取引が行われることが保証されますので、たとえ将来お米の値段が下がったとしても、農家は確実に利益を得ることができます。

一方、買い手側としては、あらかじめ将来の売買価格を決めておくことができるため、たとえ米の価格が上昇したとしても、あらかじめ決められた安い価格で購入することができます。

このように、先物取引を利用することで、現時点で取引価格を決め、将来確実に取引できるメリットがあります。

先物取引の種類

先物取引は、「商品先物取引」と「金融先物取引」の2種類に分けられます。

商品先物取引は、取り扱う商品が金や原油など実体を伴うもので、通常、先物取引というときには「商品先物取引」を指すことがほとんどです。

金融先物取引は、金利や指数などの実体を伴わない商品を取り扱います。

先物取引とリスクヘッジ

先物取引の「将来購入する商品の価格をあらかじめ決めておく」という性格を利用して、リスクをヘッジ(回避)することできます。

先物によるリスクヘッジには「買いヘッジ」と「売りヘッジ」の2種類があります。

買いヘッジ

買いヘッジとは、将来価格が上がると予想されるときに、値上がりする前の価格で購入する約束をして、値上がりによる損失を防ぐことをいいます。

価格が上昇しても、安い価格で購入することができますので、値上がりによる損失を回避できるのです。

売りヘッジ

売りヘッジとは、将来価格が値下がりすると予想されたときに、値下がり前の価格で売却する約束をすることをといいます。

仮に価格が下落しても、先物を使って高い価格で売却することができますので、リスクを回避することができます。

先物取引を使った利益の上げ方

先物取引はリスクヘッジとしてだけではなく、投資としても利用することができます。

商品を買う場合、決められた価格よりも実際の価格が上がれば、安く商品を仕入れて市場で高く売れば利益を得ることができます。

反対に、商品の売る場合、決められた価格よりも実際の価格が下がれば、市場よりも高い値段で商品を売れるため、利益を得ることができます。

先物取引を利用した投資は、将来の価格の上げ下げを予想するゲームの側面があり、予想が当たれば利益を得られ、外れれば損失が出ます。

レバレッジを効かせられる

先物取引を行うにあたっては、何も取引金額の全額を支払う必要はなく、将来取引することを約束する「証拠金」を差し入れるだけでいいのです。

先物取引は少ない資金でより大きな取引ができるわけですから、投資効率が良いといえます。

商品の種類

商品先物取引で取引される商品は、大きく分けて農作物と工業品があります。

農作物には、米、とうもろこし、コーヒー豆、大豆などがあります。

工業品は、原油や軽油などのエネルギー資源、金や銀などの貴金属、天然ゴムやアルミニウムなどの工業製品に分けられます。

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

先物取引のメリット

ここまで先物取引の基礎知識について説明してきました。

ここからは、先物取引をするメリットについて説明します。

身近で知っている商品が多い

先物取引で通常取り扱われている商品は、金、銀、ゴム、原油、米、大豆など日常身の周りにあるものばかりです。

そのため、投資先の商品に興味を持ちやすいメリットがあります。

レバレッジがかけられる

先物取引は証拠金取引ですので、FXのようにレバレッジを効かせて大きな利益を狙うことができます。

なお、FXでは自分でレバレッジを決められるのに対し、先物取引では証券取引所がレバレッジを決めます。

レバレッジが上がることもあれば下がることもあります。

価格変動が激しい商品もある

先物取引で取り扱われるエネルギー資源やコーンなどの国際商品は、価格変動が激しい特徴があります。

そのため、短期間の取引でも大きな利益を狙っていくことができます。

商品がなくても「売り」ができる

先物取引を行なうにあたって、商品を実際に持っていなくても「売り」の取引を行うことができます。

先物取引はあくまで将来、商品を売るという約束をするだけですので、別に現時点で商品が手元になくても良いのです。

商品がない状態で「売り」をした場合には、商品の移動はなく、損益の差額だけ決済されることになります。

先物取引のデメリット

最後に、先物取引のデメリットについても、一通り説明したいと思います。

損失が拡大する恐れがある

先物取引は証拠金取引のため、状況によっては証拠金以上の損失が発生する恐れがあります。

また、事件やニュースの影響で市場が混乱すると、値下がりが止まらずロスカットできないこともあります。

夜間取引に注意

例えば、日経平均株価を対象とした日経225先物の取引時間は、9:00〜15:15、16:30〜翌3:00までです。

取引時間が夜間にわたる先物に投資すると、朝起きたら価格が一気に下がっている可能性も十分にあります。

要注意です。

専門用語が多い

先物取引は、独特な専門用語が多く登場しますので、投資初心者にはハードルが高いといえます。

先物取引を始める前に、専門用語を覚えることから始める必要があります。

先物取引のメリットとリスクのまとめ

先物取引は、身近にある商品を取引できるという意味で、非常に興味深い取引です。

個人投資家が先物取引を行なうことは滅多にないと思いますが、投資の知識として、知っておくといいでしょう。

 

 

【期間限定】無料プレゼントを配布中!





投資初心者の方は必見!





ピックアップ記事

  1. 人生はもっとシンプルなものになります
  2. 株初心者必見!ミニ株投資とは??
  3. 失敗は成功のもと
  4. 個人投資家が超高速取引に打ち勝つ方法
  5. ボロ築古物件には要注意!不動産投資で失敗しないためのポイント

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨取引所情報

    Zaif(ザイフ)の口座開設方法・登録方法をわかりやすく解説
  2. 株式投資の失敗事例

    株式投資で失敗すると借金ができるのは本当?損失のカラクリを解説
  3. ジュニアNISA

    ジュニアNISAでおすすめなのは積立投資!メリット・デメリットを解説
  4. 株式投資初心者おすすめ

    株式交換とは?メリットや株価が下がる仕組みを現役投資家が解説
  5. 金投資

    金投資の種類を比較!どの投資方法が一番おすすめ?
PAGE TOP