仮想通貨ニュース

旅行業界初、エイチ・アイ・エス(H.I.S.)がビットコイン決済導入を決定。

エイチ・アイ・エスがビットコイン決済を導入

旅行業界大手のエイチ・アイ・エス(以下H.I.S.)は9月19日、仮想通貨取引所を運営するbitFlyerと仮想通貨ビットコインを利用した決済サービスを導入すると発表しました。

9月23日より、H.I.S.の首都圏38店舗でビットコインを使った決済が開始する予定です。なお、決済額は1決済につき200万円相当のビットコインまでです。

ビットコインを使った決済サービスは、旅行業界で初の試みとなります。

仮想通貨の市場は2017年から急拡大しており、市場規模は10兆円を超えると言われています。その中でもビットコインは、時価総額が最も高い通貨です。

ビットコインを使った決済サービスは、インターネットショッピングだけでなく、デパートや家電量販店でも導入事例が増えています。

今回、旅行者の利便性向上と、今後ますます拡大する仮想通貨へと対応するため、ビットコインを使った決済を導入することになりました。

今後、ビットコイン決済を導入する事例はさらに増えると予想されます。

 

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 外国債券の3つのリスクには要注意!どうすれば利益をあげられる?
  2. 絶対に知っておきたい!投資信託のメリット・デメリットのまとめ
  3. 公社債投資信託とは?利回りと投資をおすすめしない理由を簡単にわかりやすく解説
  4. 知っておきたい!中古物件を購入するまでの流れ
  5. 個人向け国債に投資するメリット・デメリットとは?国債の基礎知識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 節税方法

    節税はもはや常識!個人でもできるサラリーマンの節税方法とは?
  2. ラップ口座・ファンドラップ

    ファンドラップと投資信託の違いを比較してみた!ラップ口座の致命的な欠点とは?
  3. マンション投資

    区分マンションとは?中古マンションのメリットとデメリットを解説
  4. 確定拠出年金

    確定拠出年金の運用は投資信託がおすすめ!注意点は?
  5. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の種類からマイニング方法、税金はこれで完璧!稼ぐ全知識を解説
PAGE TOP