マンション投資

区分ワンルームマンション投資の基本!収益物件への投資で知っておきたいこととは?

不動産投資を勉強していると、区分マンション投資が初心者向けであるという説明がよく見られますよね。

でも、いざ区分マンション投資と言われても、具体的にどんなメリットがあって、どんなマンションを買えばいいのかわかりませんよね。

ということで、今回は投資初心者にも分かるように区分マンション投資についてまとめてみました。

初心者が区分マンションに投資するメリット


それでは早速、区分マンション投資をするメリットについて見ていきましょう。

少ない投資費用で始められる

区分マンション投資というのは、一棟アパートやマンションと異なり、比較的少ない投資費用で投資をはじめられます。

投資費用が少ないということは、それだけ銀行からの借り入れが少ないということです。

よって、年収が低かったり、勤務年数が短い人も、比較的銀行のローン審査が通りやすかったりします。

このように、区分マンション投資では投資費用が少ないので、初心者でも比較的簡単に投資をはじめられます。

生命保険の代わりになる

不動産投資ローンでは、住宅ローン同様に団体信用生命保険(団信)に加入することになります。

団信とは、借主に万が一のことがあったら、ローンの残債が全て保険料で支払われる保険のことです。

よって、自分に不幸があっても家族に対して、ローンのない物件を残すことができます。

一般的な生命保険では、万が一の保障を得るために保険料を支払う必要があります。

一方の区分マンション投資の場合には、毎月家賃を得ながらも、万が一の保障を得ることができるのです。

リスク分散できる

一棟のアパートに投資する場合と、同じ金額で複数の区分マンションに投資する場合、様々な立地に分散投資できる区分マンションの方が空室リスクを分散できます。

仮にアパートを一棟買ったとします。

もしも、そのアパート周辺の賃貸需要が急になくなったら、収入が一気に激減してしまいます。

しかし、複数の区分マンションに投資していれば、影響を受けるのは一室だけになるのです。

実は、複数の不動産に投資するメリットは一つだけではありません。

例えば、自分の所有する不動産で火災や人が亡くなる事件があった場合には、一棟しか物件を持っていないと、大打撃を受けることになります。

この場合、複数の物件を所有していれば、他の物件の収入で、どうにか持ちこたえることができるでしょう。

このように、不動産投資においても分散投資というのは重要なのです。

老後の年金代わりになる

区分マンション投資から得られるわずかながらの家賃収入は、将来不足する年金の助けとなるでしょう。

不動産投資における家賃収入というのは、あなたが特に動かなくても勝手に入ってくる収入ですので、毎月もらえる年金として代用できます。

これからの時代は、年金だけでは生活費を賄うことは不可能ですので、少しでも足しになればいいのでしょう。

 

上手くいく区分マンションの物件選び


ここからは、どうすれば区分マンション投資で上手くいく物件を買えるか見ていきましょう。

中古区分マンションを購入する

中古の区分マンションの最大の特徴は、何と言っても購入金額が安く済むことでしょう。

新築の区分マンションと比べて、2〜3割ほど安く物件を書くことができるため、毎月の家賃収入からローン返済と諸費用を引いた手取りが多く残せます。

手残りが多ければ、多少の入居トラブルがあっても、その資金である程度は対応可能でしょう。

中古の区分マンションを購入すれば、多くの手残りを得ることができるのです。

東京23区内の駅徒歩10分以内にする

区分マンションの購入地域を東京にすれば、賃貸需要も見込め、長期にわたって安定的に収入を稼ぐことができます。

また、その東京の中でも特に東京23区内の駅徒歩10分圏内の物件を狙うことで、より一層空室リスクを抑えることができます。

徒歩10分というのは、インターネットで物件を検索する際に、徒歩10分を境に検索条件を指定するからです。

それよりも徒歩時間が長くなると、そもそも検索にひっかからず、潜在顧客があなたの物件情報に辿りつかない可能性があります。

広さは最低16平米以上は欲しいところ

部屋の広さが狭すぎる区分マンションは、賃貸で受け入れられない可能性があります。

やはり、今のトレンドとして、なるべく部屋が広い方が好まれるようです。

また、部屋が狭すぎる区分マンションというのは、融資が受けられない可能性もあります。

総戸数の目安は20戸ぐらい欲しい

区分マンションの所有者は、将来の修繕に備えて、毎月修繕積立金を支払います。

この修繕積立金は、区分マンションの所有者全員で出し合い、将来行われる大規模修繕の費用に当てられます。

この際、部屋の数が少ないマンションですと、1戸あたりの修繕積立金の負担額が増えることになります。

よって区分マンションを購入する場合には、総戸数は20戸ぐらい欲しいでしょう。

新耐震基準以降ものにする

区分マンションを購入する場合には、新耐震基準以降のものを買うようにしましょう。

新耐震基準とは、1981年6月以降に建てられた建物に定められた耐震基準で、これがある種の地震に対する強さの目安となります。

地震のリスクに備えるために、新耐震基準の区分マンションを購入するようにしましょう。

 

まとめ


ここまで、区分マンション投資について見てきました。

不動産投資初心者にとって、区分マンション投資というのはお手軽な投資と言えるでしょう。

ただし、資金に余裕がある人は、一棟物件を購入した方が手残りは多くなりますので、そちらを検討した方がいいでしょう。

 

【期間限定】無料プレゼントを配布中!





投資初心者の方は必見!





ピックアップ記事

  1. 友達の誕生日プレゼントを選ぶ「あの」感覚が大切!
  2. 失敗は成功のもと
  3. ラップ口座のデメリットとは?手数料が高いのがネック
  4. 投資信託のデメリットを理解しよう!どんなリスクに気をつければいい?
  5. 個人年金保険のメリット・デメリットと基本的な仕組みについて

カテゴリー

おすすめの記事

  1. マンション投資

    区分マンションとは?中古マンションのメリットとデメリットを解説
  2. 貯金方法

    貯金方法のおすすめはこれだ!収入を増やす発想を持とう!
  3. ラップ口座・ファンドラップ

    ファンドラップと投資信託の違いは?ラップ口座の致命的な欠点を告白
  4. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の正しい保管方法とは?ウォレットの仕組みと違いを解説
  5. 社債

    個人向け社債は利回りが高い?購入時の4つの注意点と3つのリスクを解説
PAGE TOP