仮想通貨の個別銘柄

仮想通貨リスク(LISK )の将来性に期待!リスクの基本から将来性まで解説


2017年は仮想通貨元年とも言われ、様々な仮想通貨が軒並み上昇しています。仮想通貨に投資するなら、2017年中が勝負の年とも言われているようです。

しかし、仮想通貨には非常にたくさんの種類があるため、どの通貨に投資すればいいか非常に悩むところです。

そこでこの記事では、数ある仮想通貨の中から「リスク(LISK )」と呼ばれる通貨を取り上げ、解説していきます。

この記事があなたの仮想通貨選びの参考になれば幸いです。

仮想通貨リスク(LISK )の基本!

仮想通貨リスク(LISK)とは

仮想通貨リスクは、あのイーサリアムと同じくスマートコントラクトを備えた仮想通貨です。しかしながら、リスクは同じスマートコントラクトを採用していますが、イーサリアムとはまた違った独自の特徴をそなえています。

ここで、スマートコントラクトについて簡単におさらいをします。

スマートコントラクトとは、契約情報や契約条件をブロックチェーン上に記録し、それを自動的に執行させる仕組みです。スマートコントラクトは、様々なビジネスで活用することができるため、注目を集めている技術です。

スマートコントラクトの分野では、イーサリアムが一番有名です。しかし、今後もイーサリアムがシェアトップで居続けることはあっても、シェアが100%になることはないでしょう。リスクがその独自性から、スマートコントラクトの分野で一定のシェアを確保することは十分に考えられます。

そういう意味で、リスクへ投資する価値は十分にあるといえます。

JavaScriptを採用している

仮想通貨リスクの特徴として、開発言語にJavaScriptを採用していることが挙げられます。

JavaScriptとは、世界中のエンジニアに人気のあるプログラミング言語です。つまり、現在プログラマーとして活躍している人が、そのままリスクの開発に携わることができるのです。これにより、開発や実装をよりスピーディーに行うことができます。

これに対して、イーサリアムが採用しているのはSolidityと呼ばれる独自の言語です。独自の言語であるため、開発しづらいというデメリットがあります。

サイドチェーンを採用している

リスクには、イーサリアムでは採用されていない「サイドチェーン」が採用されています。

サイドチェーンとは、メインのブロックチェーンとは別に、アプリケーションごとに新たにブロックチェーンを設けることをいいます。

サイドチェーンにより、一つのブロックチェーン上で複数のアプリケーションを実行するイーサリアムに比べて、高い処理能力が実現します。

また、アプリケーションごとにブロックチェーンを変えられるため、柔軟性が高いといえます。もし仮にアプリケーションに問題が生じても、開発者がコントロールしやすくなっています。

サイドチェーンを採用したリスクは、イーサリアムよりも処理能力や柔軟性に優れているのです。

発行上限がない

仮想通貨リスクには、他の仮想通貨のような発行上限がない特徴があります。つまり、リスクという通貨は無限に増え続けるのです。

発行上限がないときに心配になるのが、インフレにならないかどうかです。

ですが、リスクではインフレリスクをそこまで心配しなくても大丈夫です。というのも、リスクは通貨発行量が年々少なくなるように決められており、通貨が突然増えることはないからです。また、ブロックチェーンを採用した仮想通貨には管理者がいませんから、意図的に通貨の発行量が増やされることはありえません。

以上の理由から、リスクが急激にインフレになり価値が下落するようなことは考えにくいでしょう。ただし、長期的に考えた場合、インフレになるリスクはあるといえます。

仮想通貨リスクの現状と将来性

シェアに食い込める可能性がある!

スマートコントラクトは多くの企業から注目されている技術です。実際、イーサリアムとマイクロソフトが提携するなど、大企業が参画しています。

まだリスクは大手企業とは提携していないようですが、今後、イーサリアムと同じスマートコントラクトを採用する通貨として、注目が集まると考えられます。

仮にスマートコントラクトの分野のトップはイーサリアムに譲ったとしても、独自の強みを持つリスクはいくらかシェアに食い込める可能性があります。

そういう意味では、仮想通貨リスクはまだまだ成長余地のある仮想通貨であると考えられます。

まとめ

仮想通貨リスクは、すっかりメジャーな通貨となってしまったイーサリアムと比べて、まだまだ割安な仮想通貨です。

今のうちからリスクに投資しておけば、将来大きな値上がりが期待できるかもしれません。今後のリスクからは目が離せませんね!

ただし、仮想通貨に投資する際には、くれぐれも余剰資金の範囲で。しっかりと仮想通貨の基本とリスクを理解し、堅実に投資を行いましょう。




【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. ETNとは – ETFとの違い、メリット・デメリットを解説
  2. 人気FX会社のランキングとは?FX会社選びの基準
  3. 外貨建てMMFとは一体なに??MMFの基本をまとめてみました!
  4. 確定拠出年金で利益を出す運用方法はどれがおすすめ?
  5. 外国為替とは 一体なに??為替の基礎知識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 貯金方法

    簡単!節約すれば貯金はできる!おすすめ節約術を大公開
  2. 仮想通貨の個別銘柄

    ビットコインとイーサリアムの今後の動向予想!どんな違いがある?
  3. インデックスファンド

    インデックスファンドの利回りは年間どれぐらい?
  4. 貯金方法

    夫婦の貯金方法を解説!どうすれば効率的にお金が貯められる?
  5. 不動産の購入手続き

    不動産の媒介契約の種類とその特徴を分かりやすく解説
PAGE TOP