FXのトレード手法

FXのスイングトレード手法とは?初心者が勝つポイントを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXのスイングトレードは、数日から数週間にわたってポジションを持つトレード手法です。

スイングトレードは、スキャルピングやデイトレードのようにパソコンにつきっきりでトレードする必要がないため、サラリーマンや主婦、投資初心者におすすめできる取引手法です。

この記事では、FXのスイングトレードについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

(2019年8月9日更新)

スイングトレードとは?

まずはスイングトレードの基本と特徴から確認しましょう。

スイングトレードとは

スイングトレードとは、数日から数週間程度の相場の波を利用して利益を狙うトレード手法です。

取引期間としては中期的なトレードで、大きな相場の波を捉えるので、ポジションを持った状態で一つの波が終わるまで保有します。

そもそもFXのトレード手法は、数秒から数分で決済するスキャルピング、一日で取引を手仕舞うデイトレード、数週間から数ヶ月にわたって長期的に投資するポジショントレードがあります。

その中でも、今回取り上げるスイングトレードは、デイトレードとポジショントレードの中間に位置する中期的な投資手法です。

参考:「FXのスキャルピングトレードはテクニカル指標が大切!勝つポイントとは?」

チャートのチェックは1日1回でいい

スイングトレードは、基本的には「日足」チャートを利用して取引を行います。

つまり、最低1日1回チャートをチェックすればトレードを行うことができます。

そのため、昼間サラリーマンとして働いている人でもトレードが可能です。

なお、毎日の変化を感じ取るためにも、毎日同じ時間帯にチャートをチェックすることをオススメします。

急な為替変動に弱い

スイングトレードは、数日から数週間という期間にわたってポジションを持ちますから、急激な為替変動に弱いデメリットがあります。

スイングトレードでは、数日、数週間先を読んで取引しますので、不測の事態で相場が急変した場合には対応しにくいデメリットがあります。

そのため、逆指値注文を入れて、損失が拡大しないように損切りの保険をかけておくことが大切です。

参考:「FXには借金リスクがあるって本当?FXで失敗するとどうなるの?」

スイングトレードに向く通貨ペア

スイングトレードに向く通貨ペアは、トレンドが出やすい通貨です。

そのためには、比較的長くトレンドが続き、流動性が高い主要通貨で、自分の予想通りに変動する通貨ペアを選ぶことが大切です。

投資初心者の方への厳選記事 投資初心者にお勧めの記事はこちら!

スイングトレードにおけるテクニカルチャートのポイント

ここからは、スイングトレードを実際に始めるにあたり、テクニカル分析のポイントを解説します。

スイングトレードは、基本的には日足チャートを利用するので、最低1日1回チャートをチェックすれば大丈夫です。

順張りが基本

スイングトレードは、トレンドの流れに逆らわず、トレンドと同じ方向へ買いまたは売りをする「順張り」が基本です。

投資初心者のうちは順張りで取引を行い、FXに慣れてきてから逆張りに挑戦するといいでしょう。

週足のチャートでトレンドを確認する

スイングトレードの際は、まずは週足のチャートを利用してトレンドを読みます。

チャートを読む際にはローソク値を利用し、それぞれのローソクから長期のトレンドを把握しましょう。

その際、ローソク足だけでなくトレンドライン、移動平均線も分析するようにしましょう。

日足のチャートを利用してエントリーする

週足で上昇トレンドか下降トレンドかを確認できたら、次はどのタイミングでエントリーするか決めます。

このエントリーの際には日足チャートを利用します。

ローソク値一本が一日の相場の動きを表しており、ほとんどの投資家がこれを確認するので、チャートに確実性があります。

エントリーの段階でいいポジションが取れると、気分的にもとても楽になります。

目代康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

スイングトレードで知っておきたいこと

こちらでは、スイングトレードを行う上で最低限しておきたいことをまとめて解説します。

pipsとは

よく「pips(ピップス)」という言葉を耳にしますが、一体何のことでしょうか?

pipsとは、取引の成果を客観的に把握するために利用される単位で、pipsを利用することで、異なる通貨でも運用成果を比べやすくなります。

また、pipsを利用することで、具体的な取引金額を伏せつつも、投資成果を伝えることができます。

例えば、日本円の場合、「1pip = 1銭」です。ドルの場合、「0.0001ドル = 1pip」です。

日本円だけが特別に「0.01=1pip」、他の通貨ペアは「0.0001=1pip」と覚えましょう。

スイングトレードのpips

スイングトレードは100pipsから500pipsほどが狙えるトレードです。

ですので、ポジションを持った当初に100pips含み損が出ていても、慌てることなく続けることが大切です。

さすがに200pips以上の含み損が出たらトレンドが変わった可能性がありますので、損切りを検討しましょう。

初心者はレバレッジ1倍からスタート

初心者でリスクを低く抑えたい方は、レバレッジを1倍にして取引をするといいでしょう。

FXでは、最大25倍までレバレッジをかけることができますが、25倍のレバレッジをかけると、利益が出たら25倍になりますが、損失が出るとそれが25倍に拡大する恐れがあります。

取引に慣れるまでは、レバレッジを低めにして取引を進めましょう。

参考:「投資で失敗して400万円損した現役投資家が明かす失敗する人の特徴」

スワップポイントを支払うポジションは避ける

スイングトレードでは、スワップポイントを支払うポジションは避けるようにしましょう。

ポジションを保持するのは長ければ数週間にわたりますので、その間にスワップを支払うことになると、それだけで損失となってしまいます。

利益確定のポイント

スイングトレードでは数百pipsを狙うことができますが、ボラティリティが小さい時や乱高下が激しい時は早めに利益確定した方がいいでしょう。

その理由は、無理してポジションを持っていても、次の日には相場が変わってしまうことがあるからです。

損切りのポイント

せっかくFXでポジションを持っても、思惑と違う方向に相場が動く可能性があります。

こんな時は、どんどん損失が拡大していきますし気持ちに余裕がなくなってきますので、早めに損切りしましょう。

しかし、どうしても損切りができない場合、思い切って損切りをしないのも手です。

ずっと為替相場が上がったり下がったりし続けることはありません。

いつかは相場も自分のポジションまで戻ってくるでしょう。

ただし、レバレッジをかけているとロスカットされる可能性がありますので、注意しましょう。

投資初心者の方への厳選記事 投資初心者にお勧めの記事はこちら!

FXのスイングトレードの手法のまとめ

ここまで、スイングトレードについて簡単にご説明してきました。

スイングトレードは、サラリーマンでも手軽に始められる取引手法です。

興味を持った方は、ぜひスイングトレードに挑戦してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. バリュー投資とは〜株式投資を始める人の株式投資入門
  2. PTS 取引とは〜PTSのメリット・デメリット
  3. 低解約返戻金型終身保険のデメリットは?すぐ解約すると損するって本当?
  4. 人に元気を与える
  5. 毎月分配型ファンドのデメリットは元本割れ!メリットもあるって本当!

カテゴリー

おすすめの記事

  1. マンション投資

    区分マンションとは?中古マンションのメリットとデメリットを解説
  2. 特定口座・一般口座

    特定口座の源泉徴収あり・なしの違いと「あり」を選択した方がいい理由
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのチャートは長期的にどうなる?今後の将来性を分析してみた
  4. 仮想通貨の個別銘柄

    仮想通貨ネム(NEM/XEM)の今後と将来性は?特徴やチャートの動きを解説
  5. ジュニアNISA

    ジュニアNISAでおすすめは積立投資!メリット・デメリットを現役投資家が解説
PAGE TOP