仮想通貨の始め方

大注目!いま話題の仮想通貨投資とは?

最近、テレビやニュースで仮想通貨ビットコインのことがよく話題に上がります。

ただ、何となく仮想通貨という言葉は聞いたことはあっても、その意味まで正確に理解している人は少ないのではないでしょうか?

そこで、この記事では改めて仮想通貨の基本と、その投資方法について解説していきたいと思います。

知っておきたい!仮想通貨の基本


仮想通貨って?

仮想通貨とは、インターネット上に存在する通貨のことをいいます。通常の通貨のように具体的な形がないため、「仮想」通貨と呼ばれています。

通貨というからには、仮想通貨は普通のお金と同じように使用することができます。

仮想通貨は、通常の円やドルなどの法定通貨のように中央銀行や管理者が存在しない、新しい形態の通貨として注目されています。

ビットコインが有名

仮想通貨といったらビットコインと言うぐらい、ビットコインの認知度は抜群です。

しかし、世界中を見渡してみると、仮想通貨は3000種類以上あると言われているのです。

ビットコイン以外に有名なものとしては、リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)などが挙げられます。

発行者や管理者が存在しない

仮想通貨の特徴として、通貨の発行者や管理者が存在しないことが挙げられます。

通常の法定通貨では、政府や中央銀行の主導のもと通貨の発行や管理が行われます。

しかし、仮想通貨では、利用者同士ですべての取引履歴をインターネット上でお互いに保管します。

仮想通貨の管理者は特に存在せず、利用者同士お互いに管理しているのです。

取引所で取引できる

仮想通貨を取引したい時には、取引所に口座を開設する必要があります。

取引所にて、円やドルなどの法定通貨と仮想通貨を換金することができます。

暗号化されている

仮想通貨はあくまでインターネット上の通貨のため、簡単に偽造できたら大変なことになります。

そんな仮想通貨を不正から守るため、ブロックチェーンと呼ばれる仕組みが存在します。

ブロックチェーンとは、一定期間の内に発生した取引記録をブロックと呼ばれる単位で記録したものです。

ブロックを遡ることで、過去のすべての仮想通貨の取引履歴を確認することができます。

海外送金時、手数料が安い

海外へお金を送金するには、送金手数料、為替手数料、受取手数料がかかります。

送金手数料はおよそ四千円、為替手数料は1ドルあたり1円ほど、受取手数料は各銀行によって異なります。

このことから分かるのは、海外送金時の手数料はかなりの金額になるということです。

その点、仮想通貨なら世界中どこに行っても一律数円で送金することができます。

 

仮想通貨の注意点


価値が不安定である

仮想通貨はまだまだ流通量が安定しておらず、その価値は乱高下しやすいといえます。

実際、仮想通貨は投機の対象として多くのお金が集まっています。

また、仮想通貨そのものには国による保証や中央銀行による裏付けが一切ありませんので、仮想通貨に万が一のことがあっても、国の補償を受けることはできません。

マイナスのイメージがある

仮想通貨のイメージといったら、どちらかと言うとマイナスなイメージではないでしょうか。

私たちが最初に思い浮かべるのが、ビットコインの取引所であったマウントゴックスの破綻のニュースだと思います。

このニュースをきっかけに、世の中の人の仮想通貨に対するイメージが悪化したのではないでしょうか。

ただし、注意すべきは、取引所が破綻したといっても、仮想通貨そのものに対する信頼が揺らいだわけではないことです。

あくまで取引所の問題で起きた事件であり、仮想通貨そのものの欠陥で起きたわけではないのです。

取引所の危険性

仮想通貨の取引所は、まだまだ整備が進んでおらず、中には取引所が潰れてしまうようなこともあります。

仮想通貨の取引所には、株の取引所やFXの取引所に求められるような基準がありません。そのため、本来取引所としてふさわしくないものも存在します。

もしもそういった取引所で取引をした場合、仮に取引所が潰れてしまうと、仮想通貨が消滅してしまう恐れもあります。

仮想通貨の取引をする際には、慎重に取引所選びをしましょう。

 

気になる仮想通貨と電子マネーの違い


そもそも電子マネーとは

仮想通貨と電子マネーは、一見すると区別がつかないように思えます。

しかし、実際のところ両者は大きな違いがあります。

そもそも電子マネーとは、紙幣や硬貨を使用しないでデータ上で決済する方法のことをいいます。

よくあるのが、スイカやパスモ、ナナコなどの電子マネーですね。

電子マネーは、あくまで紙幣や硬貨の代わりとして利用されますが、これはあくまで決済の代わりの手段に過ぎないのです。

電子マネーといっても、実際のところは円という通貨のやり取りをしているに過ぎないのです。

仮想通貨と電子マネーの違い

仮想通貨は通貨そのものです。

仮想通貨を利用する際には、電子マネーのようにチャージするというものではなく、円を一度ビットコインに両替するプロセスが必要となります。

電子マネーというのは、あくまで円の取引の一部なのです。

そして、仮想通貨とは通貨そのものなのです。

仮想通貨と電子マネーは、似て非なるものなのです。

 

仮想通貨投資のまとめ


今回は仮想通貨について解説してきました。

仮想通貨は現在かなり注目されている投資対象ですが、何の知識もなくいきなり仮想通貨に投資するのは危険なことです。

しっかりと仮想通貨の仕組みについて理解し、それから投資を始めるようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. 注目!未公開物件の正しい探し方!
  2. つみたてNISA(積立NISA)のメリットとは?基本をやさしく解説
  3. 最近人気の競売物件とは??競売物件に潜むリスクを知ろう
  4. レバレッジの効かせすぎで借金も – FXのレバレッジのメリットとデメ…
  5. 確定拠出年金の6つのデメリットを解説!企業型・個人型に入る意味は?

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 投資信託初心者おすすめ

    投資信託とは?仕組みやメリット・デメリット、基準価額などの基本を解説
  2. 定期預金

    譲渡性預金(CD)とは?定期預金との違いとメリットを解説!
  3. 貯金方法

    貯金方法のおすすめはこれだ!収入を増やす発想を持とう!
  4. バイナリーオプション

    バイナリーオプションで勝てない4つの理由とは?5つの攻略法を解説
  5. 貯金方法

    夫婦共働きの貯金はいくらあればいい?簡単にお金が貯まる方法とは
PAGE TOP