投資の基礎知識

ビットフライヤーの二段階認証と登録方法をまとめて解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、仮想通貨のニュースがテレビや新聞で取り上げられることが多くなってきました。「仮想通貨に投資してみたい!」と考えている人も多くいることでしょう。

ところで、仮想通貨の投資を始めようと思っても、「取引所への登録方法が分からない」という人が多いと思いますが、仮想通貨の最初のハードルが、「取引所の開設」だと言っても過言ではありません。

そこでこの記事では、仮想通貨初心者でも分かるように、国内最大手取引所bitFlyer(ビットフライヤー)への登録方法について詳細に解説します。

この記事を参考に、仮想通貨投資への第一歩を踏み出してみてくださいね。

なお、取引所全般の知識については、「仮想通貨取引所の仕組みと投資の流れを解説」を参考にしてください。

サラリーマン康二
仮想通貨に投資するなら、ビットフライヤーへの登録は必須です!

 

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年7月19日に加筆修正したものです。)

ビットフライヤーの登録手順の解説

トップページにアクセスする

ビットフライヤーへ初回登録するため、ビットフライヤーの公式ホームページにアクセスしましょう。↓

公式サイト: bitFlyer(ビットフライヤー)

メールアドレスを入力してアカウントを作成する

①ビットフライヤーのトップページにアクセスしたら、受信可能なメールアドレスを入力し、「無料でアカウント作成」をクリックします。

 

②、以下の画面が表示されたら、確認メールが送られてきますので確認します。

 

③受信したメールに記載のURLをクリックします。または、メールに記載のキーワードを直接ホームページに入力しても大丈夫です。

 

④以下の画面が表示されたら、全ての四角にチェックマークを入れ、「bitFlyerをはじめる」をクリックします。なお、ご利用規約や各種注意点には、一通り目を通すようにしましょう。

以上で、ビットフライヤーへの登録そのものは完了です。

続けて、アカウントクラスをアップグレードするため、本人確認情報の入力をします。

本人確認情報を登録する

①ビットフライヤーのトップ画面から、左下にある「設定」ボタンをクリックし、次に画面上の「bitFlyerアカウントご登録内容」をクリックします。

その後、「ご本人情報を入力する」をクリックします。

【豆知識】

初回登録時のアカウントクラスは「ウォレットクラス」のため、それを「トレードクラス」にアップグレードする必要があります。

トレードクラスにならないと、仮想通貨の取引ができなかったり、1日の送付金額に上限が設けられてしまうため、トレードクラスにするのは必須といえます。

トレードクラスになるためには、名前、生年月日等の本人情報の入力と、本人確認資料として免許証やパスポートを提出する必要があります。

 

【ビットフライヤーのアカウントクラス】

 

②氏名・生年月日等の必要情報を入力し、「登録情報を確認する」をクリックします。

 

③入力内容に間違いなければ、「ご本人情報を登録する」をクリックします。

これにて、本人情報の入力は完了です。

続けて、本人確認資料として運転免許証やパスポートの提出を行います。

本人確認資料を提出する

①本人情報の入力が完了すると以下の画面が表示されますので、「続けて本人確認資料を提出する」をクリックします。

 

②プルダウンから希望の本人確認資料を選択し、ホームページの指示通りに本人確認資料の写真を撮影し、画像データをパソコンのデータフォルダに格納します。

「画像ファイルを選択する」をクリックし、画像データを選んで「選択」をクリックします。最後に「ご本人確認資料を提出する」をクリックします。

以下、運転免許証とパスポートを選択した場合について、それぞれ解説していきます。

【運転免許証を選択した場合】

【パスポートを選択した場合】

 

これで、本人確認資料の提出は全て終了です。

ビットフライヤー側での確認作業が終了すると、アカウントクラスが「ウォレットクラス」から「トレードクラス」に変わります。

なお、本人確認資料は、以下の12種類が利用できます。

取引目的等を確認する

本人確認資料の提出が終わったら、続けて「取引目的」を回答します。

「続けて、取引目的等を確認する」をクリックします。

 

②自分に当てはまる回答にチェックを入れ、「入力する」をクリックします。

以上で、取引目的等の回答は終了です。

続けて、銀行口座情報を登録します。

銀行口座情報を登録する

銀行口座情報を登録しないと、日本円を送金してもビットフライヤー側で入金を受け付けてくれませんので、口座情報は必ず登録するようにしましょう。

なお、口座名義は本人名義に限ります。

①取引目的等の画面のまま「続けて銀行口座情報を登録する」をクリックします。

 

②銀行口座情報を入力し、「登録情報を確認する」をクリックします。

 

「銀行口座情報を登録する」をクリックします。

 

③以下の画面が表示されたら、銀行口座情報の登録は終了です。

以上で、ビットフライヤーへの登録作業は一通り終了です。

ただし、セキュリティー対策として、次から説明する「二段階認証」を必ず設定するようにしましょう。

サラリーマン康二
また、仮想通貨の最新情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

二段階認証の設定方法と使い方

ビットフライヤーへの登録が終了したら、次に「二段階認証」を設定します。

二段階認証は、2つの端末がないと取引所にログインできなくする方法で、IDやパスワードが盗まれても、第三者が勝手にログインできないようになります。

最低限のセキュリティー対策として、全ての仮想通貨取引所で二段階認証を設定することをお勧めします。

それでは、二段階認証の設定方法について順番に解説します。

Google Authenticatorをスマホにインストールする

二段階認証を設定する前に、お手持ちのスマホにGoogleの二段階認証アプリ「Google Authenticator」をインストールします。

以下、アプリのインストール用のリンクを掲載します。

iPhoneユーザーの方

Androidユーザーの方

【参照:Google Play

QRコード読み取り画面を立ち上げる

アプリをインストールしたら、QRコードの読み取り画面を立ち上げます。

①アプリを起動し、「+」「バーコードをスキャン」の順にタップします。

すると、スマホにQRコードの読み取り画面が立ち上がりますので、この状態をキープします。

【参照:主婦が仮想通貨で生活する投資ブログ

ビットフライヤーの二段階認証設定画面を開く

スマホのQRコード読み取り画面はそのままにして、パソコンでビットフライヤーにログインします。

①ビットフライヤーのトップ画面左下の「設定」「セキュリティ設定」「二段階認証設定を変更する」の順にクリックします。

 

「二段階認証設定を変更する」をクリックすると、登録されたメールアドレス宛に6桁の確認コードが送信されます。

 

③6桁の確認コードをビットフライヤーに入力し、「次へ」をクリックします。

表示されたQRコードをスマホで読み取る

①以下の画面が表示されたら、スマホでQRコードを読み取ります。

スマホに表示された6桁のコードを入力し、「二段階認証を設定する」をクリックします。

以上で、二段階認証の設定は完了です。

なお、6桁のコードには有効時間があるため、入力からクリックまでは手早く行いましょう。

アカウントキーはスマホを紛失して二段階認証コードが分からなくなった時に使うものですので、写真に撮ったりメモするなりして大切に保管しましょう。

これ以降、ビットフライヤーにログインする際には、スマホでGoogle Authenticatorを起動し、表示された6桁のコードを入力する必要があります。

ビットフライヤー取引所への登録方法と使い方のまとめ

今回は、国内取引量ナンバーワンの取引所ビットフライヤーへの登録方法と使い方について解説してきました。

ビットフライヤーへの登録が済んだら、次はいよいよ仮想通貨投資がスタートです。仮想通貨でジャンジャン稼いじゃいましょう!

公式サイト: bitFlyer(ビットフライヤー)

サラリーマン康二
ビットフライヤーへの登録が完了したら、早速日本円を入金して取引を開始してみましょう!

 

【画像の参照:ビットフライヤーBTC Feed

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. MRFやMMFとは何??公社債投資信託の基本
  2. オプション取引とは 初心者が知っておきたい基礎知識
  3. 感動することの大切さ
  4. 投資信託で大損しないために知っておきたい投資信託の選び方
  5. すぐに分かる!投資信託の始め方と証券会社の選び方

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    資産管理会社を設立するメリットは4つ!節税するなら法人化を!

    高齢化社会を見据え、将来の生活に不安を感じて、不動産投資を始め…

  2. 投資の基礎知識

    投資信託の選び方の決定版!9つのポイントを押さえよう!

    投資信託を選ぶ際に悩むのが、投資信託の多さでしょう。現在、5,000本…

  3. 投資の基礎知識

    アパート・マンションの空室率が増加中!収益物件の空室対策とは?

    賃貸経営の悩みの種と言ったら、やはり「空室」ですよね。空室が発…

  4. 投資の基礎知識

    仮想通貨のマイニングの仕組みが知りたい!PoWとPoSの違いとは?

    仮想通貨では、「マイニング」や「PoW (Proof of Work)…

  5. 投資の基礎知識

    手軽に投信の積立!積立にはデメリットがあるのか?

    投資について調べていると、投資信託の積立投資(積立投信)という言葉を耳…

  6. 最新投資ニュース

    要注目!エストニアがブロックチェーンを使った仮想通貨の発行を計画中

    エストニア共和国が世界初の国家によるICOを計画以前から先進的な取…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    仮想通貨の種類と特徴はこれで完璧!仮想通貨で稼ぐための全知識
  2. 投資の基礎知識

    Poloniex(ポロニエックス)のログイン方法・登録方法を解説!
  3. 投資の基礎知識

    エイダコイン(ADA)は今後何倍になる?億り人続出の理由とは
  4. 投資の基礎知識

    外国債券への投資はなぜおすすめできる?基本をわかりやすく解説
  5. 投資の基礎知識

    仮想通貨の正しい儲け方とは?利益を上げる7つの方法を解説
PAGE TOP