投資の基礎知識

これだけは知っておきたい!ミニ株投資の魅力とデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資を検討している人にとって大きな壁となるのが、その購入金額ではないでしょうか??

株を購入するには、最低購入単位が決められており、「株価×単元」分の資金が必要です。

でも、もしもこれが1株単位で取引できたら、かなり便利ですよね。

実は、そんな要望を叶える夢の方法があります。それが、「ミニ株」と呼ばれるものです。

この記事では、そんなミニ株に焦点を当てて解説していきます。この記事を参考に、ぜひ株式投資に挑戦してみてはいかがでしょうか?

ミニ株の基礎知識


まずはミニ株の基本から解説していきます。

ミニ株とは

そもそもミニ株とは、単元株数の10分の1の株数で取引できる商品です。

例えば、1単元が1,000株の銘柄があるとすると、ミニ株なら100株から取引することができます。

購入資金が10万円を超えるような銘柄でも、ミニ株なら10分の1の1万円程度から購入することができます。

取引の成立時期

ミニ株の注文は、注文を出した翌営業日の始値(その日最初についた株価)で成立します。

そのため、自分の想定よりも高い株価で購入してしまったり、安い株価で売らざるを得ないこともあります。

ミニ株を購入する際には、市場の動向も要確認です。

余談ですが、ミニ株の注文の際には、証券会社がミニ株を買いたい人の注文を取りまとめ、それを単元単位で証券取引所で取引を行います。

もしも購入者が集まらず単元に満たなかった場合には、不足分は証券会社にて負担するようになっています。

ミニ株の名義

ミニ株の名義は個人投資家側ではなく、証券会社側にあります。

ミニ株を買い増していって、それが単元株に達したら、名義を自分のものに書き換えることができます。

配当金はもらえる?

ミニ株の名義はあくまで証券会社のため、配当金は一度証券会社に支払われます。

その後、ミニ株の持分に応じて配当金が分配される仕組みです。

ですので、ミニ株でも配当金を受け取ることができます。

株主優待はどうなる?

ミニ株の場合には、基本的に株主優待を受け取ることができません。

というのも、株の名義が証券会社のため、優待商品は証券会社側に届くからです。

ただし、証券会社の中には、優待が換金できるものなら換金し、投資家側に分配してくれるところもあります。

ミニ株と株主優待は切り離して考えた方がいいでしょう。

 

ミニ株投資のメリット


ここからは、ミニ株投資のメリットについて解説していきます。

少額から投資できる

ミニ株の一番のメリットは、少額から株式投資を始められることでしょう。

株式投資を躊躇する理由としては、資金の問題がかなり関係あります。

ミニ株なら通常の10分の1という非常に少ない資金から投資が始められますので、投資初心者にとっても非常に取り組みやすいといえます。

分散投資ができる

通常の株式投資なら1銘柄しか購入できないところを、ミニ株なら複数の銘柄に分散投資することができます。

個人で分散投資しようと思っても、資金的な問題から、なかなか難しいのが正直なところです。

通常の株を購入する資金をミニ株に回して投資すれば、多くの銘柄に投資することが可能です。

人気のある株に投資できる

人気のある株というのは、株価が高く、なかなか投資できないものです。

しかし、ミニ株であれば、たとえ株価が高くても、通常の10分の1の資金で投資することが可能となります。

株式投資の勉強となる

ミニ株は少額の資金から始めることができるため、リスクが少ないです。

そのため、投資初心者には打って付けの投資方法です。

ミニ株で投資の経験を積み、その後通常の株式投資にシフトするのも十分にありです。

まずはミニ株で小さくはじめ、それからだんだんと投資金額を大きくしていきましょう!

 

ミニ株のデメリット


ここまでメリットばかりのミニ株でしたが、実はデメリットもあります。

指値注文ができない

ミニ株を購入するにあたっては、指値注文をすることはできず、全て成行注文です。

そのため、自分の予想とかけ離れた価格で取引が成立することもあります。

よく注意しましょう。

手数料が割高になってしまう

ミニ株で気をつけなければならないのが、手数料が割高になってしまうことです。取引単位が10分の1になるからといって、手数料も10分の1になるわけではないのです。

ミニ株の取引にあたっては、どうしても1回の取引あたりの手数料が高くなってしまいます。

そのため、通常の株式投資よりも、売買益があげにくいです。

銘柄選びがかなり重要となってきます。

取り扱いのない銘柄もある

ミニ株という制度は、証券会社が独自に実施している制度ですから、全ての銘柄がミニ株として投資できるわけではありません。

取引にあたっては、証券会社が指定した銘柄の中から選ぶ必要があるのです。

また、単元が1株で設定されている銘柄についても、ミニ株を利用することはできません。というのも、0.1株で取引することができないからです。

 

ミニ株のまとめ


今回はミニ株について解説してきました。

ミニ株は少額から投資が始められるので、投資初心者にはオススメな投資方法です。興味を持った方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 住宅ローンを組んで合法的に賃貸経営しよう!賃貸併用住宅の基本
  2. 将来の夢がない人は、夢を見つけることから始めましょう。
  3. 世の中「できない」ことよりも「できる」ことの方が多い
  4. 人生で成功するために:成功者の思考を身につける
  5. 外貨預金にも税金がかかる!知っておきたい外貨預金の基礎知識

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    節税はもはや常識!個人でもできるサラリーマンの節税方法とは?

    サラリーマンとして働いていると、給与の中から自動的に所得税などの税金が…

  2. 投資の基礎知識

    ETFとはどんな投資?メリット・デメリット・選び方のコツを解説

    あなたは『ETF』を知っていますか?ETFとは市場に上場してい…

  3. 最新投資ニュース

    個人型確定拠出年金で利益を出すおすすめな商品選びとは

    (この記事は、過去に書かれた記事を2018年7月11日に加筆修正したも…

  4. 投資の基礎知識

    株主優待で生活できる?おすすめな株主優待でお得に生活!

    株主優待ってそもそも何?株主優待とは、株式を保有している投…

  5. 投資の基礎知識

    ファンドラップと投資信託の違いとは?ラップ口座がおすすめできない理由

    最近、ラップ口座が投資家の間で人気です。もともとは富裕層を対象…

  6. 投資の基礎知識

    外国債券への投資はなぜおすすめできる?基本をわかりやすく解説

    銀行の金利がほとんどゼロに近い今、銀行にお金を預けていても何の…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    Poloniex(ポロニエックス)のログイン方法・登録方法を解説!
  2. 投資の基礎知識

    ジュニアNISAのデメリットには要注意!気をつけたいポイントは?
  3. 投資の基礎知識

    個人向け社債がお勧めできない本当の理由とは?投資時の注意点を解説
  4. 投資の基礎知識

    投資信託は解約タイミングが超重要!損切りと利益確定が大切!
  5. 投資の基礎知識

    サラリーマンが投資で失敗しない方法と成功者の共通点を解説
PAGE TOP