ジュニアNISA

サラリーマンがジュニアNISAを行うメリット・デメリット

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年7月11日に加筆修正したものです。)

ジュニアNISAとは

ジュニアNISAとは、0歳から19歳までの未成年者を対象としたNISA制度(小額投資非課税制度)のことを言います。

ジュニアNISAを利用して上場株式や株式投資信託などを購入すると、配当金や分配金、売買益などにかかる税金20%が、最長で5年間非課税となります。

なお、年間の非課税枠は80万円です。

ジュニアNISA導入の背景には、広い年齢層の方に投資を普及させる意味合いがあり、特に投資人口の少ない若年層に投資を促すのが目的です。

また、長期投資を促進するのもジュニアNISAの大切な目的で、若いうちから投資を始めることで、将来を見据えた堅実な投資を行うことができます。

ジュニアNISAで将来の資産形成を!

ジュニアNISAには、子供の年齢が18歳にならないと払い出しができない制限があります。

途中で投資を止めることができないので、将来に備えて確実に資金を用意できるメリットがあります。

なお、制限期間中に払い出しを行なった場合には、過去に非課税となった利益までさかのぼって税金が課せられます。

小さいうちからジュニアNISAで投資の感覚を身につけることで、子供が正しいお金の知識を身につける手助けとなります。

ぜひ積極的にジュニアNISAを活用してみたいところです。

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

 

【期間限定】無料プレゼントを配布中!





投資初心者の方は必見!





ピックアップ記事

  1. 貧乏サラリーマン生活でも貯金する方法とは?
  2. スキャルピングで勝つにはテクニカル分析が大切!基本手法を解説
  3. 自分を愛することから始まる
  4. 外国債券の5つのリスクと対処方法を解説
  5. ラップ口座とは?ラップ口座をおすすめできない理由を解説します

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 貯金方法

    夫婦の貯金口座は分けるべき!驚くほどお金が貯まる方法とは?
  2. 外国債券

    外国債券の5つのリスクとは?海外債券のメリットと投資方法を解説
  3. お金の管理方法

    老後の夫婦の生活費はどれぐらい?豊かな老後を送る方法とは
  4. 貸株

    貸株サービスの6つのデメリットとリスクとは?投資家目線で検証してみた
  5. ストックオプション

    新株予約権とは?行使価格や株価への影響をわかりやすく解説
PAGE TOP