仮想通貨ニュース

リップルの最新ニュース〜リップルがついに中国に進出する!?

リップルが中国の中央銀行関係者と接触

アメリカのサンフランシスコに本社を構えるリップル社は、中国政府の中央銀行関係者や業界関係者からなる代表団と接触しました。

中国の代表団は、中国とアメリカのフィンテックの情報交換のためにアメリカを訪問しました。中国側の報告書によると、代表団は割安でスピーディーな国際送金システムについて、リップル社から説明を受けたとのことです。

詳細な情報はまだ公表されていませんが、中国がブロックチェーン技術を用いた国際送金システムに関心を持っていることが伺えます。

この報道を受け、リップルは一時期10%も急激に値上がりしました。今現在は価格の上昇も落ち着きましたが、今後リップルの導入がさらに進めば、価格はもっと上昇することでしょう。

リップルのグローバル決済システムに銀行が続々参加中

リップルによる世界初のブロックチェーンを使った国際送金システムは、すでに多くの銀行が参加しています。

日本で言えば三菱東京UFJ銀行、海外に目を向ければJPモルガンなどの名だたる銀行が参加しています。それ以外にも、世界中の90近くもの銀行が参加しています。

実際、リップルを使った送金では、日本とタイの間の送金がわずか2〜5秒ほどで完了します。従来よりもスピーディーでありながら、割安な手数料を実現しています。

今後、リップルが国際送金システムの中核的存在として、その地位が確立するかが注目されます。

 

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 日本の財政破綻をサラリーマンで例えてみると…
  2. 発行市場と流通市場の違いとは?現役投資家が分析わかりやすく解説し!
  3. アパート・マンション空室率が増加?不動産投資の空室対策まとめ!
  4. 投資信託で失敗しないための交付目論見書の見方を解説
  5. ラップ口座のデメリットとは?手数料が高いのがネック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


bitbank
CAMPFIRE Owners
CAMPFIRE Owners

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックの手数料は高いので要注意!どう気をつければいい?
  2. 不動産投資ローン

    不動産投資は頭金なし大丈夫!不動産融資の基本を解説!
  3. 貯金方法

    子供の預金口座を用意しよう!始めるタイミングやポイントは?
  4. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのマイニングが終了するって本当?どんな影響がある?
  5. 投資信託の選び方

    投資信託の正しい利益確定と損切りのタイミングとは?売り時や解約タイミングも解説
PAGE TOP