仮想通貨取引所情報

bitFlyerの入金方法と入金が遅い・反映されない時の対処方法

「取引所に口座は開設したけど、いまいち使い方が分からない」という人は、意外と多いのではないでしょうか?

初めて仮想通貨投資をする人にとって、取引所の正しい使い方を理解するのはなかなか難しいところです。仮に誤ってビットコインを送金してしまうと、ビットコインが行方不明になってしまう恐れもあります。

取引所の正しい使い方は、是非とも理解しておきたいところです。

この記事では、国内取引所最大手のbitFlyerの入金方法、出金方法、送金方法について徹底解説します。bitFlyerの操作方法さえ理解できれば、他の国内取引所も操作方法はかなり似通っているますので、同じように使いこなせるようになると思います。

ぜひbitFlyerの使い方をマスターして、仮想通貨投資を初めてみてくださいね!

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年12月1日に加筆修正したものです。)

まずはbitFlyerの基本の確認から

bitFlyerとは

bitFlyerは、ビットコイン取引量、ユーザー数、資本金などにおいて国内最大手の仮想通貨取引所です。サービス内容が非常に充実しており、投資初心者でも簡単に利用することができます。

また、日本を代表する大手企業が株主となっており、経営基盤も安定しているといえます。

当然のことながら、仮想通貨取引所として、金融庁から「仮想通貨交換業者」としての登録を正式に受けています。

【bitFlyerのまとめ】

ビットコイン取引量、月間取引量、ユーザー数、資本金ともに国内最大

・大手企業が株主として名を連ねる

・仮想通貨交換業者として登録されている

国内取引所と海外取引所

仮想通貨投資を本格的に始めようと考えている人は、国内取引所は日本円とビットコインの交換のみに利用し、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取引は海外取引所で行うようにしましょう。

というのも、国内取引所は取引手数料が非常に高く設定されていますし、取り扱いのある銘柄もごくわずかしかないからです。

将来有望なコインが複数上場しているBittrexやBinanceなどの海外取引所で取引を行うのが、仮想通貨投資の定石です。

そういう意味で、今回ご紹介するbitFlyerも、日本円とビットコインの交換時にのみ利用するのがお勧めです。

なお、bitFlyerで口座をまだ開設していない人は、以下の記事を参考にしてください。

参考記事: ビットフライヤーで二段階認証を設定しよう!登録方法のまとめ

bitFlyerへの入金方法と種類

ビットコインを手に入れるためには、まずbitFlyerに日本円を入金する必要があります。

実はこの入金方法が、意外と複雑です。

以下、入金方法について詳しく解説していきますので、是非参考にしてください。

銀行振込

銀行振込は、bitFlyer名義の口座に直接日本円を振り込む入金方法です。振込先の銀行は、三井住友銀行か住信SBIネット銀行の2種類から選択できます。

三井住友銀行に振り込んだ場合、銀行営業時間内なら随時入金反映されます。ただし、土日祝日や銀行営業時間外は、振り込みが受け付けられず、翌営業日の着金扱いとなります。

住信SBIネット銀行に振り込むと、原則土日も入金処理が行われます。

なお、ほとんどの国内取引所が住信SBIネット銀行を採用していますので、住信SBIネット銀行に口座を開設しておけば、あとあと日本円の入金の際に便利かも知れません。

クイック入金

クイック入金とは、ネットバンキング、コンビニ決済、Pay-easyを利用して、24時間365日、日本円を入金できるサービスです。

好きな時に入金できるメリットがある一方、1回あたり324円のクイック入金手数料がかかってしまうのがデメリットです。

クイック入金した資金を使った仮想通貨の売買は即日からできますが、日本円での出金や、外部への仮想通貨での送付は7日間制限されますので、注意しましょう。

日本円をビットコインに交換し、すぐに海外取引所に送付する予定の人には、クイック入金はお勧めできません。

クレジットカード決済

厳密に言うと入金ではありませんが、bitFlyerではクレジットカードを使った仮想通貨の購入ができます。購入できる仮想通貨は、ビットコインやイーサリアムなどがあります。

クレジットカード決済は非常に便利でありがたいものですが、購入後1週間は通貨の売却や外部への送付ができません。また、購入レートも通常より割高に設定されています。

クイック入金のケースと同様、日本円をビットコインと交換し、すぐに海外取引所に送付予定の人には、クレジットカード決済はお勧めできません。

【入金方法のまとめ】

・「クイック入金」と「クレジットカード決済」は、ともに手数料が割高に設定されており、海外取引所への送付も1週間制限されてしまう

・「銀行振込」を利用するのがおすすめ

 

bitFlyerの具体的な入金方法

銀行振込

①トップ画面左メニューにある「入出金」をクリックします。

 

②振込先の口座情報が表示されますので、その口座に好きな金額を振り込みます。

振込名義は、bitFlyerの登録名義(フルネーム)にします。住信SBIネット銀行へ振り込み際は、画面に表示された「5桁の番号+口座名義カナ」を振込名義とします。

以上で、入金作業は終了です。

【操作時のポイント】

・デフォルトで画面左上の「日本円ご入金」が選択されていることを確認しましょう。

・自身の振込口座を登録していないと、bitFlyerで入金を受け付けてくれません。「銀行口座情報を追加する」をクリックし口座情報を入力しましょう。

・画面右にある「詳細」をクリックすると、三井住友銀行と住信SBIネット銀行の口座情報を切り替えることができます。

 

クイック入金

①トップ画面左メニューにある「入出金」をクリックします。

 

②画面上の「クイック入金」をクリックします。

③「ご入金額」の欄に入金額を入力し、「インターネットバンキング」「銀行ATM」「コンビニ」の中から好きな入金方法を1つ選択します。

インターネットバンキングについては、さらに4つの入金方法から1つを選択します。

④画面の案内に従って、入金を行います。

以上で、入金作業は終了です。

クレジットカード決済

①トップ画面左メニューにある「クレジットカードで買う」をクリックします。

 

②購入したい通貨を選択し、購入金額を入力します。

内容に間違いなければ、「購入内容確認画面に進む」をクリックします。

【豆知識】
IDセルフィー(顔写真つき本人確認資料と本人が一緒に写った写真)の提出が済んでいない人は、クレジットカード決済を利用できません。
警告画面の「IDセルフィーの提出」から写真の提出を行います。

 

③カード番号とカード有効期限、セキュリティコードを入力し、「決済する」をクリックします。

以上で、クレジットカード決済は終了です。

参照:とってもやさしいビットコイン

bitFlyerに入金が反映されない時の対処法

いざbitFlyerに入金しても、「なかなか入金が反映されない」というケースもあると思います。

ここからは、bitFlyerに入金が反映されない時の対処法について解説します。

bitFlyerに登録していない口座から振り込みをした

bitFlyerに入金する時には、自身の銀行口座情報をbitFlyerに登録する必要があります。

もしも登録していない口座から振り込みを行ってしまうと、不明入金扱いとなり、bitFlyerにいつまで経っても入金が反映されなくなってしまいます。

また、振込名義人を他人名義にしたり、住信SBIネット銀行の場合には5桁の番号を入力しないで振り込みをしてしまうと、入金が反映されないこともあります。

誤って振り込みをしてしまった時には、すぐにbitFlyerに問い合わせましょう。

口座のステータスが確認中になっている

bitFlyerに銀行口座情報を登録したばかりだと、トップページ右下の「銀行口座情報確認」欄が「確認中」や「未承認」のままになっていることがあります。

この状態だと、bitFlyerで入金反映処理ができませんので、入金が保留されます。

ステータスが「承認済」となれば、すぐに入金が反映されます。反映されるまで、少しの間待ちましょう。

銀行の営業時間外が振り込みをした

bitFlyerに振り込みをしても、土日祝日や夜間などで銀行が営業していない時には、振り込みが反映されません。

例えば、金曜日の16時に振り込みをした場合、bitFlyerに入金が反映されるのは月曜日の午前中になります。

ただし、住信SBIネット銀行同士で振り込みをした場合には、土日祝日関係なく24時間入金が行われます。

bitFlyerの取引方法と種類

販売所

販売所の特徴は、bitFlyerと投資家が直接仮想通貨の売買を行うことです。投資家は、bitFlyerが提示した価格で仮想通貨の売買をします。

bitFlyerは、あらかじめ市場から仮想通貨を仕入れておき、投資家からの注文があると、保有している通貨を手放したり、または投資家から買ったりします。

なお、販売所で提示されている価格は、bitFlyerの中間マージンが上乗せされているため、市場価格よりも不利に設定されています。

つまり、販売所で取引すると、購入時は市場より高い価格で、売却時は市場より安い価格で売買することになります。

取引所

取引所では、株の売買と同じように、需要と供給に応じてリアルタイムに価格が変動します。

「この価格で買いたい」という買い注文と、「この価格で売りたい」という売り注文が合致して初めて取引が成立します。

取引所は、販売所よりも有利な価格で取引できます。

なお、bitFlyer取り扱いのあるコインは、ビットコインのみです。

【販売所と取引所のまとめ】

販売所の価格は、市場価格よりも不利に設定されているため、取引所で売買するようにしましょう。

 

参考記事:仮想通貨のおすすめの保管方法はこれ!ウォレット別の特徴を解説

目代康二
また、最新の投資情報については、公式メルマガでも発信しています。下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

bitFlyerの具体的な仮想通貨の取引方法

ビットコイン販売所

ビットコイン販売所は、ビットコイン取引専用の販売所です。

①トップ画面左メニューにある「ビットコイン販売所」をクリックします。

 

②下の図のような画面が表示されます。

真ん中に表示されているのが、現在の購入価格と売却価格です。価格は随時変化します。

右にあるチャートは、一定期間内の価格の推移を表しています。表示期間を変更することで、ビットコイン価格の傾向を確認できます。

 

③ビットコインの取引数量を入力し、「コインを買う」「コインを売る」をクリックして売買します。

即座に取引が成立します。

アルトコイン販売所

アルトコイン販売所は、イーサリアムやモナコインなど、アルトコイン取引専用の販売所です。

①トップ画面左メニューにある「アルトコイン販売所」をクリックします。

 

②下の図のような画面が表示されます。

基本的な操作方法は、ビットコイン販売所と同じです。

画面上方にあるボタンをクリックすることで、アルトコインの種類を変えることができます。

 

③アルトコインの取引数量を入力し、「コインを買う」「コインを売る」をクリックして売買します。

即座に取引が成立します。

ビットコイン取引所

ビットコイン取引所は、ビットコイン取引専用の取引所です。

①トップ画面左メニューにある「ビットコイン取引所」をクリックします。

 

②ビットコインの数量と希望の取引価格を入力し、「コインを買う」「コインを売る」をクリックします。

注文が出され、それが成立すると、実際に取引が行われます。

なお、注文画面上にあるのが板と呼ばれるもので、売り手と買い手の注文状況が確認できます。

【取引所のポイント】

取引所で売買する時には、売り手と買い手の注文が合致しないと取引が成立しません。市場価格とかけ離れた注文を出すと、いつまで経っても取引が成立しない恐れがあります。チャートを分析し、適切な価格で注文を出すことが大切です。

 

参考:仮想通貨はチャート分析がおすすめ!億り人になるための全知識とは

目代康二
仮想通貨の取引をするなら、多少手間でも手数料が安い取引所の方を利用しましょう

bitFlyerの具体的な出金方法

トップ画面左メニューにある「入出金」をクリックします

画面上の「日本円ご出金」をクリックし出金依頼をかけます

①出金させたい口座を選び、「この銀行口座に出金」の左にチェックマークを入れます。

②出金額を入力し、「日本円を出金する」をクリックします。

なお、出金手数料は以下のように決められています。

【豆知識】

・別の口座宛てに出金したい場合には、「銀行口座情報を追加する」をクリックして口座情報を登録します。

・銀行営業日の11:30までに出金依頼をかけると、原則として当日中に着金します。それ以降の依頼は、翌銀行営業日に着金となります。

 

bitFlyerでの仮想通貨の送付方法

ここからは、bitFlyerから別の取引所へビットコインなどの仮想通貨を送付する方法について解説します。

海外取引所にビットコインを送付する人は、しっかりと流れを押さえましょう。

なお、今回は「ビットコイン」を送付するとして話を進めます。

トップ画面左メニューにある「入出金」をクリックします

「BTCご送付」をクリックします

アドレスとラベルを入力し「追加する」をクリックします

【ポイント】

・「ビットコインアドレス」欄には、送付先のアドレスを入力します。このアドレスを間違えるとビットコインが消失しますので、アドレスの入力は必ずコピー&ペーストで行いましょう。

・「ラベル」欄には好きなタイトルを設定できますが、分かりやすいように送金先の取引所の名称を入れておくといいでしょう。

・二段階認証を設定している際には、6桁の認証コードを入力することで、ビットコインアドレスを登録することができます。

ビットコインアドレスを選択して送付する

①送付先のラベル名にチェックマークを入れます。

②送付したいビットコインの数量を入力します。

③最後に、「ビットコインを外部アドレスに送付する」をクリックします。

以上で、送付作業は終了です。

【送付時の注意点】

・送付手数料として、一律 0.0008 BTCがかかります。

・一旦ビットコインの送付依頼をかけてしまうと、送付を途中で取り消すことはできません。送付前に必ず内容を確認しておきましょう。

・ビットコインの送付は通常なら10分程度で終了しますが、ビットコインの送付が遅延している時には、優先度を高く設定することで送付時間を早めることができます。ただし、別に手数料が上乗せされます。

 

bitFlyerの入金・出金・送金方法と手数料のまとめ

今回は、bitFlyerの基本的な使い方について解説してきました。

この記事を読めば、bitFlyerの一通りの使い方が理解できるはず。ぜひbitFlyerを使い慣らして、あなたも仮想通貨投資にチャレンジしてみてくださいね。

なお、bitFlyerについてもっと知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

参考記事①: ビットフライヤーで二段階認証を設定しよう!登録方法のまとめ

参考記事②: ビットフライヤーライトニングの使い方を徹底解説!チャートの見方とは

目代康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガでも発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

画像の参照:bitFlyer




【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 人生に目標を設定する
  2. 仕組債のノックインの仕組みとは?3つのリスクに気をつけよう!
  3. ソーシャルレンディング投資のリスクと対処方法のやさしい解説
  4. 日常には幸せがいっぱいです!運のいい人になるにはラッキーと考える!
  5. 【毎日を楽しむ方法】自己否定をなくし自分を認めることの大切さ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 投資初心者向け

    投資とは?簡単に初心者にも分かりやすく解説
  2. 定期預金

    譲渡性預金(CD)とは?基本から分かりやすく解説します
  3. ラップ口座・ファンドラップ

    ファンドラップと投資信託の違いとは?ラップ口座がおすすめできない理由
  4. マンション投資

    区分マンションとは?中古マンションのメリットとデメリットを解説
  5. ジュニアNISA

    ジュニアNISAのおすすめは積立投資!メリット・デメリットを解説
PAGE TOP