投資の基礎知識

ご存知ですか?ビットコインの資産運用で知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高利回りで最近注目されているのがビットコイン投資です。仮想通貨のビットコインで資産運用することで、高いリターンを狙っていくことが可能です。

ただ、ビットコインへの投資というと、不安を感じる投資家も多いことでしょう。

この記事では、ビットコインを使った資産運用を検討している投資家に向け、ビットコイン投資の必要最低限の知識をご紹介します。

この記事を参考に、ビットコインへの理解を深めてくださいね。

ビットコインの安全性は大丈夫??


ビットコインの信頼性は高い

ビットコインと聞くと、「危ない」とか「リスクが高い」といった印象を持つ人も多いでしょう。

たしかに、仮想通貨には実態が存在しないため、ある日突然、仮想通貨が消失することがありそうに思えます。また、ビットコイン取引所のマウントゴックスが破綻したニュースも、ビットコインに対する不安を増長していることでしょう。

ところが、実際のところ、ビットコインは信頼性の高い仮想通貨なのです。その信頼性を担保しているのが、ブロックチェーンという仕組みです。

ブロックチェーンが安全性を担保

ビットコインの安全性を担保しているのが、ブロックチェーンという仕組みです。

ビットコインは、過去の取引記録を不特定多数の人にインターネット上で分散することで、改ざんや変更が不可能な仕組みとなっています。

全ての取引記録を一元管理するのではなく、インターネット上に複数に分散させることで、高い安全性を実現しています。

 

ビットコインって価格変動が激しいの?


ビットコインの価格変動は激しい

ビットコインの特徴として、価格変動が激しいことが挙げられます。その理由は、ビットコインが誕生してからまだ10年ほどで、まだまだ世間の認知度が低く、取引量も少ないためです。

また、ビットコインには株式取引のようにストップ高やストップ安といった制度がないため、信じられないような乱高下が起きることがあります。

例えば、2016年末には9万円台だったビットコインが、わずか一ヶ月後には一気に15万円を超えたこともあります。わずか一ヶ月で6万円も上昇したのです。通常の投資で、ここまで価格が急騰するものはないでしょう。

それだけ、ビットコインは価格変動が激しいのです。

価格変動の要因は?

そもそもビットコインには政府や銀行が介入することができないため、その価格は純粋なる市場の需要と供給で決定します。

つまり、ビットコインの価格が変動するのは、需要と供給に何かしらの変化があったからです。その需要と供給は、投資家心理によって決まります。

また、ビットコインには投機マネーが流入していると見受けられます。現在需要が高まりつつあるビットコイン市場に大量の投機マネーが流れ込むことで、バブルの状態が起きてきています。

また、中国の人民元からの流入も、価格変動の要因です。人民元からドルに両替する際、政府による規制があるため、外貨資産であるビットコインに大量にお金を移しているのです。

 

ビットコインはどうやって運用するの?


売買益を狙う

ビットコインの価格は日々変動しているため、価格が安い時にビットコインを購入し、高い時に売却することで、売買益を得ることができます。

特にビットコインの価格は乱高下していますので、大きな利益が期待できます。

ただし、取引をする際にはチャートの見方などを事前に勉強する必要があります。

金利を得る

ビットコインを預けると、定期的に金利が受け取れるサービスも世の中には存在します。

海外には様々なサービスがありますが、最近開始されたものでビットモンスターというものがあります。こちらは、ビットコインを預け入れることで、日利1%の利回りが見込めるものです。月利30%ということですね。

ただ、こういったサービスはMLM(ネットワークビジネス)の仕組みを利用しているため、新規会員が集まるうちは大丈夫ですが、会員増が望めなくなった時に、サービスが終了して損をしてしまう可能性があります。

ハイリスクなサービスですので、余剰資金の範囲内で投資し、自己資金の回収が終わったら、さっさと資金を引き上げるようにしましょう。

積み立て投資をする

ビットコインの運用方法として、積み立て投資という手段もあります。毎月一定金額の資金を積み立てるため、ドルコスト平均法の効果により、平均購入単価を引き下げることができます。

つまり、ビットコインが高値の時には少しだけ購入し、安値の時には多く購入するため、結果的に購入額を抑えることができるのです。

まとめて投資するだけの資金がない人は、積み立て投資を利用しても良いでしょう。

 

ビットコインのまとめ


今回は、世間で大変話題なビットコインについて解説してきました。

ビットコイン投資はまさに激アツであり、多くの投資家が投資を始めています。

ただし、投資する際には、あくまで余剰資金の範囲で投資を行った方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 特定口座の源泉徴収あり・なしのメリットとデメリットを解説
  2. ラップ口座とは〜ラップ口座が全然ダメな理由
  3. ワンルームマンション投資とは?こんな人は投資に失敗する
  4. 「時間がない」ときは、時間を区切って考えてみる
  5. 日々の活動を楽しんで、人生を楽しむ。

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    ETFには4つのデメリット!仕組みと魅力もまとめて解説

    おそらく多くの人が、「ETF」という投資は初耳だと思います。E…

  2. 投資の基礎知識

    賢い貯金方法とは?銀行別の特徴を分かりやすく解説

    貯金を始めたいと思ったら、一体どの金融機関に預けるのがいいので…

  3. 投資の基礎知識

    自主管理の大家さんにこそオススメしたい不動産管理会社とは

    賃貸経営をしている人の中には、自主管理で物件を管理している人も…

  4. 投資の基礎知識

    株式交換とはどんな仕組み?株式交換の基本を解説

    あなたは株式交換というものをご存知でしょうか?株式交換は、その…

  5. 投資の基礎知識

    株式投資で個人投資家が最低限知っておきたいこと

    株式投資に興味があっても、分からないことが多すぎて今一歩が踏み出せない…

  6. 投資の基礎知識

    イーサリアムのスマートコントラクトが世界を変える!どんなトークンがある?

    あなたは「スマートコントラクト」という言葉をご存知でしょうか?…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    扶養には入った方がいいの?扶養のメリット・デメリットとは
  2. 投資の基礎知識

    夫婦の貯金口座は分けるが正解!ゼロからお金を貯める方法とは?
  3. 投資の基礎知識

    仮想通貨で分散投資が有効な理由とは?最強のポートフォリオを解説
  4. 投資の基礎知識

    積立NISAにはデメリットがない?メリット盛りだくさんの理由とは
  5. 投資の基礎知識

    外国債券は4つのリスクに注意!知っておきたい外国債券の基本とは
PAGE TOP