つみたてNISA

つみたてNISAのメリット・デメリットを分かりやすく解説

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年7月10日に加筆修正したものです。)

積立NISAとはどんな制度?いつから開始されるの?

積立NISAは、家計の安定的な資産形成を支援するため創設される非課税制度のことをいいます。年間40万円までの積立投資を対象に、20年間、配当金や売買益が非課税となります。

通常であれば、投資の利益に対して20.315%の税金がかかりますが、積立NISAを利用することで、節税しながら長期的に資産を形成することができます。

現行のNISAでは、年間120万円、5年間までしか非課税枠が適用されませんでした。現行の制度では、「長期的に資産を形成する」という投資の基本スタンスに対応できていなかったのです。

将来に備えて資金を準備したい方は、ぜひ積立NISAを検討してみてはいかがでしょう。

積立NISAの対象となる商品

積立NISAの対象となる商品にはいくつかの要件が設けられています。

・インデックス運用が基本

・ノーロードで信託報酬は国内型は0.5%以下、海外型は0.75%以下

・運用期間が無期限か20年以上

他にも様々な要件が定められていますが、10月5日現在、106本の商品が対象となっています。

これらの商品に投資することで、コストを抑えつつ、長期的に資産形成していくことが期待できます。

なお、積立NISAは、現行のNISAやジュニアNISAとは併用することができません。積立NISAを始める際には、新たに口座を開設する必要があります。

「将来が不安」「老後の暮らしが心配」といった不安があるのなら、ぜひ積立NISAを検討してみてはいかがでしょう?

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

 

【期間限定】無料プレゼントを配布中!





投資初心者の方は必見!





ピックアップ記事

  1. 毎日ベストコンディションで過ごせたらいいですね!
  2. 投資信託の解約タイミングはいつがベスト?利益を最大化しよう
  3. 日本の財政破綻をサラリーマンで例えてみると…
  4. ふるさと納税の仕組みと控除を受けるための方法
  5. 日常には幸せがいっぱいです!運のいい人になるにはラッキーと考える!

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 特定口座・一般口座

    特定口座の源泉徴収あり・なしの違いと「あり」を選択した方がいい理由
  2. つみたてNISA

    つみたてNISAの7つのデメリットとメリットを現役投資家が解説
  3. 定期預金

    譲渡性預金(CD)とは?定期預金との違いとメリットを解説!
  4. 仮想通貨の始め方

    ブロックチェーンとは?その仕組みを簡単にわかりやすく現役投資家が解説!
  5. お金の管理方法

    老後に貯金がない事態を回避!現役時代からできることとは?
PAGE TOP