ブログ

「人のせいにする人 」よりも「自分のせいにする人」へ

こんばんはー!

今日は、現在審査中の不動産物件について、
不動産会社から連絡がありました。

そしてなんと、、、

「審査に落ちた」
とのことでした。

…「ガーン」、、ショックでした。

そもそも、銀行の審査って、
2つの段階に分かれているんです。

一つ目が「事前審査」です。
これは仮審査みたいなもので、
これが通ったら次の「本審査」はほぼ通るらしいです。

二つ目が「本審査」です。
これがいわゆる最終審査みたいなものです。
本審査に通れば、晴れて銀行からお金を借りることができます。

私の場合、本審査の段階で落ちてしまいました。

仮審査は通っていましたし、
不動産会社の担当も、ほぼ通ったつもりでいたんです。

なので、
不動産会社の担当も、さらには銀行の担当者も
びっくりしていました(笑)

現在、
・なぜ審査が落ちたのか、
・他の銀行にも当たれないか
を担当に調査してもらっています。

審査結果をしっかりと受け止め、
「次」を意識して前に進みたいと思います。

 

やっぱり、失敗したときに大事なのが、
「立ち直ること」だと思うんです。

失敗して、いつまでも立ち止まっていたら、
一向に前に踏み出せません。

前に進めないということは、
一生成長することができず、
現状維持の人生を送るということです。

こんな人生、楽しいはずがありません。

なので、まずは失敗から立ち直ることが必要です。

その際、大切なのが、
素直に「自分の非を認める」ことです。

自分の非を認めないで、
「あいつが悪い」
「俺は悪くない」
と責任を他人になすりつけていたら、
いつまでも成長することができません。

「自分の非を認める」
という考えをもう少し発展させると、

「すべての結果は自分の責任」

という考え方になります。

この「すべては自分の責任」という考え方が、
人生でとても大切だと思うんです!

 

例えば、全然売れ行きが良くない車のセールスマンがいたとします。

このセールスマンに
車が売れない理由を聞いてみて

「俺は悪くない。誰も見向きもしない この車が悪いんだ」

と言ったら、あたなはどう思いますか?

「それは違うだろー!」
とツッコミたくなりませんか?

その通りなんです。

このセールスマンが車が売れないのは、
セールスマンに売る能力が無いからなんです。

つまり、売れないのはセールスマンの責任なんです。

ここで、もしもセールスマンが、
売れない理由が自分の責任だと考えたとしたらどうなるでしょう?

そうすると、セールスマンはこう考えます。

「車が悪いんじゃなくて、
俺の営業スタイルが悪いんじゃないか?」

ここまで来ると、あとは簡単です。

例えば、

・今まで着ていたヨレヨレのワイシャツに毎朝アイロンをかけてみたり、
・営業の本を買って、営業トークの勉強をしたり、
・他のセールスマンの営業スタイルを真似してみたり、

いろいろな対応策が出てくると思います。

あなたもお気づきだと思いますが、
このセールスマンは、
今よりもっと車を売れると思いませんか?

「すべては自分の責任」と考えるだけで、
こんなにも変われるんですよ!

 

このように、
「すべては自分の責任」と考えるようにすると、
自分の意思で物事を良い方向に変えていくことができます。

文字通り「自分の人生に自分で責任が持てる人」になれます。

この考え方ができれば、
間違いなく人生は変わります。

 

あなたがもしも今の状況に苦しんでいるとしたら、
この考え方を取り入れてみてはどうでしょうか?

確かに、自分の責任を認めることは、
ある意味とても残酷なことかもしれません。

でも、「すべては自分の責任」と考えることができれば、
周囲の状況がガラリと変わります。

そうすれば、もっと人生は楽しくなります。

一度きりの人生、
最高の人生を送りませんか??

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

ピックアップ記事

  1. 投資信託の解約手数料はいくら?知っておきたい投資信託の手数料
  2. インデックスファンドはオススメ! どんなメリットがある?
  3. 知っておこう!太陽光発電のメリット・デメリット
  4. 仕事終わりの過ごし方で人生が変わる!
  5. 知っておきたい競売物件とは?競売物件の買い方とその流れ

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 節約方法

    お金の節約術を一挙公開!自然とお金が貯まる王道とは?
  2. 仮想通貨取引所情報

    Zaif(ザイフ)の口座開設方法・登録方法をわかりやすく解説
  3. 貯金方法

    夫婦の貯金方法を解説!どうすれば効率的にお金が貯められる?
  4. NISA

    NISAでおすすめの投資信託の種類は?投資信託選びの3つのポイントを解説
  5. 貯金方法

    子供の預金口座を用意しよう!始めるタイミングやポイントは?
PAGE TOP