ブログ

仕事が辛い、やめたいと考えているあなたにおすすめ!人生を変える方法

こんばんは。

久しぶりにブログを投稿します^^

まずは投資の近況報告から。

11月からスタートした不動産投資のドミトリー経営ですが、今の時点で数件入居の問い合わせが来ているようです。

ドミトリーというのはシェアハウスのようなもので、私の運営する物件の場合、一軒家に最大で20人もの人が入居します。

毎月18万円で一軒家を借りて、最大で毎月70万円もの家賃収入が見込めますから、 ものすごい利益が出ます。

現状、あとは満室になるのを待つだけ。

早く満室にならないかな〜!

あと、ここからはマイナスのニュースです。

月利2%で回していた投資案件ですが、投資先の会社が資金繰りに困っているようです。

そのため、しばらくは利息の支払いがストップするそうですね。

一応、来年には支払いが再開される予定ですので、しばらく様子見な感じです。

…それにしても、全資金をこの投資に入れていたら、今頃大変なことになっていましたね。

今回ばかりは、「分散投資」の大切さを実感しましたww

投資するなら、分散投資は徹底してくださいね!

 

さてさて、色々と投資をしていると、

「行動することの大切さ」

をつねづね感じます。

今となっては、平均して年利30%ぐらいで資産運用できているわけですけど、最初からこんな利回りが出せた訳ではありません。

ここに辿り着くまで、色々と試行錯誤をしています。

・20万円入れていた投資案件が消えてなくなったり、

・どう考えても収支が出ない不動産を業者から買わされそうになったり、

・挙げ句の果てには、、不動産の銀行審査に3回連続で落ちたりww

うーん、今まで色々と失敗をしてきました。笑

でも、今にして思えば、過去に色々と「行動」していたからこそ、今の自分がいると思うんですよ。

当然のことと言えばそうですが、、

「行動」すれば必ず「結果」が生まれます。

その結果は、時には良いことだったり、時には悪いことだったりします。

でも、一つだけ言えるのが、、

「行動しなかったら何も起きない」

ということです。

行動するからこそ、今までとは違った未来を切り開くことができると思うんですよ。

 

私は車のセールスマンの仕事をしていますけど、「行動」の大切さは毎日感じています。

セールスマンをしていると、常に車の販売ノルマを課せられます。

そして、ノルマに苦しんでいる時に限って、「突如」自分では全く予想もしなかったところから新車を買うお客様が出てくるんですね。

そういったお客様を分析してみると、こんなことが分かります。

・過去に新車の商談をしていた

・過去に新車の呼び込みの電話をしていた

・過去に新車のDMを送っていた

↑全て自分が過去に行動していた人たちなんですよ。

正直、何百人もの人に新車の提案をしても、実際に車を購入してくれる人はゼロだったりもします。

でも、新車の提案=行動をしないことには、絶対にクルマを売ることはできません。

営業の仕事をしていると、「行動」の大切さを身をもって感じます。

 

もしもあなたが仕事だけの人生に不満を感じているのなら、何でもいいので行動してみることをおすすめします。

・本を読んでみる

・セミナーに行ってみる

・成功している人から話を聞いてみる

どんな些細なことでも大丈夫です。

あなたが行動すれば、必ず結果が生じます。

その結果が良いものであれ悪いものであれ、あなたは確実に前進することできます。

ぜひ小さな行動を積み重ねて、明るい未来を掴み取りましょう!

それでは、明日も素敵な一日をお過ごしください。

 

 

【期間限定】無料プレゼントを配布中!





投資初心者の方は必見!





ピックアップ記事

  1. ラップ口座のデメリットとは?手数料が高いのがネック
  2. 割引債とは?債券の基本と利付債との違いを徹底解説
  3. 世の中「できない」ことよりも「できる」ことの方が多い
  4. 住宅ローンを組んで合法的に賃貸経営しよう!賃貸併用住宅の基本
  5. 他人をもっと大切に。愛情をもって人と接する

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 不動産の購入手続き

    不動産の媒介契約の種類とその特徴を分かりやすく解説
  2. 投資初心者向け

    【投資とは?】この記事を読めば投資の知識が全て分かります
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのスマートコントラクトの仕組みとは?世界を変える一大技術を解説
  4. 仮想通貨の始め方

    ビットコイン(Bitcoin)のマイニングソフト、個人はどれがおすすめ?
  5. 仮想通貨取引所情報

    ビットフライヤーの二段階認証と登録方法・本人確認方法をまとめて解説
PAGE TOP