投資信託初心者おすすめ

評価が割れるターゲットイヤーファンドのメリットとデメリットを比較

ターゲットイヤーファンドって?

ターゲットイヤーファンドとは、安定運用を開始する年(ターゲットイヤー)をあらかじめ決めておき、ターゲットイヤーに向けてリスクを調整しながら運用するファンドのことをいいます。

投資後、最初のうちはリスクをとって積極的に運用を行い、ターゲットイヤーが近づくにつれて徐々にリスクを減らしていきます。資産配分の調整はファンド側で行ってくれますので、手間をかけることなく投資を行うことができます。

なお、サラリーマンなら、退職時をターゲットイヤーと決めて運用するのが普通です。

 

ターゲットイヤーファンドのメリット

ターゲットファンドに投資するメリットは、自身のライフスタイルに合わせて効率的に資産運用できる点です。

リスクが取れる若いうちは積極的にリターンを狙い、年齢が上がるにつれてリスクを抑えた手堅い運用に切り替えていきます。

ターゲットイヤーファンドを運用することで、年齢に応じた理想的な投資スタイルを実現できるのです。

また、ファンド側で資産配分の調整を行ってくれますので、投資家側でリバランスを行う手間はかかりません。

 

ターゲットイヤーファンドのデメリット

ターゲットイヤーファンドのデメリットが、その信託報酬の高さです。中には手数料が1%を超えるものもありますので、注意が必要です。

長期投資をする上で、信託報酬はなるべく抑えたいところですので、信託報酬の高さは大きなデメリットです。

正直言うと、各ターゲットイヤーファンドの資産配分は公表されていますので、自身でその資産配分を真似して投資した方が手数料的に得といえます。

 

【↓↓↓ターゲットイヤーファンドについてもっと詳しく知りたい方は、以下をチェック↓↓↓】

 

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 投資信託とは?知っておきたいメリット・デメリット
  2. オーバーローンとは?不動産投資のローンで知っておきたいこと!
  3. 駐車場経営は不労所得になる?投資の始め方と失敗しないリスク回避方法とは?
  4. トランクルーム投資は不労所得になる?集客方法が一番のハードル
  5. リアクションが薄い人は損しているかもしれない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


bitbank
CAMPFIRE Owners
CAMPFIRE Owners

カテゴリー

おすすめの記事

  1. ラップ口座・ファンドラップ

    ファンドラップと投資信託の違いを比較してみた!ラップ口座の致命的な欠点とは?
  2. 不動産投資ローン

    不動産投資は頭金なし大丈夫!不動産融資の基本を解説!
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    モナコインはどこまで上がる?今後の将来性を大胆予測!
  4. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨は儲かるの?7つの儲け方を一挙公開
  5. NISA

    NISA(ニーサ)口座のデメリット8つとメリットとは?問題点と欠点を理解しよう
PAGE TOP