仮想通貨初心者おすすめ

評価が割れるターゲットイヤーファンドのメリットとデメリットを比較

ターゲットイヤーファンドって?

ターゲットイヤーファンドとは、安定運用を開始する年(ターゲットイヤー)をあらかじめ決めておき、ターゲットイヤーに向けてリスクを調整しながら運用するファンドのことをいいます。

投資後、最初のうちはリスクをとって積極的に運用を行い、ターゲットイヤーが近づくにつれて徐々にリスクを減らしていきます。資産配分の調整はファンド側で行ってくれますので、手間をかけることなく投資を行うことができます。

なお、サラリーマンなら、退職時をターゲットイヤーと決めて運用するのが普通です。

 

ターゲットイヤーファンドのメリット

ターゲットファンドに投資するメリットは、自身のライフスタイルに合わせて効率的に資産運用できる点です。

リスクが取れる若いうちは積極的にリターンを狙い、年齢が上がるにつれてリスクを抑えた手堅い運用に切り替えていきます。

ターゲットイヤーファンドを運用することで、年齢に応じた理想的な投資スタイルを実現できるのです。

また、ファンド側で資産配分の調整を行ってくれますので、投資家側でリバランスを行う手間はかかりません。

 

ターゲットイヤーファンドのデメリット

ターゲットイヤーファンドのデメリットが、その信託報酬の高さです。中には手数料が1%を超えるものもありますので、注意が必要です。

長期投資をする上で、信託報酬はなるべく抑えたいところですので、信託報酬の高さは大きなデメリットです。

正直言うと、各ターゲットイヤーファンドの資産配分は公表されていますので、自身でその資産配分を真似して投資した方が手数料的に得といえます。

 

【↓↓↓ターゲットイヤーファンドについてもっと詳しく知りたい方は、以下をチェック↓↓↓】

 




【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 戸建賃貸の3つのデメリットとは?戸建賃貸投資の超基礎知識!
  2. 話題のライトコインとは?ビットコインとの違いとその特徴
  3. 不動産所得がある時に認められる必要経費の種類とは?
  4. 株で損したくない人必見!株の初心者が押さえておきたい株式投資のポイント
  5. 人生におけるPDCAサイクルを意識する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の個別銘柄

    ビットコインとイーサリアムの今後の動向予想!どんな違いがある?
  2. 仮想通貨取引所情報

    初心者向け、Zaif(ザイフ)の登録方法を解説
  3. マンション投資

    区分マンションとは?中古マンションのメリットとデメリットを解説
  4. 投資信託の選び方

    投資信託の正しい利益確定と損切りとは?解約タイミングを解説
  5. 社債

    個人向け社債は利回りが高い?購入時の4つの注意点と3つのリスクを解説
PAGE TOP