投資信託初心者おすすめ

ヘッジファンドとは −投資戦略、購入方法、リスクを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘッジファンドとは

ヘッジファンドとは、様々な取引手法を用いて、市場の上げ下げに関係なく常に利益を上げることを目的としたファンドです。

普通の投資信託では、市場が一方向に動いた時にのみ利益を上げられる仕組みとなっていますが、ヘッジファンドでは信用取引や先物取引などを駆使することで、リスクヘッジしながら利益を追求できるように運用を行っています。

ヘッジファンドの戦略を具体的に解説!

ロング・ショート戦略

ヘッジファンドの代表的な手法が「ロング・ショート戦略」です。

割安な株を買って保有することを「ロング」、値下がりすると予想される株を空売りすることを「ショート」といいますが、両者を組み合わせることで市場の変動の影響を抑えつつも利益を追求していきます。

ちなみに、ロングとショートを同じ金額だけ行う戦略を「マーケット・ニュートラル戦略」といい、市場の変動の影響を排除することができます。

イベント・ドリブン戦略

イベント・ドリブン戦略とは、企業の合併や買収などの「イベント」が起きた時に、それによって生じる株価の値動きを利用して利益を得る投資手法です。

具体的には、M&Aやリストラ、破産などの一大ニュースを狙って投資を行います。

グローバル・マクロ戦略

グローバル・マクロ戦略とは、世界全体の経済状況や政治状況などを元に、株価や金利、為替などの変動を狙って投資する戦略です。

グローバル・マクロ戦略では、株式や債券だけでなくコモディティなどにも投資しますので、決まった投資の型があるわけではありません。

著名な投資家ジョージ・ソロスが率いるクオンタムファンドが採用しているのも、このグローバル・マクロ戦略です。このファンドは、10年間で40倍以上も価格が上昇しています。

マネージド・フューチャーズ戦略

世界中の株式や債券、コモディティなどの上場先物に投資を行うのが、マネージド・フューチャーズ戦略です。

マネージド・フューチャーズ戦略は、先物を使って大きなレバレッジをかけて投資するため、ハイリスク・ハイリターンな投資といえます。

なお、あらかじめプログラムを組むことで、自動取引による超高速取引が実現しています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ETFには4つのデメリットが!メリットや仕組みを理解しよう!
  2. 知っておきたい競売物件とは?競売物件の買い方とその流れ
  3. リート(REIT)とは?? 不動産投資と徹底比較して解説
  4. 定期預金よりもお得?個人向け国債にはメリットがたくさん!
  5. 今年こそは最高の年に!今年の目標を立てる。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 外国債券

    外国債券がおすすめできる理由を利回りも踏まえてわかりやすく説明します!
  2. 確定拠出年金

    確定拠出年金の運用は投資信託がおすすめ!注意点は?
  3. つみたてNISA

    つみたてNISAの7つのデメリットとは?メリットなしなのか現役投資家が解説
  4. 不動産の購入手続き

    不動産の媒介契約の種類とその特徴を分かりやすく解説
  5. 銀投資

    銀投資の方法と将来性は?純銀積立をはじめいろいろな投資がある!
PAGE TOP