NISA

NISAの真のデメリットと損失を出さないための対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年7月9日に加筆修正したものです。)

NISA(ニーサ)に潜むデメリット

NISA(ニーサ)といえば、投資にかかる税金が非課税となる制度です。年間120万円までの投資金額に対して、5年間非課税枠が適用されます。

一見するとメリットばかりのNISAですが、実はデメリットもあります。ここでは、主に3点挙げてみたいと思います。

NISAの口座開設が手間

NISAを始めるにあたっては、必ず住民票を金融機関に届け出る必要があります。普通の口座開設なら免許証で事足りるところが、NISAの場合にはもう一手間かかるのです。

日中仕事のサラリーマンとしては、住民票を取得するにしても一苦労でしょう。

年間120万円の非課税枠では足りない

そもそもNISAで適用される年間120万円の非課税枠は、投資する立場からすると全く足りないことが分かります。

株式投資をする人なら分かると思いますが、120万円という枠に収まるよう投資するのは、なかなか難しいものです。

それに、株を購入するたびに非課税枠を消費することになるため、短期間で何度も売買する短期投資家にとって、NISAの非課税枠では全く足りません。

損失が出た時の対処ができない

NISAで一番問題なのが、損失が出た時の回避手段である「損益通算」と「損失の繰越控除」が使えないことです。

「損益通算」とは、別の投資で発生した損失と利益を互いに打ち消す制度です。これにより、利益を圧縮して、税金を減らすことができます。

しかし、NISAでは損益通算が使えないため、NISA口座内で損失が発生しても、他の投資の利益と相殺することができないのです。

また、「損失の繰越控除」も利用できません。つまり、通常なら損失を翌年以降3年間にわたり利益と相殺できますが、NISAではそれができません。

このように、NISAでは「利益」に対しては非課税という恩恵を受けられますが、「損失」に対しては全くの無防備なのです。

NISAを利用する際には、くれぐれも注意しましょう。

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ビットコインが順調に値上がり中!ビットコインをわかりやすく解説!
  2. 5割スタートぐらいがちょうど良い
  3. 不動産所得がある時に認められる必要経費の種類とは?
  4. クラウドファンディングの4つのメリット・デメリットは?支援者・出資者目線で解説!…
  5. この世の中にできないことはない!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. お金の管理方法

    仕事を辞めるにはいくらお金が必要?仕事を辞めても生きていく方法
  2. 株式投資初心者おすすめ

    株式交換とは?株価が下がる仕組みやメリットを投資家目線でわかりやすく解説
  3. 節税方法

    節税はもはや常識!個人でもできるサラリーマンの節税方法とは?
  4. 貯金方法

    貯金方法のおすすめはこれだ!収入を増やす発想を持とう!
  5. 投資初心者向け

    投資で成功者になる5つのポイントとは?学歴や頭の良さは関係ない!
PAGE TOP